タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

DECO BAR & BISTRO @ THE SIAM HOTEL, Bangkok  




DECO BAR BISTRO01


チェックインからチェックアウトまでホテルで、
と思っていたので、夕食はホテル内のレストラン
DECO BAR & BISTRO
(デコバー&ビストロ)
を予約していただきました。

DECO BAR BISTRO07

DECO BAR BISTRO03
DECO BAR BISTRO04


よく考えずに、気になるものを好き勝手オーダーしたら、
意外とボリュームがあったかもー。


DECO BAR BISTRO06
DECO BAR BISTRO05

正直、かなり前なので味は忘れちゃいましたー。あはは。
ただ、記憶にないのですっごくおいしかったわけでも、
すっごくまずかったわけでもないと思います。

私は以前、Chon Thaiに行ったことがあったので(これ☆これ☆
今回はこちらにしたのだけど、ホテル内で食事をするなら
タイ料理のChon Thaiのほうがいいかなー、と思います。


DECO BAR BISTRO02


レストランの中、私たち以外に誰もいなかったからか、
すっごーーく寒かったです笑


DECO BAR BISTRO08

DECO BAR BISTRO09


夜のグリーンもいい感じ。



DECO BAR & BISTRO
(デコバー&ビストロ)
THE SIAM Hotel,Bangkok
02-206-6999
info@thesiamhotel.com
※電話、またはメールで予約してからお出かけを。
http://www.thesiamhotel.com/





Posted on 08:02 [edit]

category: バンコク その他料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: DECOBAR&BISTRO  デコバー&ビストロ  THESIAMHOTEL  ザサイアム  バンコク  レストラン 
tb: 0   cm: 0

THE SIAM HOTEL, Bangkokに宿泊 3【ザ サイアム/バンコク ホテル】  



THE SIAM28


Opium Spaで施術を受ける前に、
ホテル内をぶらぶらお散歩してみましたー。


THE SIAM27

こちら一番豪華なヴィラルーム。
普通のヴィラは中を見せていただいたことが
あるのですが(こちら☆)、
ここは見たことないー。泊まれることもないだろうし、
きっとずっと謎のままだわ……w


THE SIAM23


ビリヤード台も。
なんだか昔の中国映画の舞台のような雰囲気です。
もちろん、へっぴり腰でポンポン球を打っておきましたよー。


THE SIAM26


アンティーク使いの惜しげのなさが想像以上。
古いものが好きな方には、とてもおすすめのホテルです。


THE SIAM25
THE SIAM24

ジムにはムエタイリングも!


THE SIAM31


ジムの入り口には、古いムエタイ関係グッズも
展示してあります。
集めている古い物のジャンルが幅広過ぎ!


THE SIAM29


ホワイト×ブラックのシックな色合いの合間に
見え隠れする鮮やかな緑が南国らしくてたまらない。
そして、あちこちに飾られたアンティーク……。
もう、完璧なんです。いろいろと。


THE SIAM230


今回の写真はすべて携帯ですが、前にカメラで撮った写真も紹介しているので、
よければこちら(→☆)からも館内の様子を見てみてくださいねー。




THE SIAM Hotel,Bangkok
02-206-6999
info@thesiamhotel.com
http://www.thesiamhotel.com/






Posted on 08:30 [edit]

category: バンコク ホテル

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: THESIAMHotel  bangkok  バンコク  ザサイアム  バンコクホテル 
tb: 0   cm: 0

ジャコメッティ展@東京大学駒場博物館  






近いからいつでも行ける、と思っていた
東京大学駒場博物館特別展
《終わりなきパリ》、そしてポエジー
アルベルト・ジャコメッティとパリの版画展。

気づけば明日まで!ということで
急いで行ってきましたー。





雨上がりの東大駒場博物館。
ジャコメッティの最晩年のリトグラフ、
《終わりなきパリ》の連作が、
同世代の詩人たちとの言葉とともに展示されています。

そのほか、マネ、ゴーギャン、モロー、
ダリなどの小品、コルビュジェのリトグラフ、
そして今井俊満、黒田アキなど戦後パリに住んだ
日本人アーティストの作品も。


作品が素晴らしいのはもちろん、
見せ方も興味深く美しく。
期待以上の時間を過ごすことができました。




大学の博物館だからか、入館は無料。
明日で終わりだし、土曜日だし混んでるかもー。
と思ったけど、館内はガラガラでゆっくり見られました。





遅いよっ!って感じだとは思いますが、
明日もやっているので興味のある方はぜひ。


東京大学駒場博物館特別展
《終わりなきパリ》、そしてポエジー
アルベルト・ジャコメッティとパリの版画展
http://museum.c.u-tokyo.ac.jp/exihibition.html#Paris



Posted on 18:50 [edit]

category: 東京 雑記

tb: 0   cm: 0

Opium Spa @ THE SIAM HOTEL, Bangkok【ザ サイアム/スパ/バンコク ホテル】  

THE SIAM22
THE SIAM24


THE SIAM宿泊日記の続きです。

アフタヌーンティの後、
ちょっとお休みしてから念願のスパへ!

上の写真は、スパのレセプションコーナー。

Opium Spa by Sodashi

オーストラリアのラグジュアリー系
オーガニックコスメ、Sodashiを使った
トリートメントが受けられます。

Sodashiは日本未発売ながら、ドバイなどの
高級ホテルスパで使われていることで知られる
オーガニックブランド。

天然100%の贅沢な成分から作られ、使った人の80%が
リピートする、という話を聞いていた憧れコスメだったので、
バンコクで体験できるなんて嬉しー。


THE SIAM19


静謐な空気に包まれたスパのなかも
とてもすてき。
光の量や漂う香りの強さが絶妙で、
ここにいるだけで深くリラックスできる空気に満たされているような。

こちら↑はタイマッサージの部屋。
タイマッサージやスウェデッシュなどのほかに、
ムエタイのメソッドを取り入れたマッサージ、
なんていうのもあって興味深い!


THE SIAM20


私はこちらで、アロマオイルのマッサージと
フェイシャルを受けることに。
Aroma Journey Massage 90min. 4900Bです。

フェイシャルは「顔が疲れてるから」(笑!!)と
セラピストがすすめてくれたオプションのコースを
受けたのですが、コース名と値段は忘れてしまいました……。

まずは、ハーバルスチームサウナに10分ほど入ってから
施術ベッドへ。

サウナの香りが最高でそれだけでうっとりだったのですが、
その後にアロマの香りをかがせていただき、セラピストの方と
一緒にゆっくりと数をかぞえたら、気づけばほぼ夢の中……。

私はかなり神経質なところがあって、飛行機ではもちろん
スパやマッサージ、まつげの施術などなど、どんなにヒマでも
自宅やホテルのベッド以外の場所で寝られることが
ほとんどないのですが、ここでは数分で寝落ちしていました。

ボディが終わって、フェイシャルに移るところで目覚め!
2時間のはずがあっという間に終了し、
着替えて鏡を見てびっくりー。

セラピストの指摘通り、かなーーり疲れていた顔に生気が
戻って、タルタル&くすんでいた肌にハリが!
身体だけではなく、精神的にもガチガチだった全身もすっきりと
力が抜けた感じで、久々に心の底から元気な自分に出会えました。

個人的にかなり感動したのはフェイシャル。
身体をほぐしてから、ということもあったのだろうけど
レザーや器具を使ったわけではなく、ハンドだけだったのに
目に見える効果が出たうえ、その後1週間くらい調子がよかったんです。

Sodashi、調べたら化粧水でも15000円くらいして
(アイクリームなんて3万円超え!)
ラインで買える感じではなかったんですけど、
世界で愛されるラグジュアリーブランドだけに、
その効果は絶大かも。。
しかも天然成分100%だなんて、すばらしいです。


THE SIAM21


ちなみにスパの中には、足マッサージのお部屋や
美容室もありましたよー。


THE SIAM23


THE SIAMにたびたび泊まりにいくのは無理だけど、
スパは時々行きたいな。。


使用コスメのクオリティ、施術のレベル、
スパ自体の雰囲気などなど、
総合的に見ると、今のところ私のなかでは
バンコクNo.1スパになりました♩


また近々行けるように、がんばらないとー。



Opium Spa by Sodashi
THE SIAM Hotel,Bangkok
3/2 Thanon Khao, Vachirapayabal, Dusit, Bangkok
T +66 (0) 2206-6999  F +66 (0) 2206-6998
info@thesiamhotel.com
http://www.thesiamhotel.com/Spa




Posted on 16:48 [edit]

category: タイ スパ&スパプロダクト

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: Opiumspa  by  Sodashi  THESIAM  ザサイアムホテル  バンコク  スパ 
tb: 0   cm: 2

Ekamai Soi15のArun Wan Ran Ahan  

10453664_786246384730784_726127997_n.jpg



THE SIAMのブログが続くと飽きちゃうので、
この辺りで、一度タイ料理ネタを。


自分の中で今、はやっている地味食堂シリーズの6軒め
(今までの更新は☆5☆4☆3☆2☆1)、
エカマイソイ15の角にある
Arun Wan Ran
(ラーンアハーン アルンワンラン/ร้านอาหาร อรุณวรรณ)
です。


Arun Wan Ran Ahan05


創業50年以上という老舗。
このお店の向かいあたりにあるヌアトゥンのワッタナーパーニットといい、
エカマイの奥のほうには老舗の名店が多いのかな。

備え付けのお砂糖が白砂糖じゃないあたりにも
こだわりを感じます……。

ここ、かなり前から気になっていたんだけど
なかなか入店できず。
というのも、平日のお昼前後に行くと
お店の前で待っている人もけっこういるほど人気なんです。
もちろん店内は大混雑なので、なんとなく入りにくくて。
しかも15時に閉店しちゃうので、夜は行けないという。。


Arun Wan Ran Ahan04


この日は土曜日、しかもお昼を微妙に外した時間で
外に誰もいなかったので、入ってみましたー。

とはいえ、入店時はほぼ満席で私たちも相席に。
上の写真は、食べ終わってほぼ閉店前になった時間に
パチッと撮影したものです。

Arun Wan Ran Ahan01


壁に貼ってあるメニューから食べたいものを選んだら、
席にあるメモに書き込んで店員さんに渡します。
壁のメニューも確かタイ語しか書いてなかったと思うので
読んだり書いたりできない場合、店員さんに言えば
助けてくれると思いますよー。


Arun Wan Ran Ahan02


こちらはワンタン40B。
本当は揚げワンタンが食べたかったけど、
同行の友人が揚げ嫌いーというのでこちらに。
甘ーいシウダムをつけて食べます。


Arun Wan Ran Ahan08


バミーキアウヘーンムークローブ 65B。
揚げた豚肉とワンタン入りの汁なし中華麺。


Arun Wan Ran Ahan06

バミーキアウナームムークローブ 65B。
こちらは上のスープありバージョン。
お店の人がワンタンを入れ忘れて、
後から持って来てくれましたー。


細めコシ強めの麺や旨みたっぷりで優しい味のスープは
もちろん、ムークローブがおいしい!

皮はカリカリで、内側はジューシー。
皮のほんのり効いた塩味が脂の甘味を引き立てて
けっこう入ってるのだけど、全部食べちゃいました。


近所の人というよりも、わざわざ食べに来ている風の
カップルや家族連れが多かったのも納得のおいしさ。
ただの地味め麺食堂なのに、いかにもハイソな人が
けっこう多かったのも印象的でした。


Arun Wan Ran Ahan07


私たちは豚の内蔵を入れなかったのですが、
たぶんお店的イチオシは
サイトゥックヤーン(ワンタン、ムークローブ、内蔵の全部のせ)
だと思うので、お好きな方はぜひこちらをー。
ちなみに麺なしのガオラオもできます♩


Arun Wan Ran Ahan03


エカマイソイ15の角にあります。
食後はここ☆とかここ☆とか、
いい感じのカフェに寄るのもおすすめですよー。


Arun Wan Ran
(ラーンアハーン アルンワンラン/ร้านอาหาร อรุณวรรณ)
Soi15 Ekkamai Soi 63 Sukhumvit Rd, Bangkok
02-3925301
9:00-15:00


Posted on 08:30 [edit]

category: バンコク タイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: バンコク  エカマイ15  バミー  ワンタン  アルンワンラン  Arunwanran 
tb: 0   cm: 0

Nature Touchのボディクリーム  





日本の夏に合わせて買った、
Nature Touch(ネイチャータッチ)
のボディクリーム。

前にもチラッとご紹介しましたが→☆こちら
Nature Touchは有名ホテルなどを顧客に抱える
タイの老舗アロマ系コスメブランドです。

最近は日本での販売も開始され、
三越やエストネーションなどでも販売されているので、
見かけたことのある方も多いのでは!?

Nature Touchの商品はフランス・シャラボ社製の
高品質なエッセンシャルオイルと厳選された自然植物を使い、
現代植物学とアロマセラピーの技術に基づき開発されているそうで、
香りがいいのはもちろん、使い心地もなかなかですよー。


今回は日本ではまだ未発売のFruity Berry Collectionsの
ボディクリームを。
切り立てみたいなフレッシュなグレープフルーツの香りで、
ジメジメ暑いこの季節の日本にぴったり。

バンコクではLemon Farmなどで買えるので
日本へのお土産にもいいと思います。


Nature Touch(ネイチャータッチ)
http://www.naturetouchgroup.com/







Posted on 14:38 [edit]

category: タイ スパ&スパプロダクト

tb: 0   cm: 0

THE SIAM HOTEL Bangkokに宿泊 2 【ザ サイアム/バンコク ホテル】  



THE SIAM41


THE SIAM
は全41室のみの小さなホテル。

それだけに、宿泊客しか入れないエリアは
とても静かで、プライベート感たっぷりの
リラックスしたステイを満喫できます。


THE SIAM03


ダイニングやカフェのある1階にもすてきな
アンティークがたくさん飾られていますが、
宿泊エリアにも古いものがあちこちにあしらわれ、
眺めているだけで時間が経ってしまう……!


THE SIAM06

お部屋は全室ヴィラまたはスイートタイプ。
ヴィラには手が届かず……涙、私はスイートタイプに
宿泊しました。

扉を入ると、そこには自宅のリビングのような
落ち着ける空間が。


THE SIAM40


ウエルカムフルーツ。
チェックインは担当のバトラーの方が
こちらでしてくれますよー。

ひと通り手続きが終わると、この後の予定について
相談にのってくれます。

私は、アフタヌーンティ、スパ、
ディナーの予約のお願いをしました。


THE SIAM05


とっても静かで、シックなベッドルーム。
オールドサイアムな雰囲気が好み。ベッドの寝心地も
もちろんばっちり快適です。


THE SIAM02


窓の外にはグリーンが広がるバスルーム。


THE SIAM07


バンコクの街中とは完全に隔絶されているので、
喧噪とは無縁のリゾート気分が味わえるのが嬉しい。

アフタヌーンティを楽しんだ後は、スパの時間まで
館内のアンティークを見て回ったり、お部屋でのんびりしたりして
過ごしましたー。



THE SIAM
http://www.thesiamhotel.com/




Posted on 08:02 [edit]

category: バンコク ホテル

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: THESIAMHOTEL  ザサイアムホテル  バンコク   
tb: 0   cm: 0

THE SIAM HOTEL(ザ サイアム)に宿泊1【ザ サイアム/バンコク ホテル】  

THE SIAM16



もう、かれこれ1年近く経ってしまったのですが
やっとこの時のことを書いていこうと思います。


お仕事いろいろがんばった後、少し時間ができたので
憧れホテル、
THE SIAM(ザ サイアム)
にお泊まりしてきましたー♩


THE SIAM18


川沿いホテルのなかでも、市街地から距離のある
場所にあるこちらのホテル、
おすすめは船でのアクセス。

サパンタクシンまで送迎船が出ています。
しかも、エアコン&執事付き!
お水をくれたり、写真を撮ってくれたりと至れり尽くせりです。


THE SIAM17


ワットアルン(暁の寺)が見えてくる頃には
気持ちも非日常旅行モードに。
川沿いホテルの一番の魅力は、この非日常感だと思う。
街中のホテルに泊まるのとはまったく違う
旅情を味わえるのです。


THE SIAM14


ブラック×ホワイトのシックな船着き場に到着。


THE SIAM01


美しい回廊を通って、お部屋でチェックイン。
各部屋に1人バトラーが付いてくれて、
この後の過ごした方の相談にのってくれます。

私たちは、ホテルをとことん楽しむ!と決めていたので
チェックインからチェックアウトまで、
一歩もホテル外に出ないプランでお願いしました♩



THE SIAM31
THE SIAM30



まずは、緑が眩しい大好きなカフェ
Cafe Cha(カフェ チャ)
でアフタヌーンティをいただくことに。


THE SIAM33


Cafe Chaのアフタヌーンティについては
こちらで詳しくご紹介しているので、
よければ見てみてくださいね♩


シャンパン付きのセットもありますが、
この日は次の予定もあるのでお茶だけで。

こちらのアフタヌーンティは、見た目より繊細な味わいで
どれもおいしい。
写真を見てたら、また行きたくなってきましたー。


THE SIAM32



世界各国のアンティークで彩られた
美術館のような館内。

長くなってきたので、続きはまた!
本当にうっとりすてきなホテルです。



Afternoon Tea@Cafe Cha
THE SIAM Hotel,Bangkok
02-206-6999
info@thesiamhotel.com
※電話、またはメールで予約してからお出かけを。
http://www.thesiamhotel.com/



Posted on 08:36 [edit]

category: バンコク ホテル

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: THESIAMHOTEL  ザサイアムホテル  バンコク  アフタヌーンティー  cafecha  カフェチャ 
tb: 0   cm: 0

Terminal 21のUng Peng Chung(ウンペンチュン)  



ウンペンチュン03



MRTでお出かけ予定のある日。
アポまでの時間が少しあったので
Terminal 21(ターミナル21)
のフードコート、Pier21でランチを。


ウンペンチュン01


とりあえず、フレッシュフルーツスムージー。
タイでスムージーをオーダーする時は
シロップ抜き、ミルク抜きで水+フルーツだけが基本。

伝えないとシロップたっぷりで甘あま&
ものによってはミルクもどぼどぼ入るので、
日本人的には注意が必要かも。

私の知る限り、西洋人もシロップ抜きで
オーダーしてる人が多い気がします。


ウンペンチュン02


この日は食べるものが決められず、ぐるんぐるんと
3周くらい回ったところで、日本語のフリーペーパーが
貼られていたのが目についてこちらに。


Ung Peng Chung
(ウンペンチュン)

お店に貼ってあったフリコピによると、
中華街にある創業76年のルークチンプラーの
老舗だそうです。


スープもルークチンもおいしい。
フードコートは、意外と有名店が入っているから
穴場といえば、穴場かも!?


それにしても、ここのフードコートは
やっぱり安い!

エンポリ辺りだと、普通に麺とジュースで100B超えたり
するけど、この日は麺とスムージーで50B。
昔ながらの「ザ・フードコート」な値段設定が嬉しい。
いつもタイ人でいっぱいなのも納得の良心的フードコートです。


Ung Peng Chung
(ウンペンチュン)
Pier 21, 5Fl., Terminal 21
02 108 0888
10:00-22:00
※BTSアソーク駅直結、ターミナル21の5階にあります。





Posted on 08:18 [edit]

category: バンコク タイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: Ung  Peng  Chung  ウンペンチュン  Terminal21  バンコク  クイッティアオ 
tb: 0   cm: 0

旅するマルシェで撮影された方へ。  


今回はお知らせです。
先日こちらのブログでもご紹介した
旅するマルシェ バンコク
でポートレート撮影をしたお客さまへ。

お友達でフォトグラファーのChisatoさんより
以下のメッセージをいただいておりますので、
もしお心当たりの方がいたら、
ご連絡をいただけますと幸いです。

よろしくお願いします!


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

旅するマルシェ バンコク
の当日、会場でポートレート撮影をされた
お客さまへご連絡です。

撮影されたすべてのお客さまへの
データ送信が完了していますが、
1名さまのみ、ご連絡先がわからず
お送りできていない方がいらっしゃいます。

詳細はこちらから

お子様とご一緒に撮影されましたMさま、
お手数ですが、一度Chisatoのメールアドレスか、
こちらのブログまで非公開でコメントを
いただけますでしょうか。

また、もしMさまのお友達でお心当たりのある方が
いらっしゃいましたら、Mさまにご連絡して
いただけますと幸いです。

お手数をおかけしまして申し訳ございませんが、
何卒よろしくお願いいたします!


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

旅するマルシェ バンコクのブログはここから↓
http://tabimarubk.exblog.jp/

旅するマルシェのブログでも、
こちらのタイ料理ライターブログでも大丈夫なので、
お心当たりの方は非公開コメントを
残していただけますと幸いです。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。







Posted on 22:36 [edit]

category: タイ関係ニュース

tag: 旅するマルシェ  バンコク  セレンディブ  ソイ23 
tb: 0   cm: 0

Sukhumvit Soi39のAll SIX TO TWELVE  



allsixtotwlve03.jpg


ある日の打ち合わせランチ。
お仕事でもお世話になっているHさんと
スクンビットソイ39のBoulevard にある
ALL SIX TO TWELVE
(オールシックストゥトゥエルヴ)
へ。


ランスアンで人気のレストランだそうで、
その名の通り、朝6時から夜12時までオープンしているそう。
かつてのセブンイレブン的な……。


allsixtotwlve02.jpg


何が印象的って、店内めちゃめちゃおしゃれです。
北欧のかっこいいカフェみたい。

メニューは、洋風のものとフュージョン系タイ料理。
いろいろ面白いものがあって、何を食べるか迷っちゃいます。


allsixtotwlve06.jpg


Crispy salmon in love 160B

揚げたサーモンをいちご、青マンゴー、
レモングラスなどと和えたタイ風サラダです。

フルーツの酸味と甘味がハーブの効いたピリ辛タレと
よく合っていましたー。



allsixtotwlve05.jpg


Salted egg & squid kab mee 110B

カイケムとイカの炒めもの。
センミーが添えられています。


allsixtotwlve04.jpg


Black chinese olive fried rice 75B

カオパットナムリアップ、オリーブチャーハン。
けっこう好きなメニューのひとつです。


お店はおしゃれなのに、お値段は控えめなので
この辺りでサクッとひとりごはん、なんて時にはいいかもです。


allsixtotwlve01.jpg




ALL SIX TO TWELVE
(オールシックストゥトゥエルヴ)
No.41 ,39Boulevard Tower A,Soi Promjit, Sukhumvit39 Bangkok
02-160-0311
06:00 - 24:00
休なし
Facebook


map_20140623231037cd9.png



Posted on 08:44 [edit]

category: バンコク タイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: Allsixtotwelve  sukhumvitsoi39  ソイ39  タイ料理   
tb: 0   cm: 2

エカマイソイ16の麺&カオマンガイ食堂  



エカマイ16カオマンガイ07


大好き地味食堂シリーズ!
今までの更新はこれとこれとこれとこれ


エカマイ16カオマンガイ08

前にもご紹介したことがありますが
こちらは麺とカオマンガイのお店が一緒になった食堂です。


エカマイ16カオマンガイ04


カオマンガイはごはんツヤツヤ。
お肉もたっぷりでおいしそう♩


エカマイ16カオマンガイ03


タレもどどーん!
赤と緑の唐辛子がたっぷりで、本格的な辛さ!
しょうがも効いていて、おいしいです。


エカマイ16カオマンガイ05


私は大好きなイエンターフォー。
この日はセンヤイが売り切れだったので、
センレックで。
スープの味がしっかり濃いめなので、
ちょっと塩辛かったかな。


エカマイ16カオマンガイ06


紅麹をスープに入れるため、
麺はこんなにピンク色! コクと旨みたっぷりの
スープに加え、空芯菜、チャーシューなど
具だくさんです。


エカマイ16カオマンガイ10

こちらは、バミーナーム。
スープの味がしっかりしているので、
変に味付けしないナムサイのままのほうがおいしいかも。


エカマイ16カオマンガイ02


お昼時は、近所の人でいつも賑わっています。
わざわざ行くような特徴はないけれど、
近所にあったら嬉しい普通の食堂。まさに地味食堂!


エカマイ16カオマンガイ09

エカマイソイ16の角にあります。
もし、たまたま空腹の時に
エカマイソイ16を通ることがあれば、お試しをー。



ラーンルークチンプラーナーイポ
カオマンガイチャンヌン

Ekamai soi16, Sukhumvit soi 63, Bnagkok


Posted on 22:34 [edit]

category: バンコク タイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: ekamai16  bangkok  カオマンガイ  クイッティアオ  タイ料理 
tb: 0   cm: 0

スクンビットソイ31のSiam Wisdom  


siam wisdom12


続々オープンする高級系タイ料理店のなかでも、
かなり注目を集めているのが、スクンビットソイ31にできた
Siam Wisdom

4月のオープン直後から行きたいな、と思っていたのですが
先月はずっと日本にいたため、なかなか実現せず……。
今月やっと行けましたー!

いつもお世話になっているマダムM
マダムのお友達のSさんと。


siam wisdom09

お店は古い木のおうちを改築したふうの一軒家で、
1階はラウンジ、2階がダイニング。

広々とした2階は自然光がたっぷりと入り、
ランチタイムはかなり気持ちのいい空間に♩

ところで、ここで突然ですが日本の総合旅行情報サイト
トラベルコちゃん
にて、バンコクのグルメ情報について
ブログを書かせていただくことになりました。

海外現地クチコミ バンコク(タイ) グルメ担当

その第一弾が先日公開されたのですが、
その中でSiam Wisdomもご紹介していますので、
お店の詳細はそちら(→☆ここをクリック)を見てみてくださーい。

ということで、こちらのページでは
写真を中心にご紹介させていただきます!


siam wisdom01


甘酸っぱいタレとカリカリの皮がおいしい前菜、
カノムブアンタイ 280B


siam wisdom03

ヤムソムオー 450B


siam wisdom02

カノムチーンサオナーム 250B

カノムチーン(発酵させた米麺)にパイナップルなどを添え、
ココナッツミルク、砂糖、唐辛子などをかけて和えて食べる料理。
カノムチーンの食べ方のなかでは、これが一番好き。


siam wisdom04

ごはんはこんなかわいい素焼きの入れ物に
はいっていました。


siam wisdom05

ゲーンキアオワーンガイバーン 450B


siam wisdom08

ココナッツとメロンのスフレ。
ふわふわ、あまーい。これ、好きです。


料理からデザートまで、どれも総じておいしく
いただきました。

siam wisdom10


お店はタイ風でとてもきれいだし、
料理もおいしいので、日本からのお客さまを
案内するのにも良さそう。

ちなみに日曜日だったせいか、ランチはアラカルトのみ
だったのですが、前菜からデザート、コーヒーまでいただいて
1人だいたい1300Bくらい。

夜は12品1800Bのコースということなので、
タイ料理としては高級な部類に入ると思います。



siam wisdom11


食後、ちらっとシェフにもお会いできたのですが
とっても感じが良くて優しそうな人でした。

名店でキャリアを重ねてきた方だけに、
腕も人柄も磨かれているのかもしれません。


siam wisdom13


お店のことやシェフのことは、
トラベルコちゃんのサイトのほうで読んでみてくださいね。


Siam Wisdom
66 Sukhumvit Soi 31 Bangkok
12:00-14:00、18:00-22:30
休なし
02-260-7811-2
http://www.siamwisdomcuisine.com/


map_20140614012555aba.png

※ユーログランドホテルから、ソイ4まで意外と
距離があるので、ホテルの前でタクシーを降りたり
しないように気をつけてくださいねー(←私だけかもだけど)





Posted on 01:28 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: siamwisdom  サイアムウィスダム  バンコク  soi31  タイ料理 
tb: 0   cm: 0

旅するマルシェ Bangkok@Serendib tearoom【soi23】  

tabimaru.jpg


ちょうどバンコクに滞在している時に、
なんとも素敵なイベントが開催されるようで……!

私も日本で購入した大好きなお洋服のブランド、Atelier fuwari
タイの博物館、Museum Siamでも作品が展示されている
帯&和小物作家のCocont、友人のフォトグラファー、
ずーっとブログを読んでいてファンだったhironoc
超ツボなフランスと北欧のアンティークを扱うDarunと、
出展者が(私の好み的に)豪華過ぎ!

しかも、セレンディブさんの限定焼き菓子も
出るのだとか。
こないだ、セレンディブさんでいただいた
クレームブリュレがとってもおいしかったので、
こちらは絶対買って帰ろう!と企んでおります……w

みんな私の大切な友人たちなので、私も裏のほうで
お手伝いさせていただこうかな、なんて思ってますが
もし興味があれば、皆さんもぜひぜひー♩

ちなみに駐妻さんたちが大勢来るイベントは午前中がカオス…!
という噂を聞いているので、私は夕方くらいにゆっくり
商品を見せてもらおうと思ってます笑


旅するマルシェ Bangkokブログ

↑場所などの詳細や販売予定商品はここから見られるそうなので、
興味のある方はチェックしてみてくださいねー!



旅するマルシェ【Bangkok, Thailand】
Vol.1 at Serendib tearoom

■期日:2014年6月18日(水)
10:00〜18:00

■会場:Serendib tearoom 2F
120/24 Soi23 Sukhumvit Rd., Bangkok
※沖縄料理「ニライカナイ」さんの手前の小道を左折
Facebook




Posted on 18:48 [edit]

category: 未分類

tag: 旅するマルシェ  バンコク  セレンディブ  ソイ23 
tb: 0   cm: 0

Skhumvit soi26のCasa Lapin x26  



casalapinx26_06.jpg


バンコクの有名インテリアデザイン会社が内装を手がけているとあり、
作っている段階から完成を楽しみにしていた
Casa Lapin x26
に行ってきましたー。

ソイ49トンロー、アーリーにも店舗を構えるCasa Lapinですが
こちらは大型店で、奥にはレストランも併設されています。

casalapinx26_02.jpg

カフェのみの利用の場合は、カウンターで注文をして
自分で受け取るセルフスタイル。

casalapinx26_01.jpg

こちらの店舗の魅力は、広々とした空間と
パリのお店みたいに洗練されたお花の使い方!

casalapinx26_03.jpg

カフェラテ 95B。
1杯ずつ丁寧にいれるので、けっこう時間はかかります。

casalapinx26_07.jpg

そして、カフェスペースより断然おすすめなのが
奥にあるダイニング!

ドライフラワー使いが美し過ぎて、うっとりです。

casalapinx26_10.jpg

メニューは、サラダやバーガー、パスタなどの軽食系。
種類は少ないので、サクッと食べたいランチ向きかも。
こちらはミックスサラダ165B。

バルサミコの甘味が少し強めながら、それぞれの野菜の
味わいがしっかり立っていておいしかったです。
ドライトマトといちごが、いいアクセントに。

casalapinx26_11.jpg

クリームマッシュルームスパゲッティ 280B

数種類のきのこが入ったパスタ。
カフェの軽食としては、文句のないレベル。

casalapinx26_08.jpg

あちこちにすごくセンスよくお花が飾られているのは、
手前にとっても素敵なフラワーショップが併設されているから。

casalapinx26_13.jpg

Wallflowers
という、小さなお店。
ですが、バンコクのお花やさんとは思えないほど(失礼…!)
お花のセレクトが素敵。

とくに、きれいな色のピオニーがたくさん入っていたのが
すごく印象的でした。

casalapinx26_05.jpg


とはいえ、普段バンコクでは見かけないお花のほとんどは
輸入品らしく(ピオニーはオランダ産)、お値段はそこそこ張ります。。

ピオニーは1本300Bくらい、バラも輸入ものは1本200Bくらいから。
でも、日本で買うことを考えると、そんなに激高い!というわけでも
ないのかなー、と思ったり。

casalapinx26_04.jpg

私はけっこう好みのお花が多かったので、
また買いに行っちゃうと思います♩


casalapin.jpg


友人が買ったあじさいも、とてもきれいな色でしたー。
あぁ、バンコクにまたひとつ誘惑が増えた……!


Casa Lapin x26
Sukhumvit Soi26 Bangkok
081 261 2040
7:30-22:00
※ミントレストランの向かい側
Facebook





Posted on 08:03 [edit]

category: バンコク カフェ

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: casaapin26  カーサラパン  バンコク  カフェ  ソイ26 
tb: 0   cm: 0

チャオタイ渋谷道玄坂店  


チャオタイ渋谷01


さぼりがちだった、日本のタイ料理店巡りを
ほんの少しずつ、復活しはじめている今日この頃。

先日は数年ぶりに渋谷・道玄坂にある
チャオタイ
へ!

以前は毎週のように通っていたのに、
最近時間がなくて全然行けてなかった……。

チャオタイ渋谷02

ヤムウンセン。
緑豆春雨ツルツルで、安定のおいしさ。
きくらげがたくさん入っているところがすてき。

チャオタイ渋谷04

ラープムーwith野菜盛り。
野菜盛りありとなしがあります。

ゆでたチンゲンサイやさやいんげんが山盛りで、
女性の心をくすぐる一品。
日本のタイ料理店で食べると、なぜか野菜不足になりがちなので
この組み合わせは嬉しい!

チャオタイ渋谷05

プーニム(ソフトシェルクラブ)が食べたい、
という友人のリクエストで登場したソフトシェルクラブの唐揚げ。

ソフトシェルクラブの選択肢としては
ほかにプーパッポンカリーとオップウンセンがあったのだけど、
みんなの意見が割れて、ここに落ち着きました笑


チャオタイ渋谷06

デザート、私は渋めにライチのパイナップル詰め。
そう、タイでよく売っているあの缶詰です笑


ほかにもトートマンクンや、パッシウなどを食べてお腹いっぱい。
メニューが豊富で、どれを食べても大きくはずすことのない
王道の日本のタイ料理店です。

今回は友人がどーしてもパッシウ希望だったので
オーダーしませんでしたが、個人的にはここの牛肉麺が好き!
久々にまた食べたいなー。



チャオタイ渋谷道玄坂店
東京都渋谷区道玄坂2-9-10 K&Kビル 2F
03-3463-4000
ランチタイム 11:30~15:00
ディナータイム 17:00~23:00(L.O.22:30)
土日休日:11:30~23:00(L.O.22:30)
休なし
http://www.chaothai.jp/dogenzaka/body.html

Posted on 20:10 [edit]

category: 東京 タイ料理

thread: グルメ情報!! - janre: グルメ

tag: チャオタイ  渋谷  道玄坂  タイ料理 
tb: 0   cm: 0

Sukhmvit soi22 Holiday Inn「ZETTA CAFE」のランチビュッフェ  



zetacafe07.jpg


ちょっと前に行った、スクンビットソイ22のパクソイにある
Holiday Innの8階にあるレストラン、
ZETTA CAFE
のランチビュッフェ。


zetacafe02.jpg


洋食を中心に、日本食、タイ料理などもある一般的なホテルビュッフェ。
500B以下とお手頃なので、なかなか人気のようで
私が行った日もかなり賑わっていましたー。

前菜は、タイ料理を中心に。
ヤムパックブンクローブ(揚げ空芯菜のサラダ)、
ラープ、クスクスなど。

zetacafe03.jpg

オーダー制のパスタはトマトにしました。
味は普通だったかな。

zetacafe04.jpg

タイのクイッティアオコーナーもあったので、
センレックトムヤムを。めっちゃ辛いー。


zetacafe01.jpg


デザートもいろいろありましたよー。
自分でいれるコーヒーコーナーもあります。

zetacafe05.jpg


デザートコーナーにあったルークチュップ。
かわいいし、緑豆のほっこりした食感が好き。


zetacafe06.jpg


ビュッフェだからこんなもんかな、という気もするけど
可もなく、不可もなくな印象。

同じホテルビュッフェなら、値段もそんなに変わらない
こちらのほうが、個人的には
満足度が高かった気がしましたー。


ZETTA CAFE
Holiday Inn 8FL., 
1 Sukhumvit 22 Klongton, Bangkok
+66-2-683-4888
ランチビュッフェは11:30~14:30
http://www.ihg.com/holidayinn/hotels/jp/ja/bangkok/bkkhi/hoteldetail


Posted on 08:27 [edit]

category: バンコク その他料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: holidayinn  sukhumvit22  ランチビュッフェ  zetta 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示