タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

帰り道(I Carried you home)@東京国際映画祭  



東京国際映画祭の最終日。
六本木ヒルズで上映されたタイ映画、
帰り道(パーダンベーサー)
I carried you home
を観てきましたー。

思ったほど重くなく、でも伝えるべき メッセージはしっかりと、
優しく伝えてくれる素晴らしい作品でしたよー!

そして、主演女優の2人がなんともいえず綺麗で。

全然タイプの違う女優さんたちだったのだけど、
しなやかで線が細いのに、力強い。
タイ人女性が持つ独特の美しさの真髄を
それぞれに体現していたと思います。

画面を観ながら、
そうそう、タイの女の人ってこういう形でこういう質感で。
本当にキレイなんだよね、と改めて感じさせられました。

もちろん、そう思えたのは監督の腕もあるんだろうけど。
アップがとても多いんだけど、
表情の中に溢れ出す感情を的確に捉えつつも、
2人の美しさを最大限に引き出していた、というか。
この監督の作品を観るのは初めてだけど、
きっと女優さんをとても美しく撮る人なんだと思います。



上映後には、トンポーン・ジャンタラーンクーン監督と
プロデューサーで警官役で出演もしていた
タックサコーン・プラダップポンサー氏、
妹役を演じたがアピンヤー・サクンジャルーンスックさんが
登場してのQ&Aもありました。
みんな名字、長っ!

元々のタイトルは英語の
I carried you home
で、タイ語のタイトルは後から付けられたのだそう。

姉妹2人で母親の遺体を故郷へ運ぶお話なのに、
なぜ『We』じゃなくて『I』なのか、とか
どうしてこのお話が生まれたのか、とか。

興味深い質問について、真摯に的確に答えていく監督や、
緊張しつつも精一杯の誠実さで答えようとしている女優さんの
姿がかわいくて、映画の後も感動!

私事ですが、去年から今年にかけて
自分の中で考え方や物事の感じ方に大きな変化があって。
それと重なる部分がすごくあったので、
とても共感できたし、語り始めたらまだまだ止まらなそう
なので、とりあえずこの辺で笑。



映画の後で、監督と女優さんをパチリ。
監督さんは、伊坂幸太郎風のビジュアル。
女優さんは顔が小さくて、ほんとーーーにかわいい!

一緒に行った友人も
「すごく良かった!」と言ってくれて、
観に行けて本当によかったなー、と思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
↑バンコクの最新情報が満載!
クリックお願いします(●'ᴗ'σ)σணღ*


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ
↑最新タイ料理情報が満載!
クリックお願いします(●'ᴗ'σ)σணღ*
関連記事

Posted on 16:34 [edit]

category: タイ雑記

thread: タイ - janre: 海外情報

tag: タイ映画  帰り道  東京国際映画祭 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://www.thaifoodwriter.com/tb.php/1594-3ef4554b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示