タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

洗練された本格イサーン料理@THAI LAO YEH  

$タイ料理ライターブログ

以前紹介したスクムビットソイ45にできたホテル、
Cabochon Hotel & Residenceのレストラン、
THAI LAO YEH(太老爺)。
中国語のおじいちゃんと、タイ-ラオス料理をかけた
みたいな店名が、台湾人オーナーらしくてキュートです。

店内もホテルの客室同様、ノスタルジックかつ
アーティスティック。
ちょっとエキセントリックな香りがするところが
ほかのレストランと一線を画すところかと。
まぁ、ひと言で言うとおしゃれ。

$タイ料理ライターブログ

料理はイサーン料理のほか、北部料理なども。
ひと皿が小さめなので、いろいろ食べられて嬉しい♫

写真はヤムマムアン 100B。
青いマンゴーのサラダです。
マンゴーの酸味の具合とパリパリした食感が絶妙!
辛さもしっかり効いていますよー。

$タイ料理ライターブログ

このスープは……なんだっけ!?
ちょっと忘れてしまいました。でも、具だくさんで
辛さの具合が程よくておいしかったのは確か!

$タイ料理ライターブログ

ガイヤーンタックライ 150B。
レモングラスの香りの鶏の炭火焼きです。

柔らかく、香ばしく焼き上げられた鶏肉に、
細かーく切ったレモングラスを添えて食べると
めちゃめちゃおいしい!
レモングラスの香りが鶏肉の旨みを引き立ててます。

$タイ料理ライターブログ

ラープヌア 150B
ハーブがこれでもか、と効いた牛肉のラープ。
肉の旨みも各種ハーブの香りも唐辛子の辛さも、
どれも遠慮のない勢いがあるのに、絶妙なバランスで
調和が取れているすごさ。

タイ料理って調味料とハーブを大胆にぶち込めばそこそこおいしい、と
思われている節もありますが、こういう完璧なバランスを見せつけられると
なんて繊細な料理なんだろう、と改めて感動します。

$タイ料理ライターブログ

ナムトックフアプリーコームーヤーン 150B。
豚トロ焼きとバナナのつぼみのハーブ和え。
これも上記のラープヌア同様、辛さとハーブの
香りのバランスが秀逸。
ごはんもお酒も進むおいしさです!

どれもこれも「おいしい」ってアホじゃないか、って
思うかもしれないけど、ほんとに全部おいしくて。
雰囲気もスタッフの人たちの感じもとてもよくて、
お気に入りのレストランになりました。

$タイ料理ライターブログ

大好きなオープンキッチンなのも好印象。
タイの田舎にある古い家みたいなキッチンがステキです。
作っているところが見えるってとても安心感があるし、
なによりエンターテインメント性があって楽しい!

$タイ料理ライターブログ

雰囲気も味もいいし、値段も控えめ。
ワインも値段のわりにおいしかったので、
女子会にいいと思いますよー。

またすぐにでも行きたい一軒!
もし、私の友人で行きたい人がいれば、
いつでも付いて行くので声をかけてくださいねw

THAI LAO YEH authentic local food(太老爺)
Cabochon Hotel & Residence 1Fl.,
14/29 Sukhumvit 45 Road, Klongton Nua, Wattana, Bangkok
+66 2259 2871-3
※スクムビットソイ45の突きあたり。
www.cabochonhotel.com
関連記事

Posted on 08:26 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://www.thaifoodwriter.com/tb.php/1471-93bebde9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示