タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

MINIBAR Cafeでタイ料理【Central Embassy, プルンチット】  



MINIBAR Cafe_bangkok07


はろはろ、みなさまメリークリスマス☆

これは予約更新なので、わたしが何をしているか
自分でも不明なのですが、
たぶん普通に働いているか、年賀状を書きながら
どこかで買ってきたおいしいケーキでも
食べているのではないか……と思います!


ところで、先日のこと。
久々に会った友人のtakacoさん
セントラル エンバシーに入っている
MINIBAR Cafe
【ミニバーカフェ, セントラル エンバシー】
に行ってきましたー。


MINIBAR Cafe_bangkok13


前にソイ23にあったMINIBARが、
メニューも新しくなってこちらにオープン。

ソイ23にあったMINIBAR、ケーキもごはんもおいしくて
お店もかわいくて好きだったので、エンバシーにできて嬉しいな。


MINIBAR Cafe_bangkok01


メニューもかわいい♡
前のMINIBARと大きく違うのは、
タイ料理メニューが充実しているところ!

エンバシーの中、ソンブーンとフードコート以外に
めぼしいタイ料理がなかったので、個人的にはかなり嬉しい。

ソンブーンは1人で行かないし、ここのフードコートは広くて
メニューも多くて「ちょっと寄る」っていう感じでもないので、
サクッとタイ料理が食べられるお店が
意外となかったんですよねー。


MINIBAR Cafe_bangkok02


ノンアルコールのドリンクも、タイっぽいものをお試し。
わたしが飲んだのは、Honey Matoom POP! 120B。

マトゥーム(ベールフルーツ)とハチミツをソーダで割ったもの。
甘くて、疲れた身体に効く味わい。
もっとたくさん入っているといいのになー。

takacoさんが飲んでいたPandan Passion Smash with
Pomegranate Syrup 120Bもおいしそうでした!



MINIBAR Cafe_bangkok05


これはタイ料理じゃないけど、お店の人のおすすめ
Ox Tongue Fritter 220B。

煮込んだ牛タンを揚げて、チリマヨネーズをつけて
いただきます。衣がサックサクで、牛タンが柔らか。
おつまみに良さそー。


MINIBAR Cafe_bangkok06


DIY Garden Wrap 190B。
カリカリの塩豚バラを、レタスで包んでいただく
ミエンクイッティアオ風の一品。

豚バラは、ムークアケムと言って
カリカリに炒め塩辛く味付けした家庭料理なのだとか。

それをセンミーとマナオ、ホムデーン、パクチーなどと
一緒にレタスで包むと、いろんな食感と香りが楽しめて、
止まらないおいしさ! ソースはピリッとスパイシーです。


MINIBAR Cafe_bangkok08


Deep-fried Sea Bass with Soy Paste and Chili 240B。

これもお店の人のおすすめ。
シーバスにキヌアを添え、塩辛いプリッキーヌーの
ソースをかけたもの。

奥に見えるごはんっぽいのはキヌアなので、
意外とヘルシー。ちょっとソースが塩っぱいかな。


MINIBAR Cafe_bangkok04


そしてそして、わたしが1番好きだったのがこれ。
Saiburi Rice Salad 200B。
サイブリースタイルのカオヤムです。

時間が経っていてちょっとうろ覚えなのですが
わたしの記憶が正しければ、
サイブリーにあるオーナーの実家のおばあちゃんの
レシピ、と言っていた気がします。

どこのお店のカオヤムにものっているレモングラスや
バイマックルー、ソムオー、マンゴーなどに加え、
気に入ったのがドックダーラー(ดอกดาหลา/トーチジンジャー)が
入っているところ。

千切りになっている赤いのがダーラーなのですが、
生姜のようなすっきりとした清涼感と微かな辛さ、
そしてみずみずしさがあって好きなのです。
※ダーラーについては、こちら→☆に書いています。


MINIBAR Cafe_bangkok09


そして、ごはんはアンチャン(バタフライピー)の
お花でブルーに染まっているので、カオヤムを混ぜると
さらに美しい……!


さまざまなハーブの香りや野菜の食感に加え、
目にもこんなに鮮やか。この美しさとインパクトこそ、
タイ料理の大きな魅力のひとつですよね。

食べたことのない方は「ごはんとハーブ!?」と思うかも
しれませんが、カオヤムには欠かせないナームブードゥーという
魚を発酵させた調味料の旨みが全体をまろやかにまとめて、
とってもおいしいんです。辛いのが大丈夫なら、
少し粉唐辛子を足すと、メリハリが出てさらにおいしくなりますよ。

こちらのお店のはクセもなく、初めてカオヤムを
食べる方の入門編としてもおすすめです。


MINIBAR Cafe_bangkok10


Soft Shell Crab Pad Thai 220B。

ソフトシェルのサクサク揚げがのったパッタイも。
程よく濃厚な味わいのパッタイに、カニがよく合う。
エビよりも食べやすいかも、と思いました。

麺はモチモチと弾力があってパッタイのソースと
よく絡むセンジャン。

カフェだと良くてセンレック、時にはスパゲッティ
だったりもするので、カフェなのにセンジャンにまで
こだわっているところが好印象でした。


これだけ食べたのに、なんと最後にはデザートも
いただいてしまいました。ふふふ。


MINIBAR Cafe_bangkok12


Grass Jelly & Tres Leches Granita 80B。
チャオクワイにトレスレチェ味のグラニテを
のせたタイ×欧コラボデザート。

上のグラニテがあっさりとしたミルク味で、
チャオクワイと合う。
軽くさらっと食べられて、なかなか好みの味わいでしたー。



MINIBAR Cafe_bangkok11


Grilled Buttery Toast Served with
Thai Tea Cream 150B。

トーストしたブリオッシュに、タイティークリームを
かけたもの。カノンパンピンのゴージャス版のような。

パンはサクサク、タイティークリームが濃厚まろやかで
おいしい! タイティ好きには試してほしいひと皿です。


ちょっと食べ過ぎた感はあるけど笑、
タイ料理が想像以上に完成度が高くてびっくりしました!
通しで営業しているので、1人で買い物に来た時なんかにも
時間を気にせずサクッと寄れるのが嬉しい。



MINIBAR Cafe_bangkok03


20人くらい入れる個室もあるほか、
夜の雰囲気がいいテラス席もオープンしたばかり。
この時期は、テラス席いいですよねー。


ちなみに、エンバシーの上にはパークハイアットが
できるそうなので、そちらも楽しみですね。



MINIBAR Cafe_bangkok14


食べた量もすごかったけど、
久々に会ったtakacoさんと話した量もすごかった……笑
4時間くらいノンストップでしゃべって、
とてもおいしく楽しい時間を過ごせましたー♩


MINIBAR Cafe_bangkok15


実は本格的なタイ料理も食べられる
エンバシーのMINIBAR Cafe、おすすめですよー。



MINIBAR Cafe
【ミニバーカフェ, セントラル エンバシー】
5/F, Central Embassy, 1031 Ploenchit Rd. Bangkok
02-160-5610
10:00-22:00
※BTSプルンチット駅より直結。
セントラルエンバシーの5階にあります。




大きな地図で見る






関連記事

Posted on 08:49 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: minibarcafe  embassy  bangkok  ミニバーカフェ  セントラルエンバシー  バンコク  プルンチット  タイ料理 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://www.thaifoodwriter.com/tb.php/2111-d8f39229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示