タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

バーンピーレック@スクンビットソイ103(ウドムスック)  

ラーンピーレック01

うーんと、たぶんもう半年くらい前なんだけど、
いつもお世話になっているマダムMが、おすすめのレストラン
Baan Pee Lek(バーンピーレック)
に連れていってくれましたー。

スクンビットソイ103、ウドムスックの住宅街の奥にある
レストランですが、
地元の人にはかなり人気が高く有名なのだとか。

確かに「こんなところにあるの!?」とびっくりするくらい
ほそーいほそーい路地の奥にあるのに、
ランチタイムになったら、あっという間に満席に!

上の写真はヤムタックライ(レモングラスのサラダ)120B。
レモングラスのほかにもミントがたっぷりで
爽やかー! イカもぷりっぷりでおいしいんだけど、
とにかく辛い!!!!!

青いプリッキーヌーのすっきりとした香りもヤムの大切な
要素のひとつなので、辛さとともに楽しむべきなんだけど
もー辛くて辛くて。。

ローカルばかりのレストランに行くと、
自分の辛さに対する対応力の低さに愕然とします。。

ラーンピーレック01

ナムプリックプラートゥー 150B
魚介を発酵させて作る調味料ならではの
濃厚な旨みが凝縮されたディップ。

辛いし、クセもあるけど
野菜がたっぷり取れるし、タイらしい料理で私は大好き!

ラーンピーレック01

パットヨートマプラーオ。
ココナッツの新芽の炒めもの。
こちらは、マダムMのおすすめメニュー。
シャクシャクした食感も、中華炒め風の味付けもいい感じ。

ここのお店は、野菜料理がおいしいことでも知られているそう。
確かに、どの料理もハーブや野菜の食感と香りが
しっかりと生かされていたと思います。

ラーンピーレック01

店主の趣味を全面に押し出した、
ある意味古き良きバンコクスタイルの店内。

全然おしゃれではないけれど、
こういう地域の人たちに世代を超えて
愛されている雰囲気のレストラン、好きです。

ラーンピーレック01

残念なのは、場所がわかりづらいことかな。
私、ひとりでは決して辿り着けない自信があります!


Baan Pee Lek(バーンピーレック)
スクンビットソイ103(ウドムスック)
02 393 8839
11:00-14:00 17:00-23:00


関連記事

Posted on 08:10 [edit]

category: バンコク タイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: BaanPeeLek    バーンピーレック  スクンビットソイ103 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://www.thaifoodwriter.com/tb.php/1725-5a537116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示