タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

嵐の前の桜。  




土曜日の夜、春の嵐の前に夜桜。



ふっくら、まん丸にまとまって咲いてる
部分がすごく好き。

晴れた日の、昼間の桜も見たい!
溜まりまくってるタイ料理ブログも早く更新したいw!




Posted on 08:04 [edit]

category: 東京 雑記

tb: 0   cm: 0

さよなら、ジャンボ。  



ANAの会員誌、AZUREの最新号には、
かなり大きな747のハガキが。

3月いっぱいで終了、と言えば
笑っていいともが話題ですが、
ボーイングの愛すべきジャンボ機、
747も3月で日本の空から姿を消すそうで
なんとも寂しい限りです。。

遠くからでもひと目でわかる特徴的な形と
大きな主翼を少し反らせて飛ぶ姿に、
いつも強い憧れを抱いていました。

1番の思い出は、1998年の2月。
閉鎖前の香港啓徳空港に飛行機の写真を
撮りに行った時のこと。

ごちゃごちゃとした九龍の街中をカメラ片手に
歩き回り、当時はまだフィルムだったので
何本も何本も入れ替えて撮影しました。

堂々とした姿の747が香港の街スレスレに
降りてくる度に、すごくドキドキして。

いい写真が撮れていますように、と祈るような気持ちで
フィルムをスーツケースに詰め込んだのに、
残念ながらその写真を現像することはできませんでした。

というのも、次の目的地だった中国の広州で
スーツケースごと荷物を盗まれてしまったから…。

あの時の絶望的な気持ちは、今でも
薄れることも忘れることもなくて。

私にとっての最後の啓徳空港、
大好きな空港の最後の写真は、
きっと窃盗団にスーツケースをこじ開けられた後、
現像されることもなく捨てられたんだろうな。。

荷物を盗られたのは、ほんの10秒くらいの間の出来事。

雨が降ってきたからコートのフードを
かぶるために手を離したその一瞬で、
身体のすぐ横にあったはずのスーツケースは
瞬く間に広州駅前の人混みの中に
消えていました。

その後の公安での辛い時間も何もかも、
きっと一生忘れないと思う。

失くした全てのものの中で、
1番取り戻したいのは
やっぱり今でもフィルムです。

あの頃、飛行機雑誌にもたくさんの
啓徳空港特集が掲載されたけど、
自分で撮った747の写真を見たかったなー。はー。

というわけで、さよならジャンボ。
今、私が激しい飛行機移動の日々に耐えられるのも
きっと747への憧れがあったから。

もしかしたらもう乗ることはないかもしれないけど、
747-400に当たった時の嬉しい気持ちは
きっとずっと忘れないよー(´・_・`)

Posted on 22:19 [edit]

category: 東京 雑記

tb: 0   cm: 0

アトリエ ふわり 展示会『すべての旅は今へと繋がっている』@恵比寿  

アトリエフワリ展示会


バンコクで仲良くしていただいている友人hiromiさんが
手がけているブランド、
atelier Fuwari
アトリエ ふわり
の展示会が、4月に恵比寿で開催されます。

とろん、と流れるような肌触りの上質なリネンや
オーガニックコットンを使い、素材から細かなシルエット、縫製まで
一切の妥協なく作られるふわりの服たちは、
着ている女性をたおやかに、優しく美しく見せてくれる独特のラインが特徴です。

歩くたび、座るたび、温かな光やゆるやかな風が着ている人の
周りをふんわりと包み込むような、
ナチュラルな素材感とシルエットがとても素敵で。

素敵に着こなしているhiromiさんや友人たち、
モデルのAyanoさんの写真を見るたびに、
こんな服が似合う雰囲気の女性になれたらいいのに、と
いつもポワッと憧れています。

素材やデザインの素晴らしさはもちろんですが、
私がふわりのお洋服に大きな魅力を感じているのは、
ブランドに、そしてお洋服の一枚一枚に
旅と繋がるストーリーがあるから。

かつて世界中を旅して回った(インドの山奥で瞑想1カ月とか!)
hiromiさんが、旅した時に見た風景や感じたこと、
その時の空気感を伝えるストーリーがぎゅっと詰まった服たちは、
着ている女性を外国の古い物語に出てくる女性のような、
まるでそこにいるのにそこにいないみたいな
透明感のある存在にしてくれるものばかり。

ただ体を包むための服ではなく、心の在り方や
自分の存在感にまで影響を与えてくれる、
大切に着たい一着を探している方にこそ
おすすめしたいブランドです。

※ちなみに、私がとても好きなふわりのストーリーはこれ↓
http://hibinofuku.exblog.jp/19598802/

国籍も年代も違う2人の女性のシルエットが、
一枚の服を通してインドの空の下で繋がるイメージ。
その風景を想像しただけで、この服欲しくなっちゃいます♩

何はともあれ、今回の展示会は
シンプルで美しいふわりのお洋服に東京で実際に触れて、
着てみて選べる数少ない機会。
興味のある方は、ぜひお出かけしてみてくださいね!
もちろん私もうかがう予定です。楽しみー。


アトリエ ふわり 展示会
『すべての旅は今へと繋がっている』
2014年4月22日-27日
12:00-19:00(最終日は17:00まで)
場所:イコッカ
東京都渋谷区恵比寿南1-21-18-2F

atelier Fuwari 
BLOG  ☆Facebook

















Posted on 18:54 [edit]

category: タイ関係ニュース

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: atelierFuwari  アトリエふわり  イコッカ 
tb: 0   cm: 0

エカマイのSuksapan Panit(スックサーパン パーニット)  




仕事で使うラベルを買いに
タイの国営文具/学習用品店、
Suksapan Panit
(スックサーパン パーニット)へ。

文具からタイ語学習用のノートなどまで、
タイの学校で使うものなどをいろいろ
お手軽に購入できるとあり、
在住日本人にもおなじみのお店。

ピンクの看板が目印です。

必要なものを揃えた後、
フロア内をふらふら見ていたら
お兄さんにスタンプのファイルがあるから見てみる?
と勧められ……。



ファイルをペラペラめくっているうちに
なんとなーく
タイのフルーツ&野菜スタンプセットと



乗り物スタンプセットを買ってしまいました(´・_・`)

タイのバスらしく、ベンツのマークが
ちゃんと入っているあたり、芸が細かい!



ハンコなんて買うつもりなかったのに、
ファイルの見本の中で1番欲しかったセットが
売り切れていたことが心残りな今日この頃…w

近々、民主記念塔の本店に行って
探してみようかなー。



Suksapan Panit
(スックサーパン パーニット)
9:00~17:00
日曜日休み
※スクンビットソイ40と42の間。
BTSエカマイ駅から偶数側に降り、トンロー方面へ。
バスターミナルを過ぎてすぐのところにあります。



Posted on 08:26 [edit]

category: タイ国内ショッピング

tb: 0   cm: 0

久しぶりのタロ芋パン  





朝イチから公園で撮影のはずが、
いきなりの豪雨。

サウナみたいな車の中で、ひっさびさに
タイの菓子パン食べましたー。
5年ぶり? 10年ぶりくらいかも…⁉︎

タロ芋のあまーい餡が入ったパンです。
パン自体は驚くほどふわふわ。

コンビニやスーパーなど、どこででも
買えるこのシリーズは、タイの山パン的存在。

タロ芋以外にもバイトゥーイなど
タイらしい菓子パンがいろいろあります。






Posted on 14:53 [edit]

category: タイおやつ

tb: 0   cm: 0

バンコクのThe Never Ending Summer  



The Never Ending Summer bangkok02


ヨーロッパ話ばかりだと飽きそうなので、
久々にタイ料理の話題を。

オープン直後からタイ語、英語を問わずさまざまなメディアで
取りあげられていた話題のレストラン、
The Never Ending Summer
(ザ ネバーエンディングサマー)
に行ってきましたー。

ちょっと前からiPhone内の「行きたいお店リスト」に
入れていたのだけど、シャットダウンなどで
なんとなく遠出を避けていたので、なかなか行けなかった
場所のひとつです。

The Never Ending Summer bangkok05

Charoen Nakhon通りにできた
今どきバンコクなおしゃれ複合施設、
THE JAM FACTORYの敷地内にあります♩

ほかにもインテリアショップやブックカフェ、オフィスなどもあり
タイ人の若い人を中心にとても賑わっている場所。
話題のスポットだけあり、私たちが行った日には
撮影隊も来ていました。


The Never Ending Summer bangkok03


料理は昔ながらのベーシックなタイ料理が中心。
日替わりメニューなどもありますが、
選択肢はまだそんなに多くないみたいです。


The Never Ending Summer bangkok01


行く前にタイ人のレビューをいくつか読んだのだけど、
まさに賛否両論w
時間の無駄、って書いている人もいれば
最高の場所!と褒め称えている人も。

お友達を誘っていたのでちょっと不安になったけど、
個人的な感想としては、そんなに悪くないと思いました。
まぁ、ネットでいろいろ言われてしまうのは人気店の宿命ですもんね。

味の評価は個人の嗜好や選んだメニューで変わるし、
サービスの質もそれなりの場所以外では、行ったタイミングや
担当の人である程度揺れてしまうこともある。
勝手なもので期待が大きいほど、評価が厳しくなることもあるから。。

関係ないけど、私の場合は
「あなたが褒めていたから行ったのに、たいしたことなかった」
などと言われて落ち込むことが時々あります…。ふふふ。

平日のランチタイムも、お昼過ぎには
あっという間に満席になっていたので、
混んでいる時間をはずして行くのがいいかも。

食べたお料理などは、また後日ゆっくりご紹介しますねー!


The Never Ending Summer
(ザ ネバーエンディングサマー)
41/5 Charoen Nakhon Rd., Khlong San, Bangkok
02 861 0953
Facebook






Posted on 08:48 [edit]

category: バンコク タイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: NeverEndingSummer  Bangkok  ネバーエンディングサマー 
tb: 0   cm: 0

パリと花粉症。  




今回のパリでかなり悩まされたのが
激しい花粉症の症状…。

スギ花粉に慣れたのか体質が変わったのか、
日本ではここ数年かなり症状が抑えられていただけに、
パリでいきなり激しいくしゃみと
目のかゆみに襲われた時は、
本当にびっくりしました。

持っていたペパーミントと
ティートゥリーのアロマオイルで
乗り切れたのは最初の数日だけ。

その後、あまりにひどくなったので
人類の頼れる味方、Googleさまに
聞いてみたところ、素敵なスプレーを発見!



Dr.ヴァルネのクリマロム。

「現代のフィトアロマテラピーの父」と呼ばれた
Dr.ヴァルネが呼吸器系疾患のために調合した
アロマオイルスプレーだそう。

「これは良さそう!」と思って早速薬局に
買いに行ったのですが、大正解!

マスクやハンカチにシュッとするだけで
鼻も喉もだいぶ楽になりましたー♩

ついでにDr.ヴァルネの精油もいろいろ
買いたかったのに、そちらは見つからず断念。。



このスプレー、効果はもちろん
すっきりとした香りもとても好み。

もともと気管支系が弱くてすぐに喉が痛くなるので、
今後は欠かせないアイテムになりそう◎

パリで素敵な物と出合えて嬉しいな。



Posted on 20:16 [edit]

category: 旅行 Paris

tb: 0   cm: 0

ロンドンの夜とユーロスター  





滞在中、1日曇っただけでほぼ快晴だったロンドン。

暖かくて、夜の町歩きも楽しめました。



パリではレンタカー移動が多いけど、
ロンドンではバス、地下鉄、自転車も…。




駅のポスターがけっこう好きで。
これ、観たい!



ロンドンの夜は気持ちがよくて、きれいだった。
またすぐに来たい!と思いましたー。

全部英語だからバスの移動も
レストランの注文も買い物も
サクサク簡単に進むのが素敵。
言葉が通じるってやっぱり快適かもー。



とか言いつつ、再びユーロスターに乗って
パリに逆戻り。

言葉の壁は厚くて高いけど、
まだまだやらなきゃいけないことがある。
とりあえず、残りのパリを楽しみます♩








Posted on 18:39 [edit]

category: 旅行 London

tb: 0   cm: 0

London…!  





次の目的地はロンドン!
パリに続きロンドンも快晴で
歩いていると暑いくらいです。

毎日早朝から続く仕事に疲れきってしまい、
ちょっとしたすき間を見つけて大英博物館に
行ってきましたー。

2時間くらいしか居られなかったけど、
たくさん興奮して、すごく満足。

ロンドンちょっと楽しすぎて、
帰りたくない感じです♩





Posted on 06:32 [edit]

category: 旅行 London

tb: 0   cm: 0

Bangkok, Paris...  




バンコクに着いて、丸々36時間。
部屋にこもって仕事をしつつ、
2日連続近所のお店でお気に入りの
ゲーンジューウンセン(春雨スープ)を。

ここのは普通のゲーンジューに比べて、
野菜もりもり盛りだくさんでおいしい◎



そしてバタバタとまた飛行機に乗り、
今度はパリに到着しました。
パリは気温が毎日20度近くまで上がって
とても暖かく過ごしやすいです。



今回のパリもお仕事。
早朝から外出ばかりで自由な時間はないけれど、
古くて素敵なものを探す旅を満喫しています。



パリから、また次の街へ…。
今回の旅は、私にしては少し長めの予定。
何かいいものを見つけたら、ご報告しますねー。






Posted on 04:09 [edit]

category: 旅行 Paris

tb: 0   cm: 0

トンロー屋台であわび粥  




またまた地味食堂シリーズ。

スクンビットソイ38のトンロー屋台で
友人が食べていたあわびのお粥。

味は普通な感じ、だそうです。



私はバミーヘーンを。

ここは外国人もたくさんいる屋台街なので、
旅行の方も気軽に利用できますよ♩

トンロー駅の目の前、スクンビットソイ38の
入り口付近に夕方から深夜まで出ています。



Posted on 04:00 [edit]

category: バンコク タイ料理

tb: 0   cm: 0

タイ人と行く日本**いちご狩り  





2月は、またまたタイからお客さま。
ビザなし効果、なんだかすごいです。

今回は、友人のリクエストでいちご狩りに。
甘くて柔らかな日本のいちごは、
タイ人にも人気。

羽田で箱買いしたいちごを持って飛行機に乗る
タイ人を時々見ますが、
いちご狩りも大人気みたいです。




厚木の和田いちご園というところに
行ったのですが、
「タイの方、こないだも来ましたよ」
と、お店の方も言ってましたー。

30分間食べ放題の間、大振りのいちごを
山盛り食べて満足してくれて、
私も嬉しい♩

写真を撮ったり動画を撮ったりしつつ
とても楽しそうだったので、
タイからお客さまが来た時には
いちご狩りに案内するのもおすすめですよー。

厚木なら都内から高速で30分くらいで
着くので、ちょっとお出かけには
程よい距離だと思います。


和田いちご園
http://wada-ichigoen.com/




Posted on 02:52 [edit]

category: 東京 雑記

tb: 0   cm: 0

Sukhumvit Soi14のソムタム14  



ソムタム14_1


最近お気に入りの地味食堂シリーズ。
*ちょっと前に更新した地味食堂はこちらとこちら


上の写真は、スクンビットソイ14を入ってすぐ右手側の
小さなソイの奥にある
ソムタム14
で食べた
ゲーンキアオワーンヘーン(ドライグリーンカレー)。

グラチャイも入っているので、
ハーブの香りと辛さがすっきり強い!
「いかにもタイ料理」な味わいと香りです♩


ソムタム14


近くにオフィスが多いせいか、
この辺りのお店はランチタイムはどこも
すごーい混みようなので、
ちょっと時間をはずすのをおすすめします。



ソムタム14
Soi14 Sukhumvit Rd.
9:00-14:00
土日定休





Posted on 08:00 [edit]

category: バンコク タイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: Somtum14  Sukhumvit14  グリーンカレー 
tb: 0   cm: 0

Sukhumvit Soi61のCOUNTING SHEEP CORNER  


Counting Sheep Corner04



お友達とのランチミィーテングで、
スクンビットソイ61にあるカフェ、
COUNTING SHEEP CORNER
(カウンティング シープ コーナー)へ。


Counting Sheep Corner01



Counting Sheep Corner02


見ての通りの、今どきバンコクおしゃれ風カフェですよー。


Counting Sheep Corner03


食事メニューはサンドウィッチやパスタ、サラダなど。
私はBLTサンド。


Counting Sheep Corner05



Counting Sheep Corner06


いろんな紅茶が並んでいました。
お店でケーキも焼いていましたよー。


Counting Sheep Corner08


ソイ61を入って、直進した右側にあります。
(Facebookの地図は左側を指しているので注意!)


Counting Sheep Corner07



COUNTING SHEEP CORNER
(カウンティング シープ コーナー)
Sukhumvit Soi 61 Bangkok
02 714 4477
10am-11pm
Facebook




Posted on 08:00 [edit]

category: バンコク カフェ

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: COUNTING  SHEEP  CORNER  スクンビットソイ61 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示