タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

タラート ワットケークのアハーンジェー(菜食料理)  

ギンジェー06

タイは毎年おなじみ、ギンジェー(菜食週間)まっただ中。
勉強、勉強、と思って、毎年ヤワラー(中華街)に
アハーンジェー(菜食料理)を食べに行っていたのですが、
今年はなんとなくパス……。

すっごくおいしい!ってものでもないし、
どちらかというと油や砂糖が多めで、実は体に悪いのでは!?
って毎年疑っていたのもあり……笑

ギンジェー03

ということで、たまたま行った
タラート ワットケーク
(インド寺市場)で
ジェー料理の写真だけパチパチ撮ってきましたー。

黄色&赤地の看板や垂れ幕と、「齋」の文字が
ギンジェー用の料理を扱っているお店の目印。

ギンジェー07

大豆から作られた疑似肉などをたくさん使うなので、
なんとなく茶色いイメージが強いジェーの料理たち。

ちなみにギンジェーとは、中華系タイ人の習慣で、
1年に1度、1週間ほど行われている菜食週間のこと。
肉を食べないことで体内を浄化し、同時に殺生を避けられるため
徳も積める、と考えられているのだとか。
この時期、中華系の人々は真っ白い服を来て
中華寺へお参りにも行きます。

私は中国では見たことがないんだけど、タイの中華系だけの
習慣なんでしょうか……?
タイ在住、香港出身の女の子も
「知らなーい。香港にはないよ」って言ってたし笑

ギンジェー02

手前は、たぶんプラガポー(魚の浮き袋)。
クニクニとした独特の食感で、ふだんも
フカヒレと同じ赤いスープでいただくことが多いです。
味に特徴はないけど、好きな人は好きそうな。。
深海魚の浮き袋ほど、高価らしいですよー。

ギンジェー04

見た目、一番おいしそうだったのがこれ。
何でできているのか聞いたのに、
すっかり忘れてしまいましたー。あはは。

食べてないから確証はないけど、見た感じでは
ヤワラーより、こっちのアハーンジェーのほうが
ちょっとおいしそうだった気もする。

ギンジェー05

個人的に一番惹かれたのは、こちら↑。
カオニャオデーン(赤いもち米)! 
蒸したてでおいしそーー!
ただしここは、ジェーのお店ではありません。
それだけに、いつ行ってもあるかも!?

タラートワットケークは、シーロムのインド寺の向かいにあります。
連れて行ってくれた方いわく、午前中だけ賑わっているそう。
私は9時過ぎに行きましたが、すごい人でした。

小さな市場だけど、いろんな野菜やハーブも豊富で
ぐるっと周るだけで楽しかったです♫

タラート ワットケーク
(インド寺市場)
シーロム通りとパン通りの交差する角にある
インド寺(ヒンドゥー寺)の、シーロム通りを
挟んだ向かい側。
細いソイの中ですが、午前中はたくさんの人で
賑わっているので、すぐに見つけられると思います。
Mapはコチラ


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
↑バンコクの最新情報が満載!
クリックお願いします(●'ᴗ'σ)σணღ*


にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ
↑最新タイ料理情報が満載!
クリックお願いします(●'ᴗ'σ)σணღ*


関連記事

Posted on 17:04 [edit]

category: バンコク タイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: アハーンジェー      ワットケーク 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://www.thaifoodwriter.com/tb.php/1580-56cca549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示