タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

バンコクに花の博物館が誕生【THE MUSEUM OF FLORAL CULTURE】  

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

こないだ、ブログでチラッとご紹介した
バンコクの新お気に入りスポット、それがここ
THE MUSEUM OF FLORAL CULTURE
(花の文化博物館)です。

世界的に有名なあのアーティストが自ら手がけた
話題のスポットとあり、1ヶ月以上前からオープンを
心待ちにしていたんです!

フラワーアート好きの友達を誘って
ワックワクで行ってきましたー。

$タイ料理ライターブログ

こちらはタイを代表するフラワーアーティスト、
サクン・インタクン氏が女王陛下のお誕生日であり、
タイの母の日でもある8月12日にオープンさせた博物館。

もともとは王を護衛する近衛兵たちの詰め所(?)だったという家は
100年以上に前に建てられたという歴史ある建造物。
広いガーデンにはたくさんの植物のほか、
美しいサーラーやプールもあります♫

$タイ料理ライターブログ

$タイ料理ライターブログ

FLORAL CULTUREの博物館、ということで
お花そのものがたくさんあるわけではなく、タイを中心に
さまざまな国の花を使った文化を紹介しています。

館内は撮影禁止のため写真はないのですが、
例えば1756年に書かれたという池坊の巻き物が展示されていたり、
ルーイ県の国立公園や寺院周辺の環境を写真などで展示することで、
タイにおける森林や水源、それと取り巻く人々の生活と
花文化の関係性をわかりやすく見せてくれたり……。

$タイ料理ライターブログ

もちろん、マライやクルアンクゥエーンなど
タイの伝統的な花工芸品の作り方などをわかりやすく
展示しているコーナーも。

そこには、伝統スタイルのほかに
タイだけでなく世界で支持されているインタクン氏ならではの
アレンジバージョンの展示もあって、さらに興味深い。

$タイ料理ライターブログ

私が一番気になったのは、2階にある
インタクン氏のスケッチを展示したホール。

国王陛下の戴冠60年を祝う宮中晩餐会や
バリのBVLGARI HOTEL、Jean-Paul GAULTIERのショーなど、
タイだけでなく世界各国で彼が手がけたフラワーアレンジメントの
元となるスケッチが惜しげもなく展示してあるんです!

アーティストのアイディアの元が見られるなんて、
ゴージャスすぎる~。

$タイ料理ライターブログ

数十分で回れる小さな博物館だけれど、
花の文化に興味のある人にとっては、とても貴重で
興味深い内容になっていると思います。

しかも、ここのすごい点はインタクン氏自らが
館内ツアーを行い、展示品について丁寧に説明してくれるところ。
一緒にまわるだけで、インタクン氏のフラワーアートに対する
深く大きな愛がビシビシと伝わってきて、とっても感動しました!

しかも、全然アーティスト気取りじゃなくて、
むしろかなり気さくで親しみやすいお人柄。
話を聞いているだけで、ふわんと柔らかい気分になれマス。

$タイ料理ライターブログ

オープンしてしばらくはインタクン氏が自らツアーを
するそうですが、その後はどうなるか検討中、とのことだったので
行くなら早いほうがいいかもー。

そして、ツアーの開催時間も決まっているようなので
電話で確認してからお出かけすることをおすすめします(●˘ᴗ˘●)♫

ほかにもお庭の写真などがあるので、続きは
また改めてお伝えしますねー。

THE MUSEUM OF FLORAL CULTURE
花の文化博物館
02 669 3633-4
(※行く前にツアー時間の確認をおすすめします)
315 Samsen Rd., Soi28 Yeak Soi Ongkarak 13,
Nakornchaisri, Dusit, Bangkok
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.428252483884666.94469.206443092732274&type=3
↑ここで館内の写真も少し見られます。

Mapはこちら
※Samsen Soi28を入り、Soi Ongkarak13を左折、
少し進んだ右手側。
Samsenソイ28の入り口と、Soi Ongkarak13の入り口に
↑のチケットと同じロゴの小さな看板が出ています。

関連記事

Posted on 08:50 [edit]

category: タイ観光

tb: 0   cm: 2

コメント

2 ■Re:すてき!!

>momoさん
ここいいよー。小さいけど、私は好き!
ツアーは英語でもタイ語でも大丈夫だよ^^

URL | タイ料理ライター #79D/WHSg
2012/08/29 22:30 | edit

1 ■すてき!!

ここ行って見たい!!
デザインが気になります。
ツアーはタイ語ですか?英語ですか?

URL | momo #79D/WHSg
2012/08/28 17:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://www.thaifoodwriter.com/tb.php/1511-f3588bf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示