タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

タイでの2014年。  



IMG_4772.jpg


2014年もあと数時間……。
(とか言いつつ、これは予約更新ですがw)


今年も1年間のほぼ半分は大好きな国、タイで
タイ料理を食べまくって暮らすことができました。


おいしいものも、楽しいことも、興味深いことも
たくさんあって、いつもいろいろなところに連れて行ってくれたり、
ご招待してくれたりするバンコクの友人たちには
いくら感謝してもしきれないくらいです。
本当にいつもありがとう!


すてきな思い出がたくさんの2014年ですが、
“タイ”という国のくくりで考えると、
やっぱり印象深いのは、あのデモの日々でした。


IMG_4803.jpg


こちらは、エカマイで打ち合わせをした日に
偶然見かけたエカマイでのデモの様子。
いつもの街の様子が一変し、静かで優しい隣人だった
タイの人々が秘めている思いの大きさに衝撃を受けました。


IMG_4806.jpg


軍事政権下ではありますが、表面上は
すっかりいつもの様子を取り戻したバンコクにいると、
あの頃のことが遠い昔のことのようにも思えます。


IMG_4778.jpg



そんなこんなで今年もいろいろあったバンコク滞在ですが、
個人的に2014年に初めて行ったお店のなかで、
気に入ったお店をご紹介しようと思います!

※あくまで2014年に初めて行ったお店の中で気に入ったところで
バンコクのタイ料理全体でのおすすめ、というわけではないので
ご了承くださいー!



まず、ハイエンド系タイ料理ではここ!
デュシタニホテルのタイ料理店、ベンジャロン
http://www.thaifoodwriter.com/blog-entry-2105.html

素材や味はもちろん、見せ方にも新鮮な驚きのあるお店。
デンマーク人のタイ料理シェフ、モートン・ニールセン氏の
今後の展開にも注目していきたいと思ってます。


中級クラスのタイ料理店だと、ここのインパクトが大きかった!
EAT(Eat All Thai)
【イート(イート オール タイ)】
http://www.thaifoodwriter.com/blog-entry-1991.html

ひとつひとつの料理の完成度が高いところで安定している
ところがさすが!だといつ行っても感じます。
料理がおいしいのはもちろん、オーナーたちがほかのお店とは違う、
確固たる独自のコンセプトを持ってお店作りをしている点も魅力。


ローカル系おすすめはこの2店↓
FOOD ROUTE【フードルート】
http://www.thaifoodwriter.com/blog-entry-2058.html

トムヤムソースのトロトロオムレツや、ムーワーンと
カニの入ったバミーなど、小さな食堂ながらアイディア
いっぱいのオリジナルメニューで勝負しているところがすてき。
ワットポーのすぐそばで、観光がてらに寄れるところもいいですね。


Arun Wan Ran
【ラーンアハーン アルンワンラン/ร้านอาหาร อรุณวรรณ】
http://www.thaifoodwriter.com/blog-entry-1972.html

創業50年を誇る、エカマイの老舗麺食堂。
絶品!とまではいかないけど、ここのスープありバミーに
ワンタンとムークローブをトッピングして、
さらに別皿でオーダーした揚げワンタンをトッピングして
食べるのが、地味食堂的マイブームなのです。


あくまでも個人的な好みなので、意見が合わなかったら
ごめんなさい……。許してね。

今の自分の傾向としては、ただおいしいか、そうでないか
だけではなく、オーナーやシェフがタイ料理に対して
どれくらいの情熱を持って臨んでいるのか、
それが料理や店から感じられるかどうか、が
ひとつの判断基準になっている気がします。

というのも、今までにライターとして何千軒もの
お店を取材してきた過程で感じているのですが、
上記の部分がしっかりしているお店は
まず味の面でもハズすことがなかったので。

もちろん、空回りの情熱ではなく
積み重ねられた地道な努力と膨大な知識、高度な技術に裏打ちされた
情熱であることが最低条件になってしまう。
その積み重ねた道の上に、さらに日々の鍛錬も要求されるのだから
シェフというのは本当に大変なお仕事だな、と思います。


素晴らしいシェフたちのおかげで、今年もおいしい
タイ料理をたくさん、たくさん食べられたことに、
改めて感謝と、たくさんの「ごちそうさま」を!


そして、タイ料理と日々のくだらない戯れ言に溢れた
こんなブログを読んでくださった方々にも、
改めてお礼を申し上げます。
本年も「タイ料理ライターブログ」を読んでいただき
本当にありがとうございました!

拙いブログではありますが、
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

それではみなさま、よいお年をお迎えください。


Posted on 16:57 [edit]

category: タイ雑記

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: バンコク  本当においしいお店  おいしいタイ料理  おすすめタイ料理店 
tb: 0   cm: 0

ISAN BOUTIQUE COLLECTION【チャクラポン ヴィラ, バンコク】  



ISAN BOUTIQUE COLLECTION_04


今年中にどうしてもアップしておきたかったのが、
こちらのイベント、
前にも紹介したことのあるチャクラポンヴィラホテル
開催された
ISAN BOUTIQUE COLLECTION
【イサーン ブティック コレクション】
です!

※チャクラポンヴィラの詳細は
こちら→☆と、こちら→☆から。


ISAN BOUTIQUE COLLECTION_16


緑豊かで、バンコクにいることを忘れられるくらい
静けさに包まれた、チャクラポンヴィラ。
一度は泊まってみたいホテルのひとつです♩


ISAN BOUTIQUE COLLECTION_02


イサーンのイベントだけに、エントランスでは
タイの奇祭として知られるピーターコーン祭の
精霊たちがお出迎え。


ISAN BOUTIQUE COLLECTION_01


美しい緑の中を歩いて、チャクラポンダイニングに移動。


ISAN BOUTIQUE COLLECTION_03


ウェルカムドリンクと一緒に、
イサーン風の前菜でおもてなししてくださいました。
ネームおいしい♡


ISAN BOUTIQUE COLLECTION_08



ISAN BOUTIQUE COLLECTIONは、
イサーン地方にある3つのリゾートヴィラ、
Mekong Villas(パクチョム, ルーイ県)、
Phunacome Resort(ダンサイ, ルーイ県)、
Supanniga Home(ムアン, コンケーン県)が主宰する
ネットワーク。


約30年前のタイのスローライフを実体験できる
イサーンの素晴らしい自然環境をはじめ、
古くから続く手工芸や特産品、文化などを
タイ国内はもちろん、広く世界に伝えていくことを
目的として活動しているそう。


ISAN BOUTIQUE COLLECTION_07


タイの人たちは手先が器用なのか、
すてきな手工芸品がいっぱい!

上の写真は糸でできた飾り。
チェンマイでも似たものを何個も買ったけど、
イサーンのはもう少し凝った作りでなんともすてき。
買いに行きたいなー。

そして、下の写真は蝋でできたお花。
黄色い薄い花びらが、蝋でできているのです。


ISAN BOUTIQUE COLLECTION_12



作り方が衝撃的!
なんと、青いパパイヤの先を削ったものを蝋の中に入れて、
それを冷水で固めてはがすと、こんな薄い花びらのきれいな
お花ができるのです。

そして、雌しべの部分には爪楊枝でサイコロ型に切った
パパイヤを刺して。
体験させていただきましたが、意外と簡単で楽しい!


ISAN BOUTIQUE COLLECTION_06



そして、コンケーンにある有名なタイシルクのブランド、
MAKAのシルクの展示も。
すべて天然素材で染められたオーガニックシルクなのだそう。

例えば、台にかかっているグレーブラウンっぽい色合いの
シルクは、タイの国花であるゴールデンシャワーの木から
取った色素で染めたもの。
木の色素で、こんなに上品で美しい色が出るんですねー。

ほかにもマンゴスチンなど、自然から取られた色素だけを
使っているとのことです。

とろんと柔らかく、滑らかなその手触りにびっくり!
ど素人のわたしでも、触れば上質だとすぐにわかるくらい
光沢はもちろん、手触りが素晴らしい……!


ISAN BOUTIQUE COLLECTION_13


来ていた人たちに、着付け体験もさせてくれました。
きれいなタイ人のお姉さんは、やはり絵になります。
似合う!


ISAN BOUTIQUE COLLECTION_14


個人的に気に入ったのは、こちらの柄。
昔の宮廷での暮らしの様子が描かれているそう。
ただ、10万だか20万バーツだかそんな感じだったので、
残念ながら購入には至らず……w


ちなみにこちらのMAKAはタイを代表するシルクブランドらしく、
日本の展示会等にもよく参加しているのだとか。
ハリウッド女優のマリサ・トメイが訪ねて来たこともあるそうですよー。

関係ないけど、『忘れられない人』のマリサ・トメイは
本当にかわいかった!!! あまりにかわいくて、あの頃、
あの映画の中のファッションを真似していたのを覚えています。


ISAN BOUTIQUE COLLECTION_10


プラーラームやカオラームみたいな
イサーンのごはんの実演&試食も。
正確な料理名は忘れてしまいました……。


ISAN BOUTIQUE COLLECTION_11


これは魚(プラーチョンだったかな)のバージョン。
ほかに、玉子が入っている茶碗蒸しみたいなのもあって、
どれも素朴な味わいでおいしかったです。


ISAN BOUTIQUE COLLECTION_05


ちっちゃいピーターコーンの精霊。かわいい。
見れば見るほど、この人たちがかわいく感じます。


ワットアルンを臨む、チャクラポンヴィラの
気持ちいいダイニングで行われたこのイベント。
気になっていたいサーンのヴィラや工芸品について学び、
生産者やオーナーさんから直接お話をうかがえて、
とても貴重な体験ができました。
お招きいただき、感謝です!



ISAN BOUTIQUE COLLECTION_15


ニャンともかわいい、チャクラポンヴィラの猫さん。
こういう、四肢が太めで短毛の猫を
いつか飼ってみたいなー。今の生活じゃ無理だけど……泣


ISAN BOUTIQUE COLLECTION_17


胸をかきむしられている気分になるくらい、
かわいい!!!!!


タイの観光地として、南の島々や北は人気だけど、
大自然を体験するならイサーンもとても楽しそうです。
わたしは随分前にナコーンラチャシマーやピマーイなどの
遺跡に行ったことがあるだけなので、
今度はゆっくりと自然と手工芸とイサーン料理を満喫するためだけに
イサーンに行きたいなー。


コンケーンのオーガニックシルクビレッジと
約4000年の歴史がある先史時代の洞窟壁画を見てみたいのと、
ヴィラで味わえるというイサーンキュイジーヌに興味津々なので、
まずはコンケーンのSUPANNIGA HOMEに来年行ってみようと
思ってます!


日本からはもちろん、バンコクからの旅先としても
おすすめのイサーンのヴィラ。
とても美しい景色と雄大な自然を体感できるみたいなので、
2015年はぜひイサーンにも注目してみてくださいねー!



ISAN BOUTIQUE COLLECTION
【イサーン ブティック コレクション】
Facebook


☆Mekong Villas by Chakrabongse Villas (パクチョム, ルーイ県)
チャクラポンヴィラと同経営なので、ヴィラの建物はもちろん
室内も高級感があってすてきです。
メコン川の雄大な自然に囲まれた環境も素晴らしい!
http://www.mekongvillas.com/index.html


☆Phunacome Resort(ダンサイ, ルーイ県)
のどかな田園風景と壮大な山の景色を満喫できる
リゾート。プールからの眺めも最高!とのことで、
心が疲れた時wに良さそうです。
http://www.phunacomeresort.com/


☆Supanniga Home(ムアン, コンケーン県)
スパンニガーの黄色い花とグリーンに囲まれた
ガーデンが美しいヴィラ。
イサーン料理やダンスのレッスン、イサーンの歴史や
文化に触れられるパッケージなど、アクティビティも
充実しています。
http://www.supannigahome.com/



Posted on 08:30 [edit]

category: タイ観光

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: ISAN  BOUTIQUE  COLLECTION  イサーン    イサーンブティックコレクション  イサーンホテル 
tb: 0   cm: 0

茶亭 羽當【ちゃてい はとう, 渋谷, カフェ】  



渋谷_茶亭羽當01


渋谷で「お茶でも飲もう」となったある日、
気になっていた珈琲店、
茶亭 羽當
に行ってみましたー。


渋い雰囲気の、昔ながらの喫茶店。
創業20年以上で、移り変わりの早い渋谷で
長く続くお店のひとつです。


渋谷_茶亭羽當02


いつもはカフェラテやカプチーノを飲むことが
多いけど、ここはせっかくなのでモカ・マタリを。

カウンターに座ると、奥の飾り棚にはたくさんのカップが!
オーナーさんが趣味で集めたものだそうで、
ロイヤルコペンハーゲンなどのヨーロッパの名窯から
有田焼などの日本のものまで、1客ずつ違うものが
並んでいるそう。

しかも、お客さんのイメージに合うカップを
選んで出してくれるそうです。


渋谷_茶亭羽當03


素朴なかぼちゃの甘味と、カラメルの苦味の
バランスがとってもいいかぼちゃプリンも美味。


宮益坂あたりで、珈琲を飲みたくなったらぜひー!



茶亭 羽當
mapはこちら→☆

Posted on 16:53 [edit]

category: 東京おやつ

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tag: 茶亭  羽當  はとう  渋谷  宮益坂  カフェ 
tb: 0   cm: 0

IWANE 1975【イワネ 1975, ベーカリーカフェ, スクンビットソイ23】  



IWANE1975_04.jpg


ソイ23にあるベーカリーカフェ、
IWANE 1975
【イワネ 1975】
に随分前に行った時の写真です。

写真はスウェーデンパンケーキ。
本当はWiSEのサイトに絶品!と書かれていた
リコッタパンケーキが食べたかったのだけど、
この日は「ない」とのことでこちらに。

普通に食べやすい感じのパンケーキでしたー。


IWANE1975_01.jpg


パスタも。
この日は食べなかったけど、ずーーーっと前に
ここで食べたトムヤム味か何かの、タイ風スパゲッティが
おいしかった記憶が……。まだあるなら食べたいなー。



IWANE1975_03.jpg


パンを買いに来る人がひっきりなしに
訪ねてくるのが印象的でしたー。



IWANE 1975
【イワネ 1975】
14 Sukhumvit Soi 23, Bangkok
081-848-8838
7:30-20:00
※ソイ23を入り直進、ソイカウボーイを過ぎて
しばらく行った右手側にあります。



大きな地図で見る




Posted on 08:24 [edit]

category: バンコク カフェ

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: IWANE  sukhumvit  soi23  bangkok  cafe  bakery  イワネ  カフェ  バンコク  スクンビットソイ23 
tb: 0   cm: 0

緑のどんぶりレシピ本とバルザックの食卓  



写真 2


こないだ書店に行ったら、お気に入りの
食堂レシピ&ガイドシリーズの新刊が出ていたので購入。

タイ・バンコク“緑のどんぶり” 激ウマ食堂レシピ&ガイド
です。

まだちゃんと見ていないので、紹介されているお店の
ラインナップなどは不明ですが、
近所のお店が載ってたら行きたいなー。

今回は“緑のどんぶり”切りのようです。


タイ・バンコク“緑のどんぶりタイ・バンコク“緑のどんぶり"激ウマ食堂レシピ&ガイド 食堂のおじちゃん、おばちゃんに教えてもらった完全再現レシピ
(2014/08/06)
中村直也、清水樵 他

商品詳細を見る




そして、タイとはまったく関係ないけど
食つながりで最近気になって買った本がこちら。


写真 1


バルザックと19世紀パリの食卓
白水社刊


19世紀のパリの食事も、バルザックがどんなものを
食べていたのかも気になるー!

日本人作家の食系の本はよく買うけど、
フランス人作家のものは初めて。

読むのがとっても楽しみです♩



バルザックと19世紀パリの食卓バルザックと19世紀パリの食卓
(2013/01/23)
アンカ ミュルシュタイン

商品詳細を見る




Posted on 16:50 [edit]

category:

tag: タイ・バンコク“緑のどんぶり”  激ウマ食堂レシピ&ガイド  バルザックと19世紀パリの食卓   
tb: 0   cm: 0

キング ジョージ【代官山, THE KING GEORGE SANDWICH BAR】  



THE KING George sandwich bar_daikanyama01


ある秋の日、代官山にある
キング ジョージ
にサンドイッチを食べに行きましたー。


THE KING George sandwich bar_daikanyama03


野菜たっぷりのヘルシーなサンドイッチが食べられる
ことで知られるこちら。

レタスのボリュームが想像以上でびっくり!!!


見た時は「食べられるかなー?」と思ったけど
ほぼレタスなので、見た目よりはかなり軽め。
あっさり、ぺろっといけちゃいましたー。


THE KING George sandwich bar_daikanyama02


わたしは友人と1種類ずつオーダーしたので
半分こしました。
そのほうが飽きずに食べられておすすめですよー。


THE KING George sandwich bar_daikanyama014


11:30のオープン直後に行ったのだけど、
小さい店内の席はあっという間に満席に。

この時はまだそんなに寒くなかったので、
屋上のテラス席でいただきました。
今はもうさすがに寒過ぎるかなー。



THE KING George sandwich bar_daikanyama015


おいしかったので、時々お持ち帰りしたいな、
と思ってます。


キング ジョージ
Facebook



Posted on 08:34 [edit]

category: 東京 その他料理

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tag: キングジョージ  代官山  サンドイッチ 
tb: 0   cm: 0

アーリーでカレーの会  



IMG_2461.jpg


以前に一度お邪魔した、
アーリーにあるプライベートレストラン→こちら☆
で、カレーの会があると聞いてお出かけしてきましたー。


お料理を作ってくださったのは、
日本で料理研究家として活躍する
両角舞さん→こちら☆

フムスやピクルスはもちろん、
なんとチャパティやフォカッチャも両角さんの手作り!
さすが、人気料理研究家です♡


IMG_2463.jpg


主役のカレーは2種類も!
バターチキンカレーと、
ちょっと日本っぽい野菜ゴロゴロカレー。

どちらもとてもおいしくて、みんな何度もお替わりして
食べているくらい、大好評でした!!!


IMG_2462.jpg

そして、プライベートレストランの
シェフ特製アボカドとエリンギのヤムも。

こちらはピリッと辛くて、タイの味。
ヤムアボカド、日本のタイ料理店でよく食べている
大好きなメニューなので、嬉しい&おいしーです。


すてきなお友達の会に混ぜていただき、感謝、感謝。
手作りのカレーはおいしいのはもちろん、
胃にも重くなくて、すごく身体に良さそうな味わいでした。


両角さんはバンコクのフリーペーパー、
Arche+でレシピ連載もされているので
ぜひぜひチェックしてみてくださいねー!






Posted on 16:04 [edit]

category: バンコク その他料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 0

39 Espresso【39 エスプレッソ, スクンビットソイ39, バンコク】  



39エスプレッソ_バンコク03


ソイ39のそばにできた小さなカフェ、
39 Espresso
【サーティナイン エスプレッソ】
に行ってきましたー。


39エスプレッソ_バンコク01


席は少なく、こぢんまりとした
アットホームな雰囲気です。


39エスプレッソ_バンコク04


わたしは友人とスコーンを1個ずつ。
コーヒーのほか、
フレッシュスムージーもありますよー。


BTSプロンポン駅の目の前だし、wifiも使えるので
旅行者の方にも便利かもしれませんね。


39エスプレッソ_バンコク05


店員さんも親切で、気軽に寄れるお店です。


39 Espresso
【サーティナイン エスプレッソ】
665 Sukhumvit 39, Phrom Phong, Bangkok
092-753-8928
7:00-18:00
Facebook
※BTSプロンポン駅3番出口の階段を降りてすぐ。
ソイ39の手前にあります。




大きな地図で見る



Posted on 08:34 [edit]

category: バンコク カフェ

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: 39espresso  bangkok  cafe  sukhumvit  soi39  39エスプレッソ  バンコク  カフェ 
tb: 0   cm: 0

カフェ Zorse【ゾース, スクンビットソイ24, Bangkok】  



Zorse_bangkok02.jpg


スクンビットソイ24、前に紹介した
Karmakamet Diner→こちら☆
の近くにあるカフェ、
Zorse
に行ってきましたー。


天井が高くて、席と席の間も広めで
ゆったりとした空間。

ほかの人の会話もあまり気にならないので
打ち合わせや勉強などにも向いていると思います。


Zorse_bangkok03.jpg


ケーキはどれも大きかった!
とくに、アップルクランブルのボリュームがすごいです。
オーダーしてから焼いてくれるので、サクサク熱々でおいしい。


Zorse_bangkok04.jpg


キッズチェアもあるみたいなので、
お子さま連れでも行きやすいかもしれませんね♩

ケーキのほかに、サラダやパスタ、サンドイッチなどの
食事メニューもありますよー。


Zorse_bangkok01.jpg


夜なのでちょっと見づらいけど、
大きな馬のオブジェが目印です。


Zorse【ゾース】
35/2 Sukhumvit 24 Soi Methi Niwet Bangkok
02 258 8489
7:00-21:00
月曜定休
Facebook
※エンポリアムとベンジャシリ公園の間のソイを入り、
最初の角を右折したところにあります。




大きな地図で見る






Posted on 00:27 [edit]

category: バンコク カフェ

tag: Zorse  sukhumvit  soi24  bangkok  cafe  ゾース  スクンビットソイ24  バンコク  カフェ 
tb: 0   cm: 0

チャトゥチャックのGreen Chiliでランチ  



green chili01


チャトゥチャックでのランチは
Green Chili
率が高め。化学調味料などを使わない、
ヘルシーなタイ料理が食べられることで
人気のお店です。
※以前の記事はこちら→☆

店内は、いつもこだわり派っぽいタイ人グループと
中国系の観光客、西洋人などで混み合っています。

だけど、この日は全部の料理が好みより甘めだった……。
チャトゥチャごはん、ほかのお店も開拓しないと。


green chili02


場所はMRTガンペーンペット駅の近く。
売り切れ次第終了です。


ココナッツアイス01


そして、歩き疲れた友人が食べていたココナッツアイス。
かぼちゃにもちごめ、ピーナッツに
ナタデココなど、タイのアイスはトッピングが豊富。

アイス屋さんでは、ココナッツジュースも買えますよー。



Green Chili Restaurant
(グリーンチリレストラン/ラーン プリックユアック)
チャトゥチャック ウィークエンドマーケット内
セクション2、ソイ38/3
※MRTガンペーンペット駅のJJ直結出口を出て、
カルマカメットを背中に右方面に入りすぐ。







Posted on 18:26 [edit]

category: バンコク タイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: チャトゥチャック  JJ  Green  Chili  グリーンチリ  バンコク 
tb: 0   cm: 0

MINIBAR Cafeでタイ料理【Central Embassy, プルンチット】  



MINIBAR Cafe_bangkok07


はろはろ、みなさまメリークリスマス☆

これは予約更新なので、わたしが何をしているか
自分でも不明なのですが、
たぶん普通に働いているか、年賀状を書きながら
どこかで買ってきたおいしいケーキでも
食べているのではないか……と思います!


ところで、先日のこと。
久々に会った友人のtakacoさん
セントラル エンバシーに入っている
MINIBAR Cafe
【ミニバーカフェ, セントラル エンバシー】
に行ってきましたー。


MINIBAR Cafe_bangkok13


前にソイ23にあったMINIBARが、
メニューも新しくなってこちらにオープン。

ソイ23にあったMINIBAR、ケーキもごはんもおいしくて
お店もかわいくて好きだったので、エンバシーにできて嬉しいな。


MINIBAR Cafe_bangkok01


メニューもかわいい♡
前のMINIBARと大きく違うのは、
タイ料理メニューが充実しているところ!

エンバシーの中、ソンブーンとフードコート以外に
めぼしいタイ料理がなかったので、個人的にはかなり嬉しい。

ソンブーンは1人で行かないし、ここのフードコートは広くて
メニューも多くて「ちょっと寄る」っていう感じでもないので、
サクッとタイ料理が食べられるお店が
意外となかったんですよねー。


MINIBAR Cafe_bangkok02


ノンアルコールのドリンクも、タイっぽいものをお試し。
わたしが飲んだのは、Honey Matoom POP! 120B。

マトゥーム(ベールフルーツ)とハチミツをソーダで割ったもの。
甘くて、疲れた身体に効く味わい。
もっとたくさん入っているといいのになー。

takacoさんが飲んでいたPandan Passion Smash with
Pomegranate Syrup 120Bもおいしそうでした!



MINIBAR Cafe_bangkok05


これはタイ料理じゃないけど、お店の人のおすすめ
Ox Tongue Fritter 220B。

煮込んだ牛タンを揚げて、チリマヨネーズをつけて
いただきます。衣がサックサクで、牛タンが柔らか。
おつまみに良さそー。


MINIBAR Cafe_bangkok06


DIY Garden Wrap 190B。
カリカリの塩豚バラを、レタスで包んでいただく
ミエンクイッティアオ風の一品。

豚バラは、ムークアケムと言って
カリカリに炒め塩辛く味付けした家庭料理なのだとか。

それをセンミーとマナオ、ホムデーン、パクチーなどと
一緒にレタスで包むと、いろんな食感と香りが楽しめて、
止まらないおいしさ! ソースはピリッとスパイシーです。


MINIBAR Cafe_bangkok08


Deep-fried Sea Bass with Soy Paste and Chili 240B。

これもお店の人のおすすめ。
シーバスにキヌアを添え、塩辛いプリッキーヌーの
ソースをかけたもの。

奥に見えるごはんっぽいのはキヌアなので、
意外とヘルシー。ちょっとソースが塩っぱいかな。


MINIBAR Cafe_bangkok04


そしてそして、わたしが1番好きだったのがこれ。
Saiburi Rice Salad 200B。
サイブリースタイルのカオヤムです。

時間が経っていてちょっとうろ覚えなのですが
わたしの記憶が正しければ、
サイブリーにあるオーナーの実家のおばあちゃんの
レシピ、と言っていた気がします。

どこのお店のカオヤムにものっているレモングラスや
バイマックルー、ソムオー、マンゴーなどに加え、
気に入ったのがドックダーラー(ดอกดาหลา/トーチジンジャー)が
入っているところ。

千切りになっている赤いのがダーラーなのですが、
生姜のようなすっきりとした清涼感と微かな辛さ、
そしてみずみずしさがあって好きなのです。
※ダーラーについては、こちら→☆に書いています。


MINIBAR Cafe_bangkok09


そして、ごはんはアンチャン(バタフライピー)の
お花でブルーに染まっているので、カオヤムを混ぜると
さらに美しい……!


さまざまなハーブの香りや野菜の食感に加え、
目にもこんなに鮮やか。この美しさとインパクトこそ、
タイ料理の大きな魅力のひとつですよね。

食べたことのない方は「ごはんとハーブ!?」と思うかも
しれませんが、カオヤムには欠かせないナームブードゥーという
魚を発酵させた調味料の旨みが全体をまろやかにまとめて、
とってもおいしいんです。辛いのが大丈夫なら、
少し粉唐辛子を足すと、メリハリが出てさらにおいしくなりますよ。

こちらのお店のはクセもなく、初めてカオヤムを
食べる方の入門編としてもおすすめです。


MINIBAR Cafe_bangkok10


Soft Shell Crab Pad Thai 220B。

ソフトシェルのサクサク揚げがのったパッタイも。
程よく濃厚な味わいのパッタイに、カニがよく合う。
エビよりも食べやすいかも、と思いました。

麺はモチモチと弾力があってパッタイのソースと
よく絡むセンジャン。

カフェだと良くてセンレック、時にはスパゲッティ
だったりもするので、カフェなのにセンジャンにまで
こだわっているところが好印象でした。


これだけ食べたのに、なんと最後にはデザートも
いただいてしまいました。ふふふ。


MINIBAR Cafe_bangkok12


Grass Jelly & Tres Leches Granita 80B。
チャオクワイにトレスレチェ味のグラニテを
のせたタイ×欧コラボデザート。

上のグラニテがあっさりとしたミルク味で、
チャオクワイと合う。
軽くさらっと食べられて、なかなか好みの味わいでしたー。



MINIBAR Cafe_bangkok11


Grilled Buttery Toast Served with
Thai Tea Cream 150B。

トーストしたブリオッシュに、タイティークリームを
かけたもの。カノンパンピンのゴージャス版のような。

パンはサクサク、タイティークリームが濃厚まろやかで
おいしい! タイティ好きには試してほしいひと皿です。


ちょっと食べ過ぎた感はあるけど笑、
タイ料理が想像以上に完成度が高くてびっくりしました!
通しで営業しているので、1人で買い物に来た時なんかにも
時間を気にせずサクッと寄れるのが嬉しい。



MINIBAR Cafe_bangkok03


20人くらい入れる個室もあるほか、
夜の雰囲気がいいテラス席もオープンしたばかり。
この時期は、テラス席いいですよねー。


ちなみに、エンバシーの上にはパークハイアットが
できるそうなので、そちらも楽しみですね。



MINIBAR Cafe_bangkok14


食べた量もすごかったけど、
久々に会ったtakacoさんと話した量もすごかった……笑
4時間くらいノンストップでしゃべって、
とてもおいしく楽しい時間を過ごせましたー♩


MINIBAR Cafe_bangkok15


実は本格的なタイ料理も食べられる
エンバシーのMINIBAR Cafe、おすすめですよー。



MINIBAR Cafe
【ミニバーカフェ, セントラル エンバシー】
5/F, Central Embassy, 1031 Ploenchit Rd. Bangkok
02-160-5610
10:00-22:00
※BTSプルンチット駅より直結。
セントラルエンバシーの5階にあります。




大きな地図で見る






Posted on 08:49 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: minibarcafe  embassy  bangkok  ミニバーカフェ  セントラルエンバシー  バンコク  プルンチット  タイ料理 
tb: 0   cm: 0

展覧会「HAPPY NEW ME」マムアンちゃんLIVE!と香妃園の鶏煮込みそば  



マムアン


今日は天皇誕生日!
東京は快晴で、とても気持ちのいい冬の日でしたね。

ところで先日、
六本木ヒルズのA/Dギャラリーで開催されているタムくんの個展、
マムアンちゃん HAPPY NEW ME
に行ってきましたー。


会場の壁には、イラストと言葉を合わせた新作のドローイングのほか、
版画や約10年前から近年までのラフスケッチも!

うぅぅ、どれもこれもかわいくて、
イラストに言葉を合わせた「ひとこと」シリーズの中には
本気で欲しいものも見つけてしまった……。

とりあえず、即決はできなかったので
会期中にもう1回見に行って、じっくり考えたいな。


マムアンちゃんLIVE!03


そして、この日はタムくんのライブも!

マムアンちゃんのアニメーションに合わせた、
タムくんの演奏と歌を楽しめるライブ。

タムくんのライブを観に行ったのはたぶん8年ぶりくらい。
声がとてもすてきで歌が響いた。行ってよかったな。

前のライブでも観た懐かしいアニメもあって、
久々にDVDを引っ張り出して観たくなりましたー。


ライブ中にタムくんが話してくれたことによると、
「HAPPY NEW ME」のタイトルは、
時間を重ねて訪れる“年”は毎年新しいものとして迎えられるのだから、
同じ時間を重ねている人間も、毎日「古く」じゃなくて
新しくなるはず……、との考えからきているのだそう。


たしかに、英語でも日本語でもタイ語でも、
新年は「新しい」年ですもんね。

自分自身も時間を重ねて
どんどん「新しく」なってるって思えば、
この先の人生にもちょっと希望が持てるかな……笑


ほわーっとライブを楽しんだ後は、
一緒に行ったTT☆YのMさんと一緒に
創業50年の有名中華料理店、
香妃園
へ。


マムアンちゃんLIVE!04


熱々の特製鶏煮込みそばを食べに!


マムアンちゃんLIVE!05


あっさりなのに滋味深く、雨と寒さで冷えた身体に
染みるー。
白菜のクリーム煮も、今すぐ真似したいおいしさ。


バンコクから日本に戻ったら、想像より2段階くらい寒くて
雨もけっこう降るし、「これはヒドイ……泣」と思っていたんだけど
音楽もごはんも、季節と寒さがあってこそ
素晴らしさがいつもより身に染みる、ということもあるのかも。
と思って、冬を満喫していこうと思います。


ライブは2日間だけだったけど、展覧会は来年の1月25日まで
やっているそうなので、興味のある方はぜひー!
かわいくって楽しいですよ。




マムアンちゃん HAPPY NEW ME
六本木ヒルズ A/D ギャラリー
六本木ヒルズウエストウォーク3F 六本木ヒルズアート&デザインストア内
03-6406-6875
12:00~20:00

入場無料
〜2015年1月25日
http://www.wisutponnimit.com/post/103540586768/happy-new-me



Posted on 23:58 [edit]

category: タイ関係ニュース

thread: 芸術・心・癒し - janre: 学問・文化・芸術

tag: マムアンちゃん  タムくん  六本木  香妃園 
tb: 0   cm: 0

OTOP 2014 Dec.【Impact Arena, ムアトンタニー】  



OTOP2014_01.jpg


前回、8月に行ってから次を

楽しみにしていた
OTOP CITY 2014
に行ってきましたー!


OTOPについての説明は、こちら→☆
にもちらっと書いてあるので見てみてくださいね。


OTOP2014_03.jpg


前回の反省を踏まえ、今回は物販エリアの写真も
撮ってきました。

今回の初買いは衝撃のこのブースから…笑!
タイの奇祭、ピーターコーンのグッズ売り場です。
と言っても、買ったのはわたしじゃなくて友人ですが。


OTOP2014_04.jpg


わたしの初買いはこちらでしたー。
バンブーでできた、チェンマイ産のお皿。
水ものを入れても大丈夫なのだとか。

品のある色合いで、仕事で使えそうだなー、と思って。
その後、前回も買った木のカトラリーなどを売っているお店で
チーズを載せるのに良さそうなウッドトレーも。

写真を撮らずバンコクに置いてきてしまったのだけど、
小ぶりサイズの正方形型が珍しくてかわいかったです。


OTOP2014_05.jpg


今回は欲しいものもわりと固まっていたので、
前回よりサクサク回れた気がする!


販売だけじゃなくて、こんな感じで布を織っていたり
料理を作っていたり、いろいろタイの文化が垣間見えるところも
OTOPの楽しいところじゃないかな、と思います。


OTOP2014_06.jpg


こんなかわいゴージャスな織物ドレスも!
100年とか200年前の古い布もあってとてもとてもかわいかったんだけど、
20万Bとかして、あっさり諦められたので逆に良かったです。


OTOP2014_07.jpg


朝9時にスクンビットで集合して、
ほぼオープン直後に会場に到着。
夢中で会場を歩き回り、ランチでも……となった時は
すでに午後2時でした!

同席させてもらったタイ人のお姉さんが食べていた
ピサヌロークのクイッティアオ屋さんで
イエンターフォーを。

お店の人が「魚の麺がおいしいからねー」と言っていたのだけど、
食べて納得!

ルークチンを長細くしたようなセンプラー


、今まであんまり
おいしいと思えたことがなかったのだけど、ここのは
まったく臭みがなくて、プリプリっと弾力がある!
ほかのルークチンもおいしくて、おかわりしたいくらい
気に入りました♩

スープで温まり、また会場をグルグル。
今回、1番欲しかったカゴもたくさん買えて、
友人たちもそれぞれにいい感じの買い物ができていたので、
かなり楽しめましたー!


OTOP2014_09.jpg


こちらはプラチンブリーから来ていた
きのこのブース。

右端に写っているきのこのネームがおいしくて、
お土産用にいくつか購入しました。

ネームは発酵ソーセージなのだけど、
これはお肉は入っていなくてきのこがたっぷり。
ぷりっとした食感で、酸味も程よくおいしい。
お酒好きな方にも喜ばれると思います。


会場が広くて隅々まで見ると時間がいくらあっても
足りないので、なんとなく食品ブースは飛ばしがちになるのだけど、
ふだんバンコクでなかなか買えない&食べられない
地方のおいしいものたちもたくさーーん集まっているので、
食べ物中心で見てもきっと楽しいんじゃないかな。

今回は帰国が迫っていたので1日しか行けなかったけど、
次回は物欲の日と食欲の日を分けて
それぞれじっくり見てみるのもいいかも、と思っています。


24日までなのであと少しだけど、
興味のある方はお出かけしてみてくださいねー!



OTOP CITY 2014
at IMPACT MUANG THONG THANI
2014年12月16日〜24日
※スクンビットエリアから高速を使い
タクシーで約30〜40分。
タクシーの運転手さんはだいたい知っています。



大きな地図で見る


Posted on 23:42 [edit]

category: タイ国内ショッピング

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: OTOP  バンコク  2014  bangkok   
tb: 0   cm: 0

ワットサケットで出家式【Wat Saket, プーカオトーン, バンコク】  



出家式_ワットサケット04


先日、友人の出家式のために
ワットサケット
【Wat Saket, プーカオトーン】
に行ってきましたー。


出家式_ワットサケット08


ワットサケットと言えば、
プーカオトーン(The Golden Mount)と呼ばれる
黄金の仏塔(チェディ)があることで知られるバンコクの名刹。

雰囲気がとても良くて、バンコクに住んでいた頃に
何度も訪れた大好きなお寺のひとつです。


出家式_ワットサケット01


午後から参加したので、髪の毛はもう切った後でした。
ものすごく日差しの強い日で、
空とお寺の屋根に反射する光と、傘の影との
コントラストがとてもきれいでした。


出家式_ワットサケット02


お寺の中に入る前に、お金を入れた包みを
集まった人たちに投げてましたー。


出家式_ワットサケット03


お母さまから袈裟を受け取る。


出家式_ワットサケット05


白い服から袈裟に着替えて、
タンブン用の鉢を下げて再登場。
たくさんのお坊さんたちと一緒に、
だいぶ長い間、お経を唱えていました。


出家中は午前11時以降は食事はできず水のみ、
毎日17時から21時まではプーカオトーンの上に行って
読経するそうです。


出家式_ワットサケット07


タイ人男性は兵役もあるし、意外とハードな
人生を送ってるな、と今さらながら思ったこの日。


出家式_ワットサケット06


儀式が終わり彼が宿舎的な場所に行った後は、
用意してあったお昼ご飯もいただいてしまった。

パローとグリーンカレー、ホーモックプラーをいただき
お腹もいっぱいに。



出家式_ワットサケット09


3ヶ月間、お寺に入る友人。
今年の初めには日本に遊びに来て楽しそうに
お寿司などを食べまくっていたのに、年末には髪を剃って
当たり前に出家しているなんて、なだか不思議。

日本とタイは同じ仏教国だから似ている、と言われる部分もあるけど
仏道への向き合い方はだいぶ違うな、と感じることも多いです。


髪を剃ってすでに悟りを開いたような表情&話し方に
なっていた友人。3ヶ月後どんな風になって
帰って来るのか、次に会うのが楽しみです!


ワットサケットはとても気持ちのいいお寺なので、
お好きな方は行ってみてくださいねー。
すぐ近くには、パッタイの有名店
【ティップサマイ】→こちら☆もあるので、
ついでに寄るのもおすすめです。




大きな地図で見る







Posted on 22:21 [edit]

category: タイ雑記

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: watsaket  bangkok  ワットサケット  プーカオトーン    バンコク 
tb: 0   cm: 0

Yang Gao Gorn【ヤーンガオゴーン(อย่างเก่าก่อน), タイ料理, アーリー】  



Yang Gao Gorn_Bangkok07


友人がアーリーに面白いタイ料理屋さんがあるよー、
とのことで行ってきたのが、
パホンヨティンソイ8にある
Yang Gao Gorn
【ヤーンガオゴーン, อย่างเก่าก่อน】
です。


Yang Gao Gorn_Bangkok06


何が面白いのかと言うと、入り口を見るとわかるように
なんとフットサル場の中にあるタイ料理店なんですー。

1階はフットサル場になっていて、2階の小さなスペースが
レストランになってます。

写真はないのだけど、とっても簡素な小さなお店。
近所の人がふらっと来る食堂みたいな感じです。


Yang Gao Gorn_Bangkok02


メニューは家庭料理が中心で、オーナー一家の家庭の味を
再現しているのだとか。

わたしが食べてみたかったのが、上の写真のヤムマンゲーオ 140B。
マンゲーオは、くずいもの仲間。シャクシャクとした食感で
ほんのり甘味があり、タイでは果物的な扱いです。

こちらのヤムマンゲーオは、とってもさっぱりしていて
素材の食感と味をしっかり楽しめます。
ごまもさりげなく効いてて、日本人にも食べやすい!
真似してみたくなるおいしさでしたー。


Yang Gao Gorn_Bangkok01


カイパロー(1個60B)。
おばあちゃん秘伝のレシピで作られたカイパロー。
ごはんによく合う、家庭の味です。


Yang Gao Gorn_Bangkok04


ネームパットカイソンクルアン 150B。
ネーム(発酵ソーセージ)と玉子をホムデーンや
にんにくなどと炒めた一品。

ネームの酸味が効いた、なかなか濃厚な味わい。
ピーナッツやホムデーンの食感がアクセントになっていて、
おいしかったです。


Yang Gao Gorn_Bangkok03


センワークンナーン プラードゥーックフー 320B。
エビのハーブサラダに、サクサクに揚げたナマズを添えたもの。

こちら、爽やかでおいしかったのだけど
エビが半生だったので、あまり食べられなかった……。
友人にほとんど押し付けてしまい、申し訳なかったです。。

これだけお高めなのは、たぶん立派なエビを使ってるから。
弾力のある、プリプリのエビでしたー。


どれも食べやすい優しい味わいでした!
人気店らしく、わたしたちが行った時は売り切れていた
メニューもあったので、また今度行って試したいなー。


Yang Gao Gorn_Bangkok05



Yang Gao Gorn
【ヤーンガオゴーン, อย่างเก่าก่อน】
97 Phahon Yothin Soi 8 Bangkok
081-930-5260
11:30-22:00
※BTS Aree駅より徒歩約10分
Facebook


map_20141220162117099.png

※mapのリンクはこちら→☆




Posted on 08:44 [edit]

category: バンコク タイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: Yang  Gao  Gorn  Aree  Phahonyothin  bangkok  ヤンガオゴーン  アーリー  バンコク  タイ料理 
tb: 0   cm: 0

24 Owls by Sometimes 【24時間営業カフェ, エカマイ ソイ12】   



THE OWL SOCIETY_bangkok07


いつ行ったのか覚えてないシリーズ……。
エカマイ12にあるカフェ、
24 Owls by Sometimes
です。


THE OWL SOCIETY_bangkok02


エカマイのソイ12、たくさんカフェがあって
便利だけど、ここの魅力は24時間営業なこと!

この日もかなり遅い時間で、ほかにバーンライカフェくらいしか
思いつかなかったので、行ったことのなかった
こちらに行ってみましたー。

THE OWL SOCIETY_bangkok01


名前の通り、店内はふくろうでいっぱいです……。


THE OWL SOCIETY_bangkok04


メニューも豊富で、わたしが行った時は
タイ料理もたくさんありました。

これはたぶんレモングラスのヤム。
はっきり覚えているのは、心臓が縮むくらい辛かったこと笑!
タイ人の多いお店だと、カフェでも超本気のタイ料理が
出てくることも多いので、注意が必要ですよー。

レモングラスとミントが爽やかでおいしいんだけど、辛い!
たぶん、ヤムダレのグリーンの元はミントではなく
プリッキーヌーだと思います……。


THE OWL SOCIETY_bangkok03


もうよく覚えてないけど、たぶんこれは
蓮の茎が入ったゲーンソム。


THE OWL SOCIETY_bangkok05


デザートもいろいろありましたよー。
だいたいのカフェは22時くらいには閉まってしまうので、
それ以降にどこか!という時にはいいと思います。



THE OWL SOCIETY_bangkok06



お茶も種類が豊富だった記憶。

ガーデンに面したテラス席もあったので、
お昼に行くのもいいかもしれないです。


THE OWL SOCIETY_bangkok08


Never Sleep……!



24 Owls by Sometimes
39/9 Ekamai 12, Soi Charoenchai,
Sukhumvit Soi63(Ekamai),Bangkok
02 391 4509
24時間営業
Facebook
※エカマイよりソイ12に入って直進、左手側。
BTSエカマイ駅よりタクシーで5〜10分。


map_20141219223551545.png



Posted on 16:11 [edit]

category: バンコク カフェ

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: 24  Owls  by  Sometimes  ekamai  bangkok  バンコク  エカマイ  カフェ 
tb: 0   cm: 0

デュシタニホテルのクリスマスマーケット  



dusit thani bangkok02


ベンジャロンに行った日→☆
デュシタニのロビーには小さなクリスマスマーケットが
出現していましたー♩


dusit thani bangkok03


かわいいクリスマスグッズを販売する小さなブースがいくつか。
ツリーのオーナメントを手描きで作っている
外国人のスタッフもいましたよー。


dusit thani bangkok04


ちょっとしたクリスマスプレゼントを
買いたい時にも良さそうですね。


dusit thani bangkok01


お菓子でできた(たぶん)雪世界も。
フォトコンテストもやっていたので、お食事のついでに
のぞいてみるのもおすすめですよー。



デュシタニホテル
【Dusit Thani Bangkok】
Dusit Thani Bangkok 1F. 946 Rama IV Road Bangkok
02 200 9000
※MRTシーロム駅よりすぐ、BTSサラデーン駅より徒歩5分



大きな地図で見る

Posted on 08:31 [edit]

category: バンコク ホテル

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: デュシタニ  バンコク  ホテル  Dusit  Thani  Bangkok  Hotel  christmas 
tb: 0   cm: 0

デュシタニホテルのタイ料理店、ベンジャロン【BENJARONG, Dusit Thani Bangkok】  



ベンジャロン_バンコク12


新しくデンマーク人のシェフを迎え、
メニューを一新したデュシタニのタイ料理レストラン、
ベンジャロン
【BENJARONG, Dusit Thani Bangkok】


以前のトラディショナルなタイ料理の時→☆この時)
とてもおいしくて素敵なレストランだっただけに
リニューアル後もすごく気になっていたのですが、
やっと行ってきましたー!


ベンジャロン_バンコク13


内装は前の時とあんまり変わってなかったかな。

新しいシェフのモートン・ニールセン氏はロンドンのnahmや
コペンハーゲンのKiin Kiinなど、世界の星付きタイ料理店で
腕を磨いたバンコクのタイ料理界注目のシェフ!

今までの経験から、外国人タイ料理シェフの
料理は個人的に好みがぱっきり分かれてきたので、
今回はどうかなー、とドキドキでした……。


ベンジャロン_バンコク02

お昼に行ったのですが、ランチは2品650B、3品750Bのほか、
お店のシグネチャーが詰まった1700Bのコースも。

いろいろと迷った結果、アラカルトでオーダーしてみました。

上の写真はTasting Journey Trio 180B。
手前からイカのターメリック揚げ、ホタテとパパイヤの
ココナッツミルクソース、豚肉のトマトソースがけ。


素材の食感の生かし方と、タイ料理らしいパキッと
鮮やかな味付けのバランスが絶妙!
これから続くメニューへの期待度が高まる3品でした。


ベンジャロン_バンコク01

Aromatic Trio 130B。
こちらはトムヤム味のタロイモチップス、
蓮の茎を添えたナムプリックヌム(北タイの青唐辛子のディップ)、
チキンのサイウア(北タイのスパイシーなソーセージ)の3品。

これもおいしかったけど、もしどちらか選ぶなら
素材が良く手が込んでいてシェフのこだわりが感じられる
Tasting Journey Trio のほうがおすすめです。


ベンジャロン_バンコク17


そしてスープ!
まずは具材の入った器がテーブルに置かれ、
その後でスタッフがスープを注いでくれます。
テーブルで1品が完成する、タイ料理としては斬新なスタイル。



ベンジャロン_バンコク05


完成したトムカーガイ 260B。
具材を完璧な食感で味わうために食べる直前でスープを
注ぐそうなのですが、ひと口食べて納得!

ゆっくりと火を入れたチキンが本当に柔らかくて、
今までに食べた中で3本の指には入るくらい
味わい深く、上品なトムカーガイでしたよー。


ベンジャロン_バンコク04


トムヤムクン 340B。
これもテーブルでスープを入れてくれて完成します。

エビがですね、焼き色がかすかに付いていたので
ちょっと焼いているだと思うんだけど、
もうふわふわーーーなんですよ!
外側はふわふわで、中はぷりっと弾力がある。

シェフの食感への強いこだわりを感じられる一品です。



ベンジャロン_バンコク09


フォアグラのタマリンドソースがけ、
パイナップルフォーム添え 470B。

最近、タイ料理にフォアグラ使うお店が多いですよねー。
中華でも使ってるから、流行ってるのかな。

これは料理としてはおいしいんだけど、タイ料理的な
イメージが薄くて、あんまり印象に残らなかったです。

フォアグラを使ったタイ料理だと、最近食べた中では
Namsaah Bottling Trustのパッタイがおいしくて
印象に残ってます→こちら☆


ベンジャロン_バンコク08


そして、この日1番インパクトがあったのがこれ!
ゲーンキアオワーン シークロンヌアトゥン 470B。

72時間煮込んだビーフのリブを入れたグリーンカレー。
とにかく、リブの大きさが尋常ではなく……。

こんなに食べてて嘘でしょ!?と逆に驚かれるかも
しれないけど、女性2人で行ったので
このサイズを見た時には「終わった……!」と思いました笑

が、このお肉が本当に柔らかくて。
スプーンで骨からホロホロと崩せるくらい柔らかく
煮込まれていて、想像よりは重くない!

グリーンカレーも辛さと甘さのバランスが程よく、
ハーブの香りがスッと立った重くない味わいで
日本人女性の好みに合うんじゃないかな、と思います。
しかもアスパラまで入ってる具だくさん具合!

グリーンカレーにアスパラは初めての組み合わせだったのですが、
なかなか合う!と思いました。


ベンジャロン_バンコク06


またスープかけてますが……笑
ムーパロー 470B。


ベンジャロン_バンコク07


カナーが上にどーんと乗っているのでわかりにくいけど、
この豚肉もかなりの大きさです。

こちらの豚肉もとても柔らかく、脂のバランスもいい。
五香粉の香りが豚肉の甘味と旨みをしっかりと引き立てていて、
完成度の高い洗練した味わいのパローでした。


でも、2人でこれは明らかに頼み過ぎ!
普通の日本人女性なら、フォアグラとパローはなしでも
かなりお腹いっぱいになると思いますよー。

とか言いつつ、せっかくなのでデザートもいく。


ベンジャロン_バンコク11


ホーラパー(ホーリーバジル)のアイスクリーム、
パイナップルとソルティメレンゲ添え 210B。

ふわーっとバジルが香る爽やかなひと品。
デザートとして純粋においしいし、何よりタイ料理を食べ過ぎた
口と胃に優しい味わいです笑。


ベンジャロン_バンコク10

オレンジケーキとパッションフルーツのソルベ、
ココアクランブルとクリームチーズ添え 260B。

友人が選んだデザート。
少し味見させてもらったのだけど、
パッションフルーツのソルベの甘酸っぱ加減が絶妙だった。
さすが、デンマーク人(関係ないかな……?)!


ベンジャロン_バンコク14


この日は、偉い人風のランチ会をしていて、
シェフは1皿ごとに説明に行き、食べている様子を
常に眺めていて、キッチンと客席を行ったり来たり忙しそうでした。

タトゥーがババーーン!と入っていて体格のいい
ヨーロッパ人らしい風貌なんだけど、
ひとつひとつの食材の食感と味わいにとてもこだわった
繊細なタイ料理を作る人のようです。

今年はここベンジャロンと、前に紹介したOSHA→こちら☆
Siam Wisdom→こちら☆がタイ料理のニューウェーブとして
話題になることが多かったけど、個人的な好みとして
3軒の中ではここ、ベンジャロンのモートンシェフが作る
タイ料理が圧倒的に好きだなー。


3軒ともそれぞれに新しい解釈があって見せ方も面白いのだけど、
タイ料理が本来持つ魅力とおいしさをしっかりと踏襲しつつ、
今までのどのタイ料理店とも似ていない手法を見せているところに
シェフの揺るぎない実力の高さを感じられて、
これからの展開もすごく楽しみです!


ベンジャロン_バンコク15


個室もありましたよー。


外国人シェフのタイ料理店も増えてきたバンコク。
わたしもnahm→☆をはじめ、Kiin Kiin→☆
Bo.lan→☆Chon Thai→☆などなど行きましたが、
やっぱり1番好きなのは、ザ・タイ料理なベーシックを
大切にしているnahmかな。

でも、ベンジャロンもかなり気に入ったので、
近々また行って、違う料理も食べてみたいです!


ベンジャロン_バンコク16



かなーーりお腹いっぱいになって、おいしくて
とっても楽しいランチでしたー。
が、お会計は2人で4500B弱……。

別にタイ料理ライターじゃないし、そんなにいろいろ
食べなくてもいいわー笑という場合は、
ランチならコースのほうがお得かもしれないですね♩

長くなりましたが、アクセスもいいし
とってもおいしいので、タイ料理好きな方は
ぜひ行ってみてくださいねー!



ベンジャロン@デュシタニホテル
【BENJARONG, Dusit Thani Bangkok】
Dusit Thani Bangkok 1F. 946 Rama IV Road Bangkok
02 200 9000 ext. 2699
11:30~14:00、18:00PM~22:00
休みなし
※MRTシーロム駅よりすぐ、BTSサラデーン駅より徒歩5分



大きな地図で見る









Posted on 19:25 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: ベンジャロン  デュシタニ  バンコク  タイ料理  BENJARONG  Dusitthani  Bangkok 
tb: 0   cm: 2

超LIFEの奇跡とムルギーのカレー【渋谷シネクイント】  



超LIFE03


先日のこと。
渋谷シネクイントで1週間だけレイトショー上映されていた
LIFE発売20周年記念DVDの先行上映会に行ってきましたー。


高校生の時、お昼休みの放送で聞いて以来
自分のなかにずっとあった音楽。

わたしは女子校で、高校のお昼の放送は放送部員の趣味が
思いっきり反映されていて、担当の子によって月曜日はB'zとかそういうの、
火曜日はBackstreet Boys系、水曜日はGuns N' Rosesとかの激しいの、
木曜日はスウェーデン系……みたいな感じで自由極まりなかったのだけど、
その中の1人がよくフリッパーズをかけていたのでした。

あの頃の教室に響く音の感じも、ビルの隙間から差す
日差しの角度も、女の子たちだけで過ごす午後のけだるい
空気感も、今でも全部覚えています。

思えばあれから20年以上……。
今でも変わらず自分の中になり続けている唯一の音楽で
よく飽きずにずっと聞いてられるなー、
と自分でも呆れるくらい好きなのです。


超LIFE01


というわけで、何の迷いもなく先行上映会に出かけた日曜日。
大画面&爆音で観るLIFEの世界は本当に心にずんずん響いていて、
作品の完成度はもちろんのこと、ものを作る時に人が持つべき心構えとか
気概とか、そういうものの大切さを改めて思ったり、
今までの自分の20年間もちょっと思ったり。


で、上映が終わって「ふー、早くDVD欲しいなー」なんて思ってたら、
なんと客席後方からDVDの監督、タケイグッドマン氏と本人が!!!!!

ほんの5分か10分くらいだったと思うのだけど、
超LIFEについて、本人の口からいろいろを聞くことができたのでした。

たぶん好きな人以外にとっては「だから?」だと思うんですけど、
ファンにとってはまさに奇跡の瞬間!
だって、NYに住んでるし、普段ほとんど表立って活動していないし
渋谷の映画館にふらっと本人が現れるとか……。もう言葉にならない!

というわけで、嬉し過ぎたのでブログに書いてみましたー。
タイ料理とまったく関係なくて、
つまらなかったらスミマセンでしたー。


超LIFE02

で、その翌日。
自分的な記念日を祝して、ムルギーでカレーを。

かつて、たくさんのミュージシャンに愛されたムルギーのカレー。
食べてみたいとは思いつつ、最近までカレーがちょっと苦手だったので
何百回と前を通っているのにも関わらず、今まで行かなかったのです。
もちろん、おいしかったよー。

そんな感じで確実に暮れていく2014年。
あぁ、やっぱり神様はいるのねーと幸せに浸っている笑
今日この頃です。




Posted on 16:37 [edit]

category: 東京 雑記

thread: 日々のつれづれ - janre: 日記

tag: 超LIFE  ムルギー  渋谷  カレー 
tb: 0   cm: 2

HONG BAO 紅包【香港系中華料理, スクンビットソイ39】  



hongbao紅包_bangkok08


日本からお世話になっている先輩が来タイ!
ちょっと豪華なごはんを食べよー、ということで
スクンビットソイ39にある香港系中華レストラン、
HONG BAO【紅包】
に行ってみましたー。


hongbao紅包_bangkok06


こちら、中華系タイ人ファミリーにも人気のレストラン。
バンコクにいくつか店舗があるみたいです。

店内に入る時、ちょっとSF映画みたいなエレベーターを使ったり、
1テーブルにつき、2〜3名のスタッフが常に警戒態勢wで
目を配っていてくれたり、なんとなくゴージャス感があります。


hongbao紅包_bangkok04


まずは飲茶をいくつか。
エビシューマイとか、普通の小籠包とか、いろいろ頼んだのだけど、
わたしが1番食べてみたかったのはこれ↑

なんと、フォアグラ入りの小籠包です笑!
バブルなバンコクを象徴するような一品。

口に近づけた時点でトリュフの香りがふわーっと広がって、
まるでフレンチを食べているような小籠包でしたー。
フォアグラ好きなので、気に入った。また食べたい!


hongbao紅包_bangkok03


日本人的にはずせない麻婆豆腐。
ほかにブロッコリー炒めとか、いろいろ食べたけど
どれも平均的においしかったです。


hongbao紅包_bangkok02

そして、バンコクの中華でおもてなしといえば、
はずせないのが北京ダック。

まずは写真用に、どーんとテーブルに運んでくれました。


hongbao紅包_bangkok05


その後、テーブルの横でさばいて完成。
脂がのった、ジューシィでおいしい北京ダックでした。
皮は少し厚めかな。野菜のカットが上品でいい感じ。

中身は胡椒炒めと唐辛子炒め(2品めは+100B)に
してもらったのだけど、
身も臭みがまったくなく、柔らかくて美味。


hongbao紅包_bangkok01


もちろん、こちらの名物点心、やけどしそうに
トロトロのカスタード饅もいただきました。
真っ黄色の餡がとろーっと流れ出て来るところ、
写真撮るの忘れちゃった。

写真はこれだけだけど、食べ盛りの若者もいたので
店員さんに「もう十分過ぎます」と
止められるほどオーダーしたのですが、
それでも5人で4000Bちょっとでした。

この雰囲気で、北京ダック1200Bならお得かな、と思いますよー。
店員さんも、みんな親切で優しかったです♩


hongbao紅包_bangkok07



HONG BAO 紅包
【香港系中華料理, スクンビットソイ39】
104 Sukhumvit Soi 39Rd., Bangkok
02-662-3565
11:30〜14:30、18:00〜21:30(L.O.)
土日 11:00〜21:30(L.O.)
休みなし
Facebook
※BTSプロンポン駅よりタクシーで約5分。
スクンビットよりソイ39に入り直進、イタリア料理L'Operaの角を左折、
39 Boulevard (39 ブールバード) の向い側にあります。



大きな地図で見る

Posted on 08:09 [edit]

category: バンコク その他料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: HONGBAO  紅包  soi39  bangkok  スクンビット39  バンコク  中華 
tb: 0   cm: 0

THE MASTER【タイ映画, HOUSE RAMA RCA】  


THE MASTER_タイ映画06



東京国際映画祭でナワポン・タムロンラタナリット監督の
『36のシーン』を観た時→☆
上映後の質疑応答で監督が話していた最新作、
『THE MASTER』
がちょうどバンコクで上映されていたので観てきましたー。


だいたいの内容は映画祭の時に監督が話してくれていて、その時点で
「なにそれ、絶対観たい!!!」と興味津々だったのだけど、
実際は期待以上の素晴らしい作品で……。


ざっくり言うと、今や伝説となった違法コピービデオ屋さんに
ついてのインタビュー形式のドキュメンタリーです。


インタビュイーは、かつてはその店の常連で
今ではタイ映画界を支える存在となった有名監督や翻訳家、評論家たち。
彼らが一様に語るのはそのコピービデオ屋、ウェンさんの店が
あったからこそ、今の自分があり、タイ映画界がある、ということ。


コピーだからもちろん違法なんだけど、
タイの映画界が世界的に高い評価を得るまでに成長する過程で、
ウェンさんのお店の存在はすごく重要だったんだな。
と、外国人のわたしにもわかるくらい、
ウェンさんのお店が果たした役割は大きかったみたいです。


1軒のコピービデオ屋が現在のタイ映画界を育てた、という
嘘みたいな真実のストーリーがそこにはあって。
純粋な情熱が支えるもの、生み出すものの偉大さを
ばーんと突きつけられた気がしました。

善悪は法律ではかれるものじゃない、ということとか
いろいろ考えさせられる面もあったんだけど、
ほんとにこの人たち、映画が好きなんだなー、と思えて
微笑ましくてかわいくもありました。

みんながウェンさんのお店で買っていた映画って
どれも日本では普通に観られたのばっかりだったので
当時の日本とタイの映画環境の違いを感じたり。

高校生や大学生の頃にミニシアターに通って観ていた
懐かしいタイトルや監督の名前がたくさん出てきて、
それも映画好きには楽しいと思います♩

それにしても、あれもこれもコピービデオでしか観られなかったのに、
素晴らしい映画をたくさん生んでいるタイの映画界はすごいなー。

『36のシーン』も思ったけど、
ほんとーーに観てよかった!
ぎゅーんと心をつかまれる、すてきな1本でしたよー。
すっかり、ナワポン監督のファンになりました。

ひとつ希望を言うとすれば、わからない部分もあったので
日本語字幕付きでもう1回観たい笑!
来年の東京国際映画祭でやるかな、とも思ったけど
本当はもっと早く字幕付きで観たいですー。


THE MASTER_タイ映画03

ちなみに、上映しているのはRCA PLAZAの3階にある
HOUSEという映画館。

この映画のなかには、HOUSEのオーナーさんたちも
登場します。


THE MASTER_タイ映画01

イヴサンローランもやってます。
わたしは飛行機の中で観ましたー。
主演の彼が、とにかく美しいのひと言。
個人的にはそこに尽きました!


10013093_784309398255413_200434991_n.jpg


ちなみにこれは、3月にロンドンで見かけた
同じ映画のポスター。
この時から絶対観ようと思ってたのに
結局は飛行機の中で観てしまった。


THE MASTER_タイ映画04


映画館は3階にあるので、エスカレーターかエレベーターで
上がれます。
館内にもカフェがあるし、目の前にスタバもあるので
ちょっと早めに行ってもお茶はできますよー。


THE MASTER_タイ映画05



HOUSE RAMA RCA
Facebook
↑上映時間はここで確認できます。



大きな地図で見る


Posted on 16:48 [edit]

category: タイ雑記

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: TH  MASTER  タイ映画  ナワポン監督  Nawapol  Thamrongrattanarit 
tb: 0   cm: 0

Rexa Coffee Hall 【REX HOTELのレストラン, バンコク】  



REX HOTEL_bangkok07


スクンビットの偶数側、
BTSプロンポン駅とトンロー駅の間に、もうずーっと前からある
REX HOTELのレストラン
Rexa Coffee Hall
に久々に行ってきましたー。


REX HOTEL_bangkok05


ホテルのレストラン、と聞いて想像するのとは
たぶんちょっと違う、コーヒーダイナー風の寂れた店内。

最近、まったく夜出かけなくなったので
久しく行っていなかったのですが、
よくお酒を飲んでいた頃は、夜遊びの帰りに時々寄って
おしゃべりしたり、お粥を食べたりしていた
若かりし頃の笑、思い出のレストランです♩


REX HOTEL_bangkok06


なんと言っても、魅力は24時間営業なのと
メニューが多いところ。

ホテルなので洋食もありますが、おすすめは
お粥とそれに合う味濃いめな中華系タイ料理のおかずの数々。


REX HOTEL_bangkok02


こちらはタオフーパロー(豆腐の五香粉煮込み)と、
パットマラカイ(ゴーヤと玉子の炒めもの)、
パットムーナムリアップ(豚肉とオリーブの炒めもの)です。

1番上の写真のお魚はプラーインシートート(さわら揚げ)。

どれも定番メニューで特別なものではないのだけど、
程よい味付けでお粥が進むおいしさ!


REX HOTEL_bangkok04


はじめて食べた、ゲーンリアンも
具だくさんでおいしかったです。

なんというか、絶品ではないのだけど
安心して食べられるご近所の食堂的存在というか……。

昔からあって、行くと少し郷愁を感じる、
日本食でいうとキッチン新潟みたいな存在のレストランが
わたしにとってはここなんです!
↑意味不明だと思うけどね。。

それでですね、夜遊びしたわけでもないのに
なぜ突然思い出してここに行ったのかというと、
REX HOTELが年内で閉館するという噂を聞いたからで……。

でも、タイのネット上の噂でチラッと読んだだけで
お腹いっぱいになったらホテルの人に確認するのを
すっかり忘れて普通に帰ってきてしまったので、
本当かどうかはまだわからず……。

もし本当だったら、今月中にもう1回くらいは
行っておきたいなー。
真相を知っている方がいたら、教えてくださいー!


REX HOTEL_bangkok01


見慣れたこの光景が消えてしまうのは、
少し寂しいです……。


Rexa Coffee Hall
REX HOTEL BANGKOK 1F
02-259-0106-15
24時間営業
http://www.rexhotelbangkok.com/
※BTSプロンポン駅とトンロー駅の間の偶数側、
ソイ49の向い側です。



大きな地図で見る






Posted on 01:47 [edit]

category: バンコク タイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: REX  HOTEL  BANGKOK  Rexa  coffee  hall  バンコク  タイ料理 
tb: 0   cm: 0

わたしのマーガレット展【森アーツセンターギャラリー, 六本木ヒルズ】  


わたしのマーガレット展02



秋から冬にかけて、魅力的な展示やイベントが
盛りだくさんな東京ですが、
なかでも個人的に逃してはいけない!と思っていたのが
わたしのマーガレット展
~マーガレット・別冊マーガレット少女まんがの半世紀~
です。


そのまんま、マーガレットの50周年を記念したイベント。
創刊時から今まで、少女まんがの世界を牽引してきた
マーガレットのすべてをぎゅーっと詰めたなんとも贅沢な空間でしたー!


もうとっくに終わっているのだけど、とにかく感動しまくったので
自分の記念的にブログ投稿。
ここから先、興味のない人にとってはこの上なく退屈だと思うので、スルーしていただけるとありがたいです笑。


とにかく少女まんが好きで、小学校3年生から今まで
海外に住んでいた時期を除き、ずっと別冊マーガレットを
愛読しているわたし(笑ってもいいですよー)。

大学を卒業するまでは家族の影響もあり、
少女まんがのほかに少年まんが、青年まんがも読んでいたのですが
大人になってからは少女まんが一筋です!


わたしのマーガレット展01


創刊時の貴重な原稿や大人気まんがの知られざるエピソード、
珠玉のセリフや場面、モノローグの数々、現役の先生たちが
巨大なガラス面にイラストを書き下ろした屏風などなど、
あれもこれも満載で楽しくてかわいくて、とても感動的な空間!

ツンデレマーガレット男子のルーツとか、
アオハライドの意味とか、いろんなことがわかって
勉強にもなりました。

来ている人の99%は女性だったんだけど、
小学生くらいの女の子から60代以上と思えるおばさままで、
年齢層が幅広くて、でも、誰もがキラキラした目で
ニコニコしながら展示を楽しんでいるのがすごく印象的でした。
親子で来ている人が多かったのも、微笑ましかったなー。
しかも、平日の午前中なのにすごい人!

ちなみにわたしが中学生の頃から今まで、
1番好きなのはいくえみ綾のまんが。
ヤンキー系とスポ根系は苦手分野です笑。


わたしのマーガレット展03
↑等身大?のオスカルとアンドレ。ほ、細長い。


50年前に素晴らしい先達がいて、彼らを支えた編集者たちが
いたからこそ、今の日本のまんが界の発展と洗練がある、という
当たり前のことを改めてしっかりと認識できたのも良かったかも。

始めることの難しさと続けることの偉大さを目の当たりにして、
ぬるま湯につかって暮らしている今の自分には
ちょっと眩し過ぎる部分もあったのだけど、
素晴らしい文化を持つ国に生まれて幸せだなー、とも思いました。

帰りには、一緒に行ったTT☆YのMさんと
オリジナルグッズをたくさん購入。
なんだか想像以上に満たされた秋の日でしたよー笑



わたしのマーガレット展
~マーガレット・別冊マーガレット少女まんがの半世紀~

http://my-margaret.jp/
※東京での展示は終了。

Posted on 16:31 [edit]

category: 東京 雑記

thread: 芸術・心・癒し - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

THE ATLANTA HOTELのレストラン【タイ料理, スクンビットソイ2】  



THEATLANTA_BANGKOK03.jpg


もう1年以上前のことですが、友人のAさんから
「スクンビットソイ2の奥に
ホテルの宿泊客しか利用できないレストランがある」
という噂を聞いていまして……。

「えー、ナニソレ。タイ料理ライター的に気になる~笑」
と思っていたら、その数週間後、偶然にも
TT☆YのMさんがバンコク滞在中に
そのホテルに泊まる、とのことで、
図々しくもお邪魔させていただきました! 
タナボタラッキー☆


スクンビットソイ2の終点近くに佇む小さなホテル、
THE ATLANTAのレストラン
ですー。


THEATLANTA_BANGKOK02.jpg


噂通り、レストランの前にはこんな立て看板が!

こちらのホテル、とても小さく目立たない地味なところなのですが
欧米の作家やアーティスト、映画、舞台関係者などに
人気のホテルらしいです。たぶん、隠れ家的な……?

1年前なのでうろ覚えなのだけど、確か小さな書斎などもあって、
館内には古い家具やインテリアが置かれていて、
プールサイドは緑に囲まれていて。
タイムスリップしたような、不思議な雰囲気のホテルでしたー。


THEATLANTA_BANGKOK04.jpg


レストランはレトロな雰囲気。
ベジタリアンフードや、1950年代の西洋料理を
イメージしたリバイバルメニューなどもあるそう。面白い!


THEATLANTA_BANGKOK05.jpg


とりあえず、シンハーで乾杯!
わたし、たまーーにしかお酒を飲まないことにしているので
たまにビールとかシャンパンとかいい感じのワインとか飲むと
本当においしくておいしくて、おかしくなりそうです……笑


THEATLANTA_BANGKOK07.jpg


洋食も気になったけど、やはりタイ料理を。
トムカーガイ。
キャベツがいっぱい入っていました。
珍しいけど、野菜好きの日本人女性には嬉しいですね。


THEATLANTA_BANGKOK08.jpg

ヤムポンラマイ(フルーツのスパイシーサラダ)70Bと
マッサマン 95B。

マッサマンも野菜がたくさん入ってた!
西洋人の宿泊客の好みに合わせて、ヘルシーで辛すぎない
料理を意識しているのかもしれないですね。


THEATLANTA_BANGKOK06.jpg


パットプリックキン 90B。
いんげんと豚肉を唐辛子とショウガと炒めたピリ辛料理。

わたし、このメニューが大好きで、アハーンタムサン(注文食堂)に
行くと、かなりの確率でオーダーしています。
ごはんが進む、すすむーー!


去年の値段なので少し変わってるかもしれないけど、
良心的な値段設定だなー、と思いました。

宿泊客しか行けないのであまり参考にならないかもしれないけど、
わたしのように日本から来た友人がたまたまこのホテルに
泊まっていたら、記念に行ってみるのもいいかと思います。


THEATLANTA_BANGKOK01.jpg



THE ATLANTA HOTEL
78 Soi 2 Sukhumvit Road, Bangkok
(+ 66-2) 252 6069
HP




Posted on 08:59 [edit]

category: バンコク タイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: THE  ATLANTA  HOTEL  bangkok  AH!  アトランタホテル  バンコク  レストラン 
tb: 0   cm: 0

Plearnwan Coffeeでカイガタ【カフェ, トンローソイ13】  



plearnwan_thonglor01.jpg



いよいよ12月も半ば、ということで
SDカードとiPhoneの中にある写真をどんどん整理して
ブログに載せていこうと思ってるのだけど、
1年以上前の写真とかザラにあって、アップしようかどうしようか迷ったり、
迷ってる間にアップしちゃえ、と思ったりしています。


というわけで、こちらもオープン直後に行ったので
たぶん行ったのはもう1年以上前かも……なカフェ、
Plearnwan Coffee
【プルンワーン コーヒー】
です。


トンローソイ13にあるお店。ホアヒンにある
人気カフェのバンコク1号店だそうです。

それはさておき、開店したばかりの頃にここにわざわざ
行ったのは、これが食べたかったから。

plearnwan_thonglor03.jpg


カイガタ!
名前のまんま、フライパンにひき肉などが入った
目玉焼きが乗っていて、さらにトーストとソーセージが添えられ、
マギーをかけて食べるイサーンの定番朝食。

その昔、ノーンカイなどなど、イサーンの街角で
何度も食べた懐かしの朝ごはん。

もう何年もイサーンに行っていないので、ネットでこの写真を見て
なんだかめちゃめちゃ恋しくなり、
夜なのにカイガタを食べに行ったのです!

基本目玉焼きなのでそんなに絶品!というわけではないのだけど
疑似ノスタルジーを追いかけた感じ。

そして、肝心のこのお店のカイガタ。
悪くないのだけど、玉子もトーストも豚肉も
質が良くて、洗練されている感じがちょっと違う笑!

目玉焼きはもっと下がカリッとしてて、トーストは
うっすくてカリカリで、とことんチープなのが
カイガタの魅力なのではないか……と大都会、バンコクで気づきました。


plearnwan_thonglor02.jpg


そんな感じであれ以来カイガタを食べたくなることもなく、
このお店には1回しか行っていないのですが、
お店もきれいで店員さんも親切で、居心地のいいカフェでしたよー。


plearnwan_thonglor05.jpg



Plearnwan Coffee
【プルンワーン コーヒー】
219/20 Civic Park, Soi Thonglor soi 13, Sukhumvit soi55 Rd, Bangkok
027128580
8:00-21:00、土日8:00-22:00
※トンロー通りよりソイ13に入り直進、右手側にある
Civic Parkというコンドミニアムの1階にあります。
Facebook



Posted on 01:10 [edit]

category: バンコク カフェ

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: Plearnwan  Coffee  bangkok  トンロー13  プラーンワンコーヒー 
tb: 0   cm: 0

Serendib Tearoomのクリスマスクッキー【セレンディブ, Sukhumvit Soi23】  



IMG_2305.jpg


先日お知らせした、センレンディブの
クリスマスマルシェで買ったクッキー。

写真はメレンゲココ。
口に入れるとふわっと甘さが広がって、
ホロホロホロッ〜と崩れるように溶けていって、
すっごーーくおいしいです♡

写真はないのだけど、サクサク食感でツリーなどの形が
かわいいジンジャークッキーも、マカロン生地に
チョコチップやナッツが入ったザクザク食感のクッキーも、
3種類とも全部おいしかった!

クッキーもシュトーレン(もちろん買いましたよ!)も、
クリスマスイベントの日だけではなく、この後もお店で買えるそうです。

パッケージもかわいいので、クリスマスのプチギフトに
おすすめですよー!

わたしも日本でクリスマス前後に会う友人への
お土産にしようと思ってたくさん買ったのだけど、
自分でいくつか食べちゃったので、また買い足しに行こうかな、
と考え中。

イベントの日に売り切れていて食べられなかった
キッシュも恋しいので、今月バンコクにいる間に行けたらいいな。


※セレンディブのfacebook→☆でも、
クッキー紹介されています。


Serendib Tearoom
(セレンディブ ティールーム)
120/24 Soi23 Sukhumvit Rd., Bangkok
+66 2 115 2144
11:00-19:00
休みなし
Facebook
mapはこちら→☆






Posted on 22:33 [edit]

category: バンコク カフェ

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: セレンディブ  クリスマスクッキーバンコク  カフェ 
tb: 0   cm: 0

クリスマスマルシェ@Serendib Tearoom×フランスと世界の雑貨 Darun【スクンビットソイ23】  



クリスマスマルシェ のコピー


今日はもうすぐバンコクで開催されるすてきな
クリスマスイベントのお知らせですー。

12月9日にスクンビットソイ23のSerendib Tearoomで
クリスマスマルシェ
Serendib Tearoom×フランスと世界の雑貨 Darun
が開催されます!


テーマは南国で過ごすヨーロッパのクリスマス!
とのことで、わくわく。


IMG_0891.jpg


セレンディブさんは写真のシュトーレンのほかに、
クリスマスのプチギフトとしてもおすすめの
クッキーや紅茶を販売するそうです!

何を隠そう、セレンディブのお菓子の大ファンのわたし。
シュトーレンは自宅用とプレゼント用、2本欲しい……という
野望を抱いております♡

あ!もちろん、数が少なかったらちゃんと自重しますよ笑、
大人ですから!


写真 2


そして、フランスと世界の雑貨 Darunkからはクリスマスに
ぴったりのキャンドルホルダーやイヤープレートが販売されるそうです。

イヤープレート、夢があっていいですよねー。
家族全員の分を集めている、とか聞くと心がほっこりします♡
わたしも一昨年くらいから欲しいデザインがあって探しているのですが、
まだ自分の生まれ年のが見つからない……。


写真


ARABIAのルイージャもどーんと出る予定だそう。
バンコクでこんなの売ってるの、見たことない!
北欧雑貨好きにはたまらないですよね……!!!


販売予定商品の詳細は、こちらのブログ→☆
でたくさん紹介されているので、気になる方はチェック、チェック!


気づけば、もうクリスマスまであと20日を切っているという……。
ということは、今年もあとわずかですね。。

今年中にブログに書きたい!と思ってることが
たぶん30個くらいあるので笑、きっと来年に持ち越される
ことでしょう……。そして、そのうちの18個くらいは
お蔵入りになるかと思います……笑!


******************************************************************************

クリスマスマルシェ~Marché de Noël~
『バンコクで楽しむ、ヨーロッパのクリスマス』

■date■
9/Dec./2014
11:00~17:00

■place■
Serendib tearoom 2F
120/24 Soi23 Sukhumvit Rd., Bangkok
02 115 2144
https://ja-jp.facebook.com/Serendibtearoom

■イベントの詳細/問い合わせ■
※当イベントに関するお問い合わせは、
info@darun.jpまでお願いします。

******************************************************************************

南国で過ごすクリスマスを、ほんの少しヨーロッパ色に染めてくれる
お菓子やお茶、アンティーク雑貨を集めた小さなマルシェです。

丁寧に作ったシュトーレンやクッキー、
そしてセレンディブがおすすめするクリスマスブレンドの紅茶は、
プレゼントにもぴったり。

Darunからは、お部屋をクリスマス色にしてくれる
北欧のビンテージガラスのキャンドルスタンドを中心に、
北欧ブランドのイヤープレート、
自分や大切な人へのクリスマスプレゼントに
贈りたいビンテージのアラビアコレクションなどが登場します。


it's a tiny little christmas market take place
at the second floor of Serendib Tearoom.

this is an collaboration event with Darun -antique european zakka -
and Serendib Tearoom along the theme
'' good old Christmas in Tropical land " !!

this little market aiming to bring a christmas atmosphere
to your room, or to meet perfect gift for your loved one.

you will find antique christmas plates,
glass work candle holder
from north europe (by Darun) ,
and also the christmas cookies, Stollen,
christmas tea (Serendib Tearoom)

this is only one day event
please don't miss it !


クリスマスマルシェ
Serendib Tearoom×フランスと世界の雑貨 Darun

http://darunzakka.exblog.jp/





Posted on 00:42 [edit]

category: タイ関係ニュース

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: クリスマスマルシェ  Serendib  Tearoom  セレンディブ  ティールーム  soi23  bangkok  cafe 
tb: 0   cm: 0

CRUMB ice cream【クラム アイスクリーム, Central Embassy】  



CRUMB bangkok03


セントラルエンバシーにあるお気に入りのアイスクリームカフェ、
CRUMB ice cream
【クラム アイスクリーム, Central Embassy】。


CRUMB bangkok01


とくに、ハニーコムのアイスがお気に入り!
(激甘注意!ですが……)

詳細は総合旅行情報サイト、トラベルコちゃんの
海外現地クチコミページでご紹介しているので、
ぜひチェックしてみてくださいね。

■CRUMB ice cream/詳細はこちら→☆


CRUMB bangkok02


タイ人に大人気のアイスクリームカフェですよー!



Posted on 23:02 [edit]

category: バンコク カフェ

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: CRUMB  centralembassy  bangkok  クラム  エンバシー  バンコク 
tb: 0   cm: 0

タイ料理研究所【タイ料理店/駒場東大前】  



駒場タイ料理研究所05



店名からしてかなり気になっていた駒場のタイ料理店、
タイ料理研究所
にやっと行けましたー。

どこかでチラッと読んだだけなのでうろ覚えですが、
クルンサイアムのセントラルキッチンだった場所、との
ことだったような……。

今は普通にタイ料理レストランとして営業しているみたいです!


駒場タイ料理研究所03


かわいらしい小さなお店。
シェフの働く姿がよく見える、オープンキッチンがいい感じ。
オープンキッチンのお店が好きなのです。


駒場タイ料理研究所01

ランチセットの生春巻き。
この日はTT☆YのMさんとランチでした。

このお店、うちからは徒歩で行けるほど近いのだけど、
なかなか不便な場所にあり。。
わざわざ来ていただき、恐縮です……!


駒場タイ料理研究所04


ランチセットのなかから、センレックナームを。

本当は雑誌に載っていたグリーンカレーが食べたかったのだけど、
この日は夜もタイ料理の予定が入っていて。
あんまり濃いのを食べちゃうと次が辛いかも、
と思いこれにしてしましたー。

寒かったので、温まってよかったです。
今年中に、グリーンカレー食べに行きたい!


駒場タイ料理研究所02


ご近所の人たちに重宝されている感じが
なんとも微笑ましいお店でした。

またゆっくり行きたいなー。


タイ料理研究所
【タイ料理店/駒場東大前】
http://www.sscy.co.jp/index.html


Posted on 08:17 [edit]

category: 東京 タイ料理

thread: エスニック料理 - janre: グルメ

tag: タイ料理  駒場  タイ料理研究所  タイ料理店  東京  クルンサイアム 
tb: 0   cm: 0

クルア・ナムプリック ヌムさんのタイキッチン【自由が丘/タイ料理店】  



クルアナムプリック01


確か、夏の頃のお話なのですが……汗、
自由が丘にあるタイ料理レストラン、
クルア・ナムプリック
ヌムさんのタイキッチン
に行ってきましたー。

こちらは、タイ料理への熱い心を持つ日本人シェフ、
矢田さんのお店。

以前、『タイの台所新聞』でインタビューをさせていただいたので
その時の記事はこちら→☆
矢田さんのタイ料理への思いはこちらで読んでみてくださいね。

この日は、元バンコク在住野菜ソムリエの
美女妻グループに混ぜていただき、
気になるランチメニューをみんなでシェアしていただきました。
※美女とか言ってさー、どうせたいしたことないんでしょwと
思うかもしれないけど、本当にビックリするくらい美女揃いなんですよ、
元バンコク野菜ソムリエ妻チーム! 


サラダはおしゃれなバーニャカウダ風!


クルアナムプリック03

まずは、このお店の1番人気だというグリーンカレーを。
ペーストを1からお店で作っているという
こだわりの一品です。

まろやかで香りのいい、グリーンカレー。
胃に重くない、上品な味わいでした!


クルアナムプリック02

そして、日替わり(だったかな)のゲーンソム。
こちらもペーストから手作りしているそうです。

この日はなかったのだけど、
曜日限定の手作りマッサマンなどもあるらしいので、
また食べに行きたいなー。


クルアナムプリック04




クルア・ナムプリック
ヌムさんのタイキッチン

【自由が丘/タイ料理店】
Facebook




Posted on 08:41 [edit]

category: 東京 タイ料理

thread: エスニック料理 - janre: グルメ

tag: クルアナムプリック  自由が丘  東京  タイ料理店  タイ料理  グリーンカレー 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示