タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

Parisのかわいいもの*花  

$タイ料理ライターブログ

まだ紹介してないネタがいっぱいのパリブログですが、
とりあず、アルバム的にかわいかったものをどんどんアップw

まずは花。
パリの花、どうしてこんなにキレイなんだろう。
芍薬なんて、色も形もたまらない美しさ。

$タイ料理ライターブログ

朝のマルシェ巡りは、食べ物を見るのもいいけど
お花を眺めるのも楽しい!

$タイ料理ライターブログ

$タイ料理ライターブログ

道端に咲いている花もきれいでしたー。

$タイ料理ライターブログ


$タイ料理ライターブログ

花咲き乱れるエッフェル塔。

$タイ料理ライターブログ

「花の都」の看板に偽りなし(o'v'o)

Posted on 16:12 [edit]

category: 旅行 Paris

tb: 0   cm: 0

ホテル「THE SIAM」のお部屋紹介♫  

$タイ料理ライターブログ

こないだご紹介した、憧れホテル
THE SIAM
のお部屋とプールをご紹介!。

私が見せていただいたのは、チャオプラヤー川を臨む
プールヴィラ リバービューというお部屋。

その名の通り、こんな感じ↑ ↓でお部屋に小さいプール
(というか、ジャグジーくらいのサイズ)が付いてます♫

$タイ料理ライターブログ

お部屋の入り口を入って、まずあるのがこのプール。
さらに進むと、ベッドルームが!

$タイ料理ライターブログ

こぢんまりとしたシックな雰囲気。
ホテル全体のイメージに合った落ち着きのある
色合わせ。

$タイ料理ライターブログ

写真には写っていないのだけど、アンティークな
イメージのドレッサーやウォークインクローゼットも
あって、フランス映画の登場人物のお部屋みたい!

$タイ料理ライターブログ

バスルームもシックで素敵~。
シャワーブースも2つ付いてましたよー。

しかも、こちらのお部屋はメゾネットタイプになっていて
上階には川を一望できるデッキもあり。

$タイ料理ライターブログ

うぅ……、今すぐここでのんびりしたい!!!

$タイ料理ライターブログ

チャオプラヤー川の雄大な流れを楽しみつつ、
読書して、音楽聴いてうたた寝したい。。

ちなみにこちらのお部屋、HPによると
1泊37,200B><
2.5円で計算しても、1泊93,000円……。

1週間ゆっくりしたら、223,200B!!!!!

この部屋にはとてもじゃないけど泊まれそうもないー。
自腹で泊まるなら、1泊16,300Bのサイアム スイートが限界かな。。

$タイ料理ライターブログ

ちなみに、1番高いお部屋はこちらのコニーズコテージ
1泊46,500Bだそうですよー。

とっても素敵なこちらのコテージは、約100年前の家を
アユタヤから移築したものだそう。
しかも、ホテルの人のお話によると、あのシルク王
ジム トンプソンの家だったものなんだとか。

ホテルの人は「今はオーナーの友人が泊まってます」と
言っていたような。

$タイ料理ライターブログ

コニーズコテージの横の、フランジパニのアーチをくぐると、
その先にはチャオプラヤー川が。

$タイ料理ライターブログ

こちらのホテルへは、BTSサパンタクシン駅から
シャトルボートもあるそうです^^

$タイ料理ライターブログ

プールはかなりこぢんまりとした印象。

$タイ料理ライターブログ

プールサイドにはこんなバースペースもあって、
西洋人観光客なんかは、かなり好きそうですねー。

$タイ料理ライターブログ

とにもかくにも素敵要素満載すぎる
THE SIAM
お値段はちょっと張りますが、自分だけの
スペシャルなホテルを見つけたい!なんて方には
ぴったりだと思います(●˘ᴗ˘●)♫


とってもおいしかったレストランについては、
次回ご報告しますねー!

THE SIAM HOTEL
3/2 Thanon Khao,Vachirapayabal,Dusit, Bangkok
T +66 (0) 2206-6999
F +66 (0) 2206-6998
info@thesiamhotel.com
※予約をしたほうがいいと思います。
http://thesiamhotel.com/
スクリーンショット 2012-09-01 1.58.49

Posted on 08:14 [edit]

category: バンコク ホテル

tag: ザサイアムホテル  バンコク  ホテル 
tb: 0   cm: 0

今日はベジタイランチ……  

photo:01



今日は取材の前にずっと気になっていた
ベジタリアンタイ料理が食べられるお店へ。

もちろん、タイ料理ランチの後は
タイ料理取材なわけですがマイペンライw

ランチをしたお店はとてもかわいかった!
詳細は近々お伝えしまーす(●'ᴗ'σ)σணღ*

Posted on 16:11 [edit]

category: 東京 タイ料理

tb: 0   cm: 0

バンコクの花の博物館【THE MUSEUM OF FLORAL CULTURE】でお茶  

$タイ料理ライターブログ

昨日ご紹介したバンコクにオープンした花の文化博物館、
THE MUSEUM OF FLORAL CULTURE
ですが、実はとってもかわいいカフェが併設されているんです♫
その名も
DOK MAI THAI Salon de The

$タイ料理ライターブログ

こちらは博物館のテラススに作られた小さな
カフェスペースで、
メニューはお茶とお菓子のセット(240B)のみ。

$タイ料理ライターブログ

お茶は5~6種類から選べるのですが、ローズティやチャイ、
玄米茶など、個性的な品揃え。
ちなみに私はチャイを飲んだのですが、テーブルに運ばれてきた
瞬間に感じる香りのよさ、ミルクの程よい濃さなど、
こだわっていれているのがわかる絶妙な味わい。

$タイ料理ライターブログ

お菓子はタイのほか、日本やインド、中国のものなどが
セットになっているのですが、どれもオーナーである
インタクン氏が好きなお菓子だけを、いろんなお店から
集めてきている、というこだわりようなんです!

$タイ料理ライターブログ

花と緑が溢れるテラスのカフェは、まるでバンコクじゃ
ないみたいな静謐な時間が流れていて、
リラックス効果大!
せっかくここまで行ったなら、おいしいお茶とお菓子を
ゆっくりと堪能するのが正解だと思います♫

$タイ料理ライターブログ

ツアーの最後にガーデンも案内してくれるのですが、
いくつか珍しい植物も。

$タイ料理ライターブログ

↑黒い竹。

$タイ料理ライターブログ

↑黒いさとうきび。
ほかに、黒いバナナの木もありましたー。

$タイ料理ライターブログ

サムセン通りってあまり聞きなじみがないので
遠い気がするかもしれませんが、実はそうでもないんです。

ドゥシット動物園もあるドゥシット地区で、BTSの戦勝記念塔や
ラチャテウィーの駅からならタクシーで10~20分ほど。

$タイ料理ライターブログ

その辺りで拾えば、だいたいのタクシーの運転手さんは
サムセン通りは知っていると思うので、
サムセンソイ28と言えば通じると思います。

私も詳しい場所は知らなかったけど、タクシーで
問題なく到着しましたよー。

$タイ料理ライターブログ

ツアーはトータルで40分前後。
館内をくまなくみてお茶をしても、
2時間もあれば十分楽しめると思います。

タイのフラワーアートに興味のある人なら
見て損はないと思うので、
気が向いたらぜひ足を運んでみてくださいね(o'v'o)

THE MUSEUM OF FLORAL CULTURE
花の文化博物館
02 669 3633-4
(※行く前にツアー時間の確認をおすすめします)
315 Samsen Rd., Soi28 Yeak Soi Ongkarak 13,
Nakornchaisri, Dusit, Bangkok
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.428252483884666.94469.206443092732274&type=3
↑ここで館内の写真も少し見られます。

Mapはこちら
※Samsen Soi28を入り、Soi Ongkarak13を左折、
少し進んだ右手側。
Samsenソイ28の入り口と、Soi Ongkarak13の入り口に
小さな看板が出ています。

Posted on 11:25 [edit]

category: タイ観光

tb: 0   cm: 0

できたてチーズとオスロのコーヒー@渋谷  

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

なんとか早起きできた土曜日、
新宿の大好きなお店でショッピングを楽しみ
お腹ペコペコで渋谷へ。

前に紹介したノルウェーから上陸したカフェ、フグレン
食後のコーヒーを飲みたかったので、
その前に気になっていたお店に行ってみましたー。

SHIBUYA CHEESE STAND
なんとこちら、店内の工房で作っている
出来たてのチーズを味わえるのです!

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

30分くらい前にできあがったばかり、という
モッツァレラチーズがゴロゴロ入った農家のサラダ 620円。

弾力のあるチーズはもちろん、野菜も香りと味が
しっかりしていておいしい^^

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

サンドイッチはカプレーゼとツナとオリーブ。
パンは蜂屋の天然酵母のライ麦パンです(●˘ᴗ˘●)♫

ひとつひとつの食材の味がしっかりたっていて、
噛みしめるほどに確かな味わいが感じられます。

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

食後は、近所にあるカフェ
FUGLEN TOKYOへ。

前にも書きましたが、ノルウェー・オスロにある
有名カフェの日本第1号店。
この日は週末だったせいか、たっくさんの人で賑わっていましたー。

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

オスロのフグレンと同じレシピでいれてくれる
カフェラテを飲みつつ、くだらないおしゃべりをして
過ごす、夏の夕方。

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

売られているノルウェーのヴィンテージ食器が
かわいすぎます。
これを眺めるだけでも、訪れる価値がある!

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

個人的にはほぼ完璧に楽しかった、夏の終わりの1日。
バンコクに行けばいつだって暖かいけど、
やっぱり日本の夏は特別! 終わっちゃうのが寂しいなー。





Posted on 16:14 [edit]

category: 東京 その他料理

tb: 0   cm: 0

バンコクに花の博物館が誕生【THE MUSEUM OF FLORAL CULTURE】  

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

こないだ、ブログでチラッとご紹介した
バンコクの新お気に入りスポット、それがここ
THE MUSEUM OF FLORAL CULTURE
(花の文化博物館)です。

世界的に有名なあのアーティストが自ら手がけた
話題のスポットとあり、1ヶ月以上前からオープンを
心待ちにしていたんです!

フラワーアート好きの友達を誘って
ワックワクで行ってきましたー。

$タイ料理ライターブログ

こちらはタイを代表するフラワーアーティスト、
サクン・インタクン氏が女王陛下のお誕生日であり、
タイの母の日でもある8月12日にオープンさせた博物館。

もともとは王を護衛する近衛兵たちの詰め所(?)だったという家は
100年以上に前に建てられたという歴史ある建造物。
広いガーデンにはたくさんの植物のほか、
美しいサーラーやプールもあります♫

$タイ料理ライターブログ

$タイ料理ライターブログ

FLORAL CULTUREの博物館、ということで
お花そのものがたくさんあるわけではなく、タイを中心に
さまざまな国の花を使った文化を紹介しています。

館内は撮影禁止のため写真はないのですが、
例えば1756年に書かれたという池坊の巻き物が展示されていたり、
ルーイ県の国立公園や寺院周辺の環境を写真などで展示することで、
タイにおける森林や水源、それと取り巻く人々の生活と
花文化の関係性をわかりやすく見せてくれたり……。

$タイ料理ライターブログ

もちろん、マライやクルアンクゥエーンなど
タイの伝統的な花工芸品の作り方などをわかりやすく
展示しているコーナーも。

そこには、伝統スタイルのほかに
タイだけでなく世界で支持されているインタクン氏ならではの
アレンジバージョンの展示もあって、さらに興味深い。

$タイ料理ライターブログ

私が一番気になったのは、2階にある
インタクン氏のスケッチを展示したホール。

国王陛下の戴冠60年を祝う宮中晩餐会や
バリのBVLGARI HOTEL、Jean-Paul GAULTIERのショーなど、
タイだけでなく世界各国で彼が手がけたフラワーアレンジメントの
元となるスケッチが惜しげもなく展示してあるんです!

アーティストのアイディアの元が見られるなんて、
ゴージャスすぎる~。

$タイ料理ライターブログ

数十分で回れる小さな博物館だけれど、
花の文化に興味のある人にとっては、とても貴重で
興味深い内容になっていると思います。

しかも、ここのすごい点はインタクン氏自らが
館内ツアーを行い、展示品について丁寧に説明してくれるところ。
一緒にまわるだけで、インタクン氏のフラワーアートに対する
深く大きな愛がビシビシと伝わってきて、とっても感動しました!

しかも、全然アーティスト気取りじゃなくて、
むしろかなり気さくで親しみやすいお人柄。
話を聞いているだけで、ふわんと柔らかい気分になれマス。

$タイ料理ライターブログ

オープンしてしばらくはインタクン氏が自らツアーを
するそうですが、その後はどうなるか検討中、とのことだったので
行くなら早いほうがいいかもー。

そして、ツアーの開催時間も決まっているようなので
電話で確認してからお出かけすることをおすすめします(●˘ᴗ˘●)♫

ほかにもお庭の写真などがあるので、続きは
また改めてお伝えしますねー。

THE MUSEUM OF FLORAL CULTURE
花の文化博物館
02 669 3633-4
(※行く前にツアー時間の確認をおすすめします)
315 Samsen Rd., Soi28 Yeak Soi Ongkarak 13,
Nakornchaisri, Dusit, Bangkok
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.428252483884666.94469.206443092732274&type=3
↑ここで館内の写真も少し見られます。

Mapはこちら
※Samsen Soi28を入り、Soi Ongkarak13を左折、
少し進んだ右手側。
Samsenソイ28の入り口と、Soi Ongkarak13の入り口に
↑のチケットと同じロゴの小さな看板が出ています。

Posted on 08:50 [edit]

category: タイ観光

tb: 0   cm: 2

PanpuriのボディスクラブとFacebookページの開設  

$タイ料理ライターブログ

以前、CLASSYで紹介されていたのをブログに載せた
タイのスパブランド、Panpuriのボディスクラブ
Solitude Papaya Body Plish

スワンナプーム空港の免税店で売っていたので
さっそく買ってみましたー♫

$タイ料理ライターブログ

パパイヤとサンダルウッド、ハニー、シアバターの
スクラブは、柑橘を思わせるすっきりとした香り。

ほかにも2種類のスクラブがありましたが、こちらは
ホワイトニングにいいそうです(●˘ᴗ˘●)♫

手の甲でちょっと試してみたところ、けっこうしっかりと
したスクラブ。肌の柔らかいところはちょっと無理そうなので
タイでのサンダル履きで焼けてしまった足に使おうかな。
洗い流した後は、しっとり、スッキリでいい感じ。

$タイ料理ライターブログ

ちなみに、免税店での価格は1310B。
当たり前だけど、日本で買うよりはかなりお得なので
タイに行かれたらチェックしてみてくださいねー。

そしてお知らせなのですが、以前から書かせていただいてる
楽天ショップのブログ、楽天ラウンジのショッピングソムリエとして、
新たにFacebookページを開設しましたー! パチパチキラキラキラ☆

$タイ料理ライターブログ

今回みたいなショッピングネタのほか、
ブログでは紹介していないお気に入りグッズなども
Facebookのほうではどんどん紹介していこうと思っています。

ということで、
もしよろしければ、↓のページから「いいね!」を
お願いします(◕‿◕)

ショッピングソムリエ 白石路以

ちなみに最新ネタでは、ナイフ柄がめちゃめちゃ
かわいいエピキュリアンのカッティングボードをご紹介中。
$タイ料理ライターブログ

タイ料理ネタを中心に、気になるショッピング情報を
掲載していくので、よかったらのぞいてみてください挨拶挨拶

ショッピングソムリエ 白石路以



Posted on 16:20 [edit]

category: タイ スパ&スパプロダクト

tb: 0   cm: 0

川沿いのイチ押しホテル@THE SIAM  

$タイ料理ライターブログ

新しいホテルが次々とオープンしているバンコクですが、
今、私が一番泊まりたいのがここ!

チャオプラヤー川沿いにオープンした
THE SIAMです♫

$タイ料理ライターブログ

川沿いの広大な敷地を利用していながら、
部屋数はたった39室というなんとも贅沢なホテル。

$タイ料理ライターブログ

ロビーからレストランやヴィラへ移動する間にも
グリーンがたくさん! 
バンコクの街中にいるとは思えない、ゆったりとした
空間使いにうっとりです♡

$タイ料理ライターブログ

こちらのホテルのオーナーは、俳優や歌手としても活躍している
Krissada Sukosol Clapp(クリサダ・スコソル・クラップ)氏を含む
The Sukosol Family。

The Sukosol(旧サイアムシティホテル)などを営む
タイでは有名なセレブファミリーです。

$タイ料理ライターブログ

館内には、オーナーが趣味で集めたという
アンティークやヴィンテージ品があちこちに!

$タイ料理ライターブログ

スコソル家のコレクションだっけあって、
好きな人ならそれを見るためだけに訪れる価値もあるんじゃ!?
ってくらい、素敵なものがいっぱいですよー。

$タイ料理ライターブログ

こちらはジムの前に展示されている
古いムエタイグッズの数々。
最近、古いものにかなりはまっているので、
個人的にはこういうのを見るとグッときます!

$タイ料理ライターブログ

しかも、ジムの中にはなんとムエタイリングまで!
これはタイ好きの男性にはたまらないのでは!?

$タイ料理ライターブログ

すっきりとしたデザインのおしゃれなジム。

$タイ料理ライターブログ

駐車場からロビー棟へ出て、そこからレストランまで
けっこう距離があるのですが、その間スタッフの方が
ホテルについていろいろと説明しながら案内してくれるので楽しい!

しかも、あっちにもこっちにも素敵なものがいっぱいで、
なかなかレストランまで辿り着きませんでしたw

$タイ料理ライターブログ
↑このポスター、超絶欲しいです!!!

ほかにもプールや部屋、もちろんレストランの
写真もあるのですが、画像がたくさんありすぎるので
分けてお伝えしようと思います~。
お楽しみに(●'ᴗ'σ)σணღ*

THE SIAM HOTEL
3/2 Thanon Khao,Vachirapayabal,Dusit, Bangkok
T +66 (0) 2206-6999
F +66 (0) 2206-6998
info@thesiamhotel.com
※予約をしたほうがいいと思います。
http://thesiamhotel.com/
スクリーンショット 2012-09-01 1.58.49

Posted on 08:10 [edit]

category: バンコク ホテル

tb: 0   cm: 2

LINEのおすすスタンプ♡  

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg


人気アプリ、LINEにタイの人気漫画家“タムくん”こと
Wisut Ponnimit氏のスタンプが出てますよー。

かわいーー!

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

ということで、さっそくダウンロードして
友人たちに送ってみました(o'v'o)

http://www.wisutponnimit.com/

Posted on 13:50 [edit]

category: タイ関係ニュース

tb: 0   cm: 0

ローカル過ぎる食堂@ラプラオ  

photo:01


仕事でラプラオに行った時に立ち寄った
小さなローカル食堂。

店内もグラスもお姉さんのエプロンも
すべてが30年くらい前の感じで、
なんともかわいい♫

photo:02


私はパットナムプリックパオムー。
豚肉のチリインオイル炒めです。

見たまんま、素朴な味。
パラパラのお米がなんだか懐かしい。

photo:03


一緒に行った人はパッキーマオを。
太麺の激辛炒め。

photo:04


そして、デザートにレインボーアイス!

常連らしきおばあちゃんもカオパットの
後はアイス。
どうやらこの店の定番コースです。

photo:05


お姉さんのエプロンがキッチュで
あまりにかわいかったので、
売ってるお店を教えてもらい、
食後に買いに寄ってしまった(o'v'o)

なんと1枚39B!
色・柄違いで大人買いしたことは
言うまでもありません♫


Posted on 08:37 [edit]

category: バンコク タイ料理

tb: 0   cm: 4

PAPAYA@ラプラオ  

photo:01


行ってみたいなー、と思っていた
バンコクの巨大ビンテージショップ、
PAPAYAに行ってみましたー。

photo:02


映画関係の仕事をしていたオーナーが
撮影に使ったビンテージ品などを
集めて販売しているそうで、
3階建ての大きな倉庫の中には
インテリアから雑貨まで、あらゆる
ビンテージものがぎっしりと詰まってます。

photo:03


撮影に使ったもの、というだけあって
普通の家具に混ざって、こんな方々も。
っていうか、何このカオス……。

photo:04


エアコンがないのでめちゃくちゃ暑いし、
床はギシギシいうし、埃っぽいし。
しかも3階以外は薄暗いので、
なんだか時代も国も違う不思議な場所に
入りこんだような気分になるかも。

photo:05


埃にまみれたBOCHのWild Roseシリーズを発見。

ガラクタに混ざって、いいなーと思えるものも
あるにはあるけど、保存状態が劣悪な
わりに
値段が高いので、かなーーーりの掘り出し物以外は
ここで買う必要はないかと。

ちなみに値段は書いてないので、
気に入ったものがあったら写真を撮っておき、
入り口にいるオーナーに値段を
教えてもらう仕組みです。

photo:06


ただ、本当にいろんなものがあるので、
眺めるのは楽しい!

ビンテージ好きなら、一度行ってみるのも
いいかもしれませんよー。

PAPAYA
306/1 Soi Latprao 55/2, Bangkok
02 933 0661
10:00~19:00



Posted on 17:23 [edit]

category: タイ国内ショッピング

tb: 0   cm: 2

おいしいセンプラー  

photo:01


こないだ取材で食べたセンプラー。
魚のつみれで作った麺です。
今まで、臭みが気になって苦手な料理だったんだけど、
ここのは臭みがなくプリプリ。

初めて、センプラーを「おいしい」と
思いましたよー!

photo:02


取材2軒めで訪れたGateway Ekkamaiで
見かけた人形。

手に持ったうちわには、「ちばの味」の文字が……。
ちばの味と言えば、やっぱり落花生……⁉

唐突なコピーにビックリして思わず
写真を撮ってしまった。。

先日、森田健作氏が千葉のPRに
来てたらしいので、その置き土産かな。





Posted on 09:02 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

tb: 0   cm: 6

POLKA DOT CAFE@アーリーガーデン  

photo:01


だいぶ前から気になっていた
Aree Garden(アーリーガーデン)に
やっと行ってきましたー。

Rain Hillより小さいくらいの
こぢんまりとした空間に、同じく
こぢんまりとしたお店が5~6軒並んでいます。

とりあえず喉が渇いたので、
行ってみたかったポルカドットカフェへ。

photo:02


Honey Lemn なんとか。
ハチミツの味が濃くておいしかったデス。

photo:03


チョコレートなんとか。
これは……個人的にはなしの方向…。

photo:04


あっちもこっちも水玉でかわいい店内。

でも、雑誌で見てた印象より
かなり狭くて、シンプルだった気がする。

POLKA DOT CAFE
ポルカドットカフェ
2/F, Aree Garden, 62 Rama 6 Soi 31
tel:02-617-3204
http://m.facebook.com/polkadotcafe.aree.garden?id=137489989606345&_rdr




Posted on 09:36 [edit]

category: バンコク カフェ

tb: 0   cm: 0

ドゥシットエリアで南タイ料理♫  

photo:01


久々にローカル度100%の食堂へ。

週末、たっくさんのタイ人ファミリーで
賑わう店内。

18時には超満席&お持ち帰り分も
飛ぶように売れていましたよー。

photo:02


タイ人が書き込むグルメサイトでも
評判のよいこちらのお店。
ローカル食堂好きにはおすすめです。

詳細をお楽しみにー(●'ᴗ'σ)σணღ*

Posted on 16:54 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

tb: 0   cm: 4

バンコクのお気に入りに追加!  

photo:01


バンコクに新しい博物館がオープン!

photo:02


詳細はまた書きますが、本当に素敵な場所なんです。

photo:03


土曜日の午後をのーんびりと過ごせましたよー♫

Posted on 09:47 [edit]

category: タイ関係ニュース

tb: 0   cm: 2

バンコクのTWGへ。  

photo:01


数ヶ月前からオープンを心待ちにしていた
バンコクのTWGがやっとオープン!

ということで、お茶好きのお友達を
誘って行ってきましたー。

TWGは言わずと知れたシンガポールの有名紅茶ショップ。
自由が丘にもお店があります。

photo:02


狭い店内に、うず高く積み上げられた
お茶缶の圧迫感が、なんかすごい。。

photo:03


お茶のお供にスコーンを。

実は肝心なお茶の写真を撮るのを
忘れた(アホすぎます)のですが、
エンペラーズ ホワイト ガーデンティという、
なんとも香り高いお茶をいただきましたよー。

photo:04


スコーンに添えられたTea Jamもいい香り♫
スコーンは普通に素朴な感じ。

photo:05


話題のスポットだけに、すごい人で。
私は18時前くらいに行ったんだけど、
それでも少し待ちましたよー。

とりあえず、お店が狭くてテーブルの間隔も
近いので、優雅な感じはしないかな。
純粋にTWGのお茶を飲みたい時には
いいと思います。

場所はBTSプロンポン駅直結、
エンポリアムのGフロア、
正面入口の目の前です(●'ᴗ'σ)σணღ*


Posted on 17:48 [edit]

category: バンコク カフェ

tb: 0   cm: 2

リバーサイドのイチ押しホテルでランチ♫  

photo:01


大仕事も校了して、ホッとひと息中の
今回のバンコク。

昨日はすごーく素敵な川沿いホテルで
優雅なランチを楽しんできましたー。

写真が多すぎて整理しきれないので、
詳細はお楽しみウィークが終わったら
ゆっくりとお伝えしますね(o'v'o)

週末もずっとオープンを楽しみにしていた
新スポットへ行く予定。
仕事の心配抜きで純粋に自分の時間を満喫するのは
本当に久々で、毎日楽しい!

Posted on 09:38 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

tb: 0   cm: 2

雨季のバンコク  

photo:01


毎日、夕方になると雨が降るバンコク。
雨季が来たんだなー。

photo:02


冷たい冬の雨はさすがに辛いけど、
夏の日本や南国で降る強い雨は
嫌いだと思ったことがない気がする。

photo:03


でも、洪水は怖いので
今年は何もなければいいな。

関係ないけど、最近はiPhoneの
写真が1番好きかも。
見たまんまに近くて。

いいレンズでたくさん光を集めた
写真は確かにキレイだし、
写真の腕も良く見える。けど、
自分が実際に見てる世界より
もっとキレイに写ることがあって、
時々ちょっと白けるような。

とか言いつつ、今日も一眼を持って
出かけるんだけど(o'v'o)


Posted on 17:59 [edit]

category: タイ雑記

tb: 0   cm: 0

飛鴨(FAI YA)で飲茶ランチ  

photo:01


日本から来た友人とランチ。
飲茶、というリクエストだったので
BTSチットロム駅近くにある
ルネッサンス ホテル ラチャプラソーンの中の
飛鴨(フェイヤー)に行ってみましたー。

photo:02


好きなだけオーダーできる点心に加え、
スープや炒め物、ごはん物、
デザートなども付いてます。

点心、どれもおいしい♫
エビがとにかくプリップリー。
とくにマンゴーとエビが入った揚げ物が
おいしかったなー。

photo:03


スープはサンラータン。
辛さがしっかり効いてて、美味。
友人のパンプキンスープもおいしかったそうです。

photo:04


1テーブルに1品の炒め物は
白身魚にしてみました。

photo:05


デザートはタピオカのマンゴーソースを。

どれも素材の良さが伝わる上品な味わいで、
とってもおいしかった飲茶ブッフェ。

人気があるみたいで、12時過ぎには
タイ人グループであっという間に
いっぱいになりました。

photo:06


お店の雰囲気もステキです。

店員さんも感じがいいし
駅からも近くて便利なので、
旅行者の方にもおすすめですよー!

photo:07


飛鴨(FEI YA)
Renaissence Hotel Bangkok
http://www.marriott.com/hotels/travel/bkkbr-renaissance-bangkok-ratchaprasong-hotel/

Posted on 09:30 [edit]

category: バンコク その他料理

tb: 0   cm: 0

タイ人の食生活には欠かせない……  

photo:01


街角で見かけた小さな屋台。

にんにく、ホムデーン、乾燥唐辛子。
売っているのは、タイ人の食生活には
欠かせないこの3つの食材だけ。

こういうお店(?)が、いつまでも
バンコクからなくならなければいいのになー。



Posted on 18:36 [edit]

category: タイ雑記

tb: 0   cm: 0

The UCC Oriental@Gateway Ekkamai  

photo:06


友達とGateway Ekkamaiでごはんを
食べようと思ったら、どこも行列!
唯一並ばずに入れそうな、
The UCC Orientalで食べることに。

古き良き日本の喫茶店メニューが中心デス。

上の写真は洋食サラダ。
ホワイトアスパラに惹かれて頼んでみました。

photo:07


トマトスープ。
これはおいしかったです。

photo:08


オムライス。
昔ながらの喫茶店の味わいかと。。

photo:09


ナポリタン。
同上。

お店のお姉さんが、なぜかオーダー
していないものばかりを次々と持ってくるので、
ちょっと落ち着かなかったかなー。

photo:10


次はコーヒーを飲みに行ってみようと
思います。





Posted on 13:08 [edit]

category: バンコク カフェ

tb: 0   cm: 0

シングルCDアダプター  

photo:01


タイとは全然関係ないけど、
機械ネタついでにこんなものをご紹介。

近頃、まったく見かけなくなった
8cmのシングルCD。

アルバムに入っていない廃盤になった曲を
macに取り込むために、Amazonで
お取り寄せしてみました。

シングルCDアダプターですw

photo:02


これ、すでに店頭ではほとんど
売られていません(←近所調べ)。

しかも、Amazonでも定価より高い価格でしか売ってないという
これこそ廃盤!的ないっぴん。

レビューで見ると、macに入れたら
動かなくなった、とか
ギュイーンギュイーンと変な音がして
出てこなくなった、とか
恐ろしいコメントもチラホラ。

まぁ私のは外付けなので、いざとなれば
解体してCDだけ救出すればいいや、ということで購入。

photo:03


ポイントは、このツメの部分。
ここをしっかり留めないと、
中でハズれることもあるみたいです。

とりあえず、問題なく曲を取り込めてひと安心。
調子に乗って、iPhoneに入れてなかった
ほかのシングルCDの曲も何枚か試して
みたけど大丈夫でしたよー。

photo:04


それにしてもシングルCDのこのサイズ、
懐かしすぎる。

短冊形の独特のジャケットも
アルバムにはない薄っぺらい感じも、
中のプラスチックの部分も。

今見ると、ちょっとレトロでノスタルジックで、
なんかいいなー、と思ってしまう。

Posted on 17:25 [edit]

category: 東京 雑記

tb: 0   cm: 0

タイでWiFiポケットを買う@詳細  

photo:01


久しぶりにアクセス解析を見てみたら、
“タイ料理ライター”や私の名前などの
検索ワードと並んで、かなり上位に
食い込んでいたのが
“タイでWiFiポケットを買う”という言葉。

知りたい方が多いのかな、と思うので
簡単に説明しておこうと思います。

まず、本体はBTSナショナルスタジアム駅直結の
ショッピングセンター、MBKの4階で購入できます。

ここは携帯グッズがめちゃめちゃ充実していて、
香港やアメリカのSIMフリーのiPhoneなども
たくさん売ってる、ガジェット好きのパラダイス♡

私がこれを買ったのは確か1年近く前なので
価格は参考になるかわからないけど、
2000~3000Bだったような。

私が買いに行った時は扱っているお店が
あまりなかったので、かなりじっくり探しました。
(お店の人の話では、値段は少し高いけど
trueのショップでも買えるそうです。)

photo:02


で、いつも使ってるネットSIMはこれ。
500MBで199B。これもMBKの4階にある
SIM屋さんで買ってます。

私の時は本体のオマケでtrueか何かの
SIMを付けてくれたのですが、
なぜか何度試してもそれは使えず(>_<)

別で買ったこちらのSIMに替えたら
すぐにつながったので、
それ以来私はこの黒いのしか使ってません。

でも、ほかにも使えるSIMはあると思うので、
買ったお店で確認してみてくださいね。

ちなみにSIMフリーのポケファイがあれば、
このSIMだけで大丈夫デス。

photo:03


なぜかこのSIM、スクムビットエリアでは
見かけないので、MBKに行った時に買いだめw

私は仕事柄、重いデータをやり取りすることも
多いし、重いページを見ることも多々。

しかも、ネットが切れると仕事にならないので
たくさん買ってますが、普通にネットを見るくらいなら
1枚でけっこう持つと思いますよー。

タイのポケファイが必要な人って
かなり限られてるとは思うのですが、
参考になれば幸いです(●'ᴗ'σ)σணღ*

Posted on 08:19 [edit]

category: タイ雑記

tb: 0   cm: 0

トゥクトゥク×中華街  

photo:01


バンコクでもっとも好きな光景のひとつがこれ。
トゥクトゥク×中華街。

最近のバンコクは似たようなSCばかりができて
正直ちょっと食傷気味なのですが。。

こういう光景を見ると
やっぱりバンコクっていいなー、好きだなー、
って思って、ついついたくさん写真を撮っちゃいます♫

photo:02


日本で、つい撮っちゃうものといえば
やっぱりこれ。

いつ見てもきれい。

photo:03


こないだ通りかかった時は、五輪の色に!

日本人選手が金メダルを取った夜だけ、
オリンピックカラーに輝くそうデス(o'v'o)


Posted on 15:42 [edit]

category: タイ雑記

tb: 0   cm: 0

Phan Khon@セントラルラマ9  

photo:01


先日、久々にラマ9のセントラルへ。
良さそうなお店はどこも順番待ちだったので、
わりと空いていたこちらで夕食を。

photo:02


Phan Khon Thai Cuisine。
わかりやすくゴージャスな内装が、今風⁉

最近のタイのSC内のレストランは
みーんなこんな感じで、ちょっと見飽きたかもー。

photo:03


ヤムソムオー。ザボンのサラダです。
甘ーい。

photo:04


トートマンクン。
エビのすり身揚げ。なぜかにんじんと
インゲンの揚げ物も付いててボリューム大!

photo:05


空芯菜炒め。

photo:06


牛肉の黒胡椒炒め。

photo:07


ゲーンソム。

特筆すべき何かはなかったような。
良くも悪くもSC内のレストラン。
ちなみに、セントラルラマ9の7階だったと思います。






Posted on 08:20 [edit]

category: バンコク タイ料理

tb: 0   cm: 2

FUGLEN TOKYO@富ヶ谷  

photo:01


いつか行ってみたいなー、
と思っていたノルウェー・オスロのカフェ、
フグレンが富ヶ谷にできたとのことで、
早速行ってきましたー♫

photo:02


フグレンは、NYタイムズ紙で
「世界で最高、飛行機に乗って試しに行く価値がある」
と評されるほど、コーヒーがおいしいことで
知られている街、オスロの有名カフェ。

富ヶ谷のカフェもオスロと同じレシピで
作っているそうで、アイスカフェラテも
香りがよくておいしーデス♡

photo:03


オスロのフグレンは、昼はコーヒースタンド、
夜はカクテルバーになるほか、店内には
ノルウェーのヴィンテージ家具もいっぱいで、
コーヒー好きはもちろん、雑貨好きにとっても
一度はは訪れたい憧れのカフェ。

もちろん、渋谷区富ヶ谷のフグレンも
同じスタイル。
ノルウェーヴィンテージ一色です(o'v'o)

photo:04


置いてあるものがいちいちかわいくて、
全部欲しいー。

ノルウェーものって見られるところが
あまりないので、かなり貴重。
それだけに値段はけっこうするので、
よーく考えて自分の誕生日にでも
何か買おうかなー、と思ってます♫

コーヒー好きにも、雑貨好きにもおすすめですよー!

FUGLEN TOKYO
フグレン トウキョウ
http://www.fuglen.com/






Posted on 17:53 [edit]

category: 東京 その他料理

tb: 0   cm: 0

DEL REY@銀座のチョコソフト  

photo:01


あまりに暑いので、通りかかった
DEL REY@銀座でソフトクリームを。

クレーム ド ショコラ 480円。
オリジナルのショコラクリームが
濃厚なのに軽くてなめらかで、
カカオパウダーの香りもよくて美味♡
夏っていいなー!




Posted on 13:51 [edit]

category: 東京おやつ

tb: 0   cm: 2

オーダーベンジャロン  

photo:01



オーダーしていたベンジャロン焼きが
届きましたー!

ベンジャロン焼きはキラキラし過ぎで
自宅では使わないかな、と思っていたのだけど、
お友達の家で見たこの色合いにひとめぼれ♡

お友達のオーダーに便乗して、一緒に
お願いしてもらっちゃいました。
アリガトー(^_-)-☆

photo:02


ゴールドの入らない、
マットな色合いがお気に入り♫

前菜とスープやムースをのせたり、
お茶に小さなお菓子を添えたり。。

意外と活用範囲が広そうなので、
ガンガン普段使いしていこうと思います(*Ü*)*.¸¸♪


Posted on 08:38 [edit]

category: タイ国内ショッピング

ポワラーヌのタルティーヌ  

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

マレでお買い物の日。
パリ6区のパン屋さん、「ポワラーヌ」の田舎パンを
使ったタルティーヌ(オープンサンド)が食べられる
レストランがある、とのことだったので行ってみましたー。

ラ キュイジーヌ ド バーというお店。
確か、エル ジャポン4月号に掲載されていたのを
見て行ったんだと思います。

ELLE JAPON (エル・ジャポン) 2012年 04月号 [雑誌]/ハースト婦人画報社

¥650
Amazon.co.jp

みんなでタルティーヌのランチコースを。
サラダかスープと、好きなタルティーヌを選べます。

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

私はアーティチョークとドライトマトの
タルティーヌ。
アーティチョークがたーーっぷりで、
すごいボリューム!

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

友人はフォアグラといちじく。
これ、かなりおいしーーー! 
ただし、フォアグラの量がすごいです。

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

もう一人の友人は、サーディンのタルティーヌを。

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

食後のコーヒー。
本には「ジャックジュナンのデザートが食べられる」
と書いてあって、半分それ目当てだったのに、
お腹いっぱい過ぎて食べられず><

フランスのごはん、一人前が日本人には多過ぎるのが
難点ですよね……。

そして、まったくもってパリとは関係ないのだけど、
パリからバンコクに戻って、一番驚いたのがこの↓ニュース。

$タイ料理ライターブログ

スチャダラBOSEが結婚! なぜか結婚写真がタイ衣裳!

最近、BOSEがタイの話をしているのを雑誌などで
何度か見かけていたので、衣裳がタイだったのには
実はそこまで驚かなかったんだけど。。
まさかキャップの下が、こんな感じになっていたとは……。
しかも、知り合いのタイ人のコックさんに激似だし!

4月にほかの人のライブにゲストとして出ていたのを見た時は、
おなじみのキャップ姿で昔とまったく変わらない印象を
抱いていただけに、改めて月日の流れを実感しましたー。

とにもかくにも、若くてかわいい奥さまと
幸せそうで何よりデス♡


La Cuisine de Bar
ラ・キュイジーヌ・ド・バー

38 rue de Debelleyme 75003 Paris
33 (0)1 44 61 83 39
8h30~22h00 月休
http://www.cuisinedebar.com/en/index.php

Posted on 16:40 [edit]

category: 旅行 Paris

tb: 0   cm: 0

発見!「緑じゃない」グリーンカレー。  

$タイ料理ライターブログ

日本でも大人気のタイ料理、グリーンカレー。
その名の通り、もちろん「緑色」であることが大前提!

のはずですが……、なんと発見してしまいました~。
「緑じゃない」グリーンカレーを!

さっすが、我らがThailand。
ダテに“Amazing”とか言ってません。
探してみれば、なんでもありマース!

ということで、上の写真のカレー。
色的にはどう見ても「レッドカレー」
なんだけど、メニューにはしっかり「グリーンカレー」の文字が。
しかも、味もちゃんとグリーンカレー。

じゃぁ、なんで緑じゃないの……!?
そう思った方は、今発行されている
『タイの台所新聞 34号』で確認してみてくださいねー。

バンコクにあるおいしい料理を紹介する連載、
「本気の一品」にその秘密が書かれています^^

$タイ料理ライターブログ

連載には掲載されていませんが、↑こちらは
「カオパットゲーンキアオワーン」。
つまり、グリーンカレーチャーハン。
が、もちろんこっちも緑じゃありません!

$タイ料理ライターブログ  $タイ料理ライターブログ

ちなみに、こちらのメニューがあるのは
BTSサイアム駅直結のショッピングセンター、
サイアム ディスカバリー内。

タイ人も外国人もいっぱいの、
明るく雰囲気のいいタイ料理レストランです。
$タイ料理ライターブログ

お店のデータは『タイの台所新聞 34号』
掲載されているので、
「緑じゃないグリーンカレー」に興味のある方は
ぜひ見てみてくださいねー(●˘ᴗ˘●)♫

タイの台所新聞34号はコチラから!

Posted on 08:25 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示