タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

EAT rice&noodles【EmQuartier/エムクオーティエ/タイ料理/イート ライス&ヌードルズ】  


EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク10


今日は話題のEmQuartier(エムクオーティエ)の
地下にあるおすすめタイ料理店、
EAT rice&noodles
【イート ライス&ヌードルズ】
をご紹介しまーす。

その名の通り、前に超おすすめ!!とご紹介した
Central GrooveにあるEAT eat all Thaiの姉妹店。
あちらが本格的なタイ料理を食べられるレストランなのに対し、
こちらはごはんと麺のひと皿メニューが中心のカジュアルなお店。

フードコートフロアの一角にあるので、
1人でサクッと食事を済ませたい時にも
かなり使えるお店です。


EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク01


カジュアル、とは行ってもEAT系列なので
やはりこだわるところはこだわっています!
ドリンクもタイらしいものが揃っていて、どれもおいしい。
わたしは、お店の人がおすすめしてくれたマンゴースムージーを。
まんま、マンゴー!な濃厚な味わいでフルーティ♡


EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク03


一緒に行った友人たちが飲んだのは、
ナムデーンのミルクシェイク(左)と、タイティーミルクシェイク。

タイティーのほうはお砂糖は入れず、シェイクの部分はミルクのみなのだとか。
トッピングに少しコンデンスミルクがかかっているので
ちょっと甘さはありますが、ミルクのコクとタイティーの甘い香りが
よく合っていて、ありそうでなかったノスタルジックな味わい!

わたしの友人にはチャーノムイェン(タイアイスミルクティー)ファンが多いので、
バンコクに遊びに来たら、みんなに味わってほしいなー。

EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク18


EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク02


EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク17


ちなみに、ミルクシェイクはどちらもこんな風にシロップをかけてくれます。

そして、わたしが不勉強で知らなかったのですが、
こちらの赤いナムデーンはサラのシロップなんだそう!!!
(サラはタイのフルーツです)
てっきり、合成着色料と砂糖だけでできてるんだとばかり
思っていましたよー。新しい発見!

ただ、こっちはあまいイチゴかき氷風の味なので
日本人的には少し甘過ぎるかな、と思いますよー。


EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク15


こちらは前菜のエビ入り揚げ春巻きと手羽揚げ。
春巻きはサクサクで中のエビがプリプリ。
甘酸っぱいプラムソースも手作りだそうで優しい味わいです。


そして、かんじんのご飯と麺!!

EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク06

これは牛肉のガパオ炒めです。

こちらはちょっとオーダーの仕方が外国人には
わかりにくいかも……、と思うのですが

1 まずパッタイ、ガパオ炒めなどのメニューを選ぶ
2 豚肉、牛肉、シーフードなどの具材を選ぶ
3 麺の場合は、センレック、センヤイなど好みの麺を選ぶ
4 好みの辛さを選ぶ

→自分カスタマイズの料理が完成!という感じになってます。
(要するに注文屋台=アハーンタムサンと一緒ですが……笑)

で、こちらは牛肉で作ってもらった普通の辛さのバジル炒めに
目玉焼きをトッピングしたもの。

タイフレンチのビーフは柔らかく、「タイの牛肉もここまできたか!」
と思わせてくれる味わい。ご飯もふっくら香りがよくて、
バジル炒めのスパイシーな味わいとのハーモニーが最高です!

それもそのはず、どのメニューも化学調味料は使わず
ライスは香りが良くふっくらと柔らかいことで知られる
スリン産のジャスミンライス、
油はビタミン豊富で体に優しいライスブランオイル、
ナンプラーは雑味がなくすっきりとした塩っぱさの中に
ほのかな甘味が感じられるTrad産の最高級のものを
使用するというこだわりっぷり!

もちろん、肉も最高品質のもの、シーフードも身がしっかりとした
上質なものだけを仕入れているそうで、
ひと口食べると「やっぱり屋台とは全然違う!」ことを
舌と脳がしっかりと感じてくれると思いますよー。

は! ちなみにタイ人的「普通の辛さ」のガッパオ炒めは
わたしにはちょっと辛かったので、苦手な方は控えめで
オーダーすることをおすすめします♩


EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク07

こちらはお店のおすすめで、
カニとヒマラヤンソルトのチャーハン 345B。

ゴロゴロと入ったカニが甘味たっぷりで、
素材のおいしさを楽しめるシンプルなチャーハン。
ミネラル豊富でまろやかな塩気のヒマラヤンソルトを使っているので
とっても優しい味わいで、タイ料理やスパイシーなものが苦手な人でも
きっと気に入ると思いますよー。


EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク09

こちらのグリーンカレーチャーハンも
香りがよくてすっきりとした味わいが美味。
ふわっと広がるスパイシーなハーブの香りが、
ふっくらと柔らかなチキンの旨みと甘味を引き立てています。


EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク05

そして、いよいよ麺!!!

こちらはおなじみのパッタイですが、
選べる麺はギアオクンクローブ(揚げエビワンタン)に。
ギアオクンクローブパッタイロットデッド 175Bです。

野菜や豆腐、干しエビなど、さまざまな食材の
食感を楽しめるひと皿。
甘すぎず、タマリンドの酸味が効いたシンプルな味付けが
食材のおいしさを引き立てています。

もちろん、サクサクとしたワンタンもよく合う!
ワンタンはオーダーが入ってから揚げるため、
ソースと炒めてもサクサクの食感がそのまま。
手間を惜しまないことが、おいしさを生む1番の秘訣なのかも。


EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク16

そして、この日1番気に入ったのがこれ!
ラートナーセンヤイクローブシーフード 345B。

巨大なエビやカニの身、イカがゴロゴロ入った贅沢なラートナーです。
とくに気に入ったのがこの麺、センヤイクローブ。
名前の通り、センヤイをサクッと揚げてあるのだけど
外側はサックサク、中はもっちりとしていて
優しい味わいのラートナーとの相性がバツグン!!!
もちろん、こちらもオーダーが入ってから揚げるそうなので
ほかのメニューよりちょっと時間はかかります。

ラートナーも調味料バリバリの甘くて濃いのではなく、
玉子のまろやかな味わいが生きた家庭的なおいしさで
サラッとしていて、とっても食べやすいです。

これ、ちょっとお高く感じると思うんですけど
選ぶ具によって値段はだいぶ変わるので、
例えば豚肉にしたら、同じメニューでも155Bでいただけます。

わたしはあまりにも気に入ってしまい、
次の日も同じメニュー(but豚肉w)を食べに行ってしまったほど。。

そして、これだけ食べてなんですが
デザートもおいしいので。。

EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク13

こちらは、アールグレイ(たぶん……)のオーガニックアイスと
チャオクワイ(薬草ゼリー)の組み合わせ。

EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク14

これは黒ごまオーガニックアイスとカノムチャンのような、
もちもちとしたタイのういろう的なお菓子の組み合わせ。

EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク12

そして、こちらはコーンオーガニックアイス×コーン!

アイスクリームはFarm to Table という、タイの有名な
オーガニックカフェのものを使用。

優しい甘さで食べやすく、どれもタイ菓子との相性もいい!
わたしはチャオクワイのと、コーンのが好きです。


EAT ricenoodles_エムクォーティエ_バンコク08


フードコートエリアの片隅にちょこん、とあるので
そこまでこだわりが詰まったお店には見えないかもしれないけれど、
エムクオーティエでタイ料理を食べるなら、おすすめですよー。

わたしは11時くらいに行ったのですが、
12時近くになったら、近隣で働くタイ人グループが
次々と来て、あっという間に満席になってました!

ちなみにこの日は取材でうかがったのですが、
その後にプライベートでも
すでに2回行ってしまったくらいお気に入りに。

食材がいいのがひと口でわかるので、
安心して食べられる&安定しておいしいところが気に入っています。

というわけで、エンポリ辺りで何を食べるか迷ったら
ぜひ行ってみてくださいねー!



EAT rice&noodles
【EmQuartier/エムクオーティエ】
B Fl., Tower B, EmQuartier, 689 Sukhumvit Rd., Bangkok
+66 2 261 0428
10:00-22:00
Facebook
※BTSプロンポン駅直結、エムクオーティエ内タワーBの
地下1階にあります。







▽タイ料理ライター インスタグラム▽

Instagram


関連記事

Posted on 22:42 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: EAT  rice&noodles  EmQuartier  エムクオーティエ  タイ料理  イートライス&ヌードルズ  プロンポン 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://www.thaifoodwriter.com/tb.php/2188-05e251cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示