タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

2014 アジアのベストレストラン50**1位はMetropolitan BANGKOKのnahm!   




nahm@MetropolitanBangkok.jpg


ASIA'S 50 BEST RESTAURANT 2014
が発表されましたねー。

1位は尊敬するオーストラリア人のタイ料理シェフ、
David Thompson氏
nahm(ナーム)!

去年1位だった東京のナリサワも好きだけど、
タイ料理ライター的には、バンコクのタイ料理店が
1位に選ばれてやっぱり嬉しいです◎


nahm@MetropolitanBangkok03.jpg


nahmはタイ料理の基本を大切に、
洗練されていながらも温かみのある演出で
食事の時間を楽しませてくれる最高のレストラン。

マーケットの古書売り場で見つけた100年以上前の書物をひもとき
伝統的なレシピを研究するほどのタイ料理に対する真摯な姿勢と、
パリの人気ブランド、ASTIER de VILLATTEの食器をタイ料理に使う
洗練されたセンス。

こんなバランス感覚を持ったシェフは、
タイ料理界にはまだ少ないのではないでしょうか。

取材でお店を訪れた時、
「タイ料理になぜアスティエを?」と質問したところ、
「アスティエの食器は美しいのはもちろん、軽くて丈夫なので
シェアして食べることの多いタイ料理にはぴったりなんだ」
と教えてくださいました。
(取材後私もアスティを集めはじめ、今では毎日使ってます♩)

nahm@Metropolitanbangkok02.jpg


シェフのDavid Thompson氏はオーストラリア人といこうとで
オープン直後はタイ人からの中傷じみた意見も聞きましたが、
nahmで火がついたマーホー(1番上の写真の料理)は
いつの間にかバンコクではタイ料理店の定番メニューに。

それまではフュージョン系に傾いていたタイ料理界の
流行(へんてこなタイ風タパスとか短期間だけ流行ってましたよね……)が
伝統的なレシピを大切にする方向へとチェンジしていったのも
nahmの影響がゼロではないと思います。

タイ語を巧みに操り、タイ語の古書を読み込んで
数十年にわたりタイ料理の研究を重ねた結果、
ロンドンのnahmでタイ料理界初のミシュラン星獲得、
バンコクのnahmでASIA'S 50 BEST RESTAURANT の1位獲得と
素晴らしい栄光を得たDavid Thompson氏はやっぱりすごい!!!
永遠の憧れシェフです◎

しばらくは予約が取りにくくなるだろうから、
旅行の方は、早めの予約がおすすめですよー♩

☆nahmに行った時のご紹介記事はこちらから☆
2010/10/23 nahm@メトロポリタンバンコク
2012/03/02 ミシュラン星付きタイ料理店、nahmでランチ


本当はベスト50のなかのもう1軒のおすすめ、
ISSAYAについても書こうと思っていたのですが
長くなったのでまた今度!


nahm@metropolitan BANGKOK
(ナーム@メトロポリタン バンコク)
+662 625 3388
Lunch 12.00 - 14.00(Monday to Fridays)
Dinner 19.00 - 22.00 daily
http://www.metropolitan.bangkok.como.bz/eat-and-drink/nahm










関連記事

Posted on 21:25 [edit]

category: タイ関係ニュース

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: nahm  Bangkok  ナーム 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://www.thaifoodwriter.com/tb.php/1908-4a7b7160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示