タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

Osha Thai Restaurant & Bar【オシャ/ウィッタユ/Wireless Rd., Bangkok】  



osha_bangkok02.jpg


サンフランシスコで17年も続いているという
タイ料理レストランがバンコクにオープン!
ということで、早速行ってきましたー。


osha_bangkok08.jpg


ウィッタユ通りにオープンした、
Osha Thai Restaurant & Bar
【オシャ タイレストラン & バー】
です。


osha_bangkok01.jpg


アメリカからの逆上陸だけに、店内めっちゃおしゃれです。
SEX and the CITYの人たちとか出てきそうな、ちょっとだけ
古めな印象もあるくらいのバブリー感。天井高っ! 


エグゼクティブシェフのThaninthorn Chantrawan氏は、
ゴードン・ラムゼイをはじめ、世界の名だたるシェフの元で
働いた経験があるという国際派。

それだけに、普通の高級タイ料理店とはひと味違う
個性的な料理をいろいろと提供してくれるみたいですよー。


この日は、バンコクのもっとも古い友人の1人、
mっちーとちょっと久々の積もる話兼ランチを。


ランチは、前菜、メイン、デザートから2品で
380Bくらい、3品で+100Bという、なかなか
お得なビジネスランチコースもあるのですが、
ここは敢えてのアラカルトから2人で選んでみました。


osha_bangkok03.jpg


前菜はお店のおすすめだった
SOUSVIDE EGG 280Bを。

簡単に説明すると、温泉玉子にいくらととびこをのせて
トリュフオイルをかけた、という感じ。

トリュフオイルの香りに加え、ゆず入りポン酢のような
ちょっと和風な味わいのソース、そしてわらびみたいな野菜も
トッピングされていて、かなり和な雰囲気の一品でした。

タイ料理と思って食べるとびっくりするけど、
和と洋のキュイジーヌ、と思うとけっこうおいしくて、
真似して作ってみたくなったー。


osha_bangkok04.jpg


メインはMUSSAMAN LAMB 550B。
なんと、お線香的に火のついたシナモンとともに
マッサマンが!

ラム肉のマッサマンはMUSE HOTELのレストラン、
Su Tha Ros→☆でもいただいたことがありますが、
こちらは見た目のインパクトがすごい。

ニュージーランド産のラムシャンクを、48時間煮込んであるそうです。


osha_bangkok06.jpg


シナモンは写真を撮ったら、すぐにスタッフの方が
はずしてくれました。

写真で伝わるのかわからないけど、ラムのボリュームが激しい……!

マッサマンは少し甘めのところが多いけど、
こちらはスパイスがギューッと効いた大人っぽい味わい。
しっかり辛くて肉の旨みもちゃんと味わえる、
洗練された仕上がりの大人なマッサマンで、おいしかったです。


osha_bangkok05.jpg


ごはんはココナッツの実に入って登場。
香りがふわーっとして、これもけっこう好き。


osha_bangkok07.jpg


PAD THAI Chai-Ya 450B。

こちらは、カイケムチャイヤーという
チャイヤー産の塩玉子を使ったパッタイ。

わたしが食べた時はかなり甘めの水っぽい仕上がりで、
残念ながらカイケムの旨みはあんまり感じられず。

バナナの花はいい感じだったのだけど、パッタイとしては
そんなに好みではなかったかなー。
1回食べただけで、判断を下すのは難しいんですけどね。。


メインのボリュームがとにかくすごくて、
2人で3皿ではじけそうでした、お腹が……笑。

パッタイと前菜の玉子はビジネスランチのコースにもあったので、
「絶対これが食べたい!」というのがなければ
ランチならコースのほうがお得かと思いますよー。


osha_bangkok10.jpg


ランチは1階しか開いてないのだけど、
2階席も案内してくれました。

こちらは、ちょっとプライベート感のあるソファ席。
1階から見ると、ぽこっと飛び出していて
スペシャル感のあるシートです。


osha_bangkok09.jpg


こんな感じで、大人数でも落ち着いて食事ができそうな席も。
送別会やミーティグなどにも使えそう。


osha_bangkok11.jpg


それにしても、バンコクの発展(というのかしら!?)は
本当に激しい! タイ料理もインフレまくっていて、
ランチで1000B超え、なんてお店もザラになってきてます。


時々ブログ宛てに「タイ料理はそんなに高いところばかりじゃないです。
1皿30Bで十分に食べられますよ」なんてメッセージをいただくことも
あるのですが、これはこれで「普通のバンコク」の姿のひとつになってきたな、
と感じる今日この頃。時は流れて、街も変わるってことですねー。


osha_bangkok12.jpg


海外からの逆上陸組としては、
個人的にはnahm→☆のほうが味も雰囲気も好みかなー。
まぁ、わたしが長年続くかなりのDavid Thompsonファン
だというのもあるのですが……。

でも、ランチコースはかなりお得だし
料理の組み立て方や見せ方なども個性的で面白いと
思うので、いろんなタイ料理を体験したい方には
いいのではないかと思います!


個人的には、ここ1、2年ちょっと停滞しているイメージだった
バンコクのタイ料理界が、良くも悪くもまた一歩
新しいシーンに向かって動き出すのかな、という予感を
感じさせてくれるお店だな、という印象を抱きました。


ほかのメニューもいろいろ試してみたいので、
わたしもまた行ってみよー。


あ! ランチでもスマートカジュアルのドレスコードがあるので、
ビーサン&短パンなどで行かないように気をつけてくださいねー。

わたしは予約時に電話で言われたので大丈夫だったのですが、
実際にお店に行ったら、ビシッと高そうなスーツを来た男性がほとんど。
大胆キテレツな格好で行かなくてよかったです:-)



Osha Thai Restaurant & Bar
【オシャ/ウィッタユ/Wireless Rd., Bangkok】

OSHA BANGKOK
99 Wireless Rd.,Lumpini, Bangkok
02-256-6555
11:00 - 14:30、18:00 - 24:00
http://www.oshabangkok.com/

※BTSプルンチット駅より、タクシーで約5分。
Wireless(ウィッタユ)通りを直進、ロイヤルパークレジデンスの
1階にあります。


IMG_1634.jpg









関連記事

Posted on 08:41 [edit]

category: バンコク タイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: osha  bangkok  wireless  オシャ  バンコク  タイ料理  ウィッタユ  プルンチット   
tb: 0   cm: 2

コメント

Re: タイトルなし

こないだはありがとう!
マッサマンはよかった。高級旅館の朝食の
ようだった温泉玉子もおいしかったけどねw
また来月も新規開拓しようねー♩

URL | thaifoodwriter #-
2014/11/25 15:36 | edit

久々にコメ
マッサマンは、本当好みの味付けだった!!
次は何を食べてみようかね?
落ち着ける雰囲気だったし、気に入ったわぁo(^▽^)o

URL | ミミ猫 #-
2014/11/24 20:20 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://www.thaifoodwriter.com/tb.php/2078-1c0b2216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示