タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

Kalpapruek on first@Emporium  

$タイ料理ライターブログ

ソンクラーン初日の夜も打ち合わせ。
ソンクラーン中はお休みするお店も多いので、
絶対開いているエンポリのKalpapruek on firstへ。

1人ごはんの時によく利用するこちら。
スーパーの階にも同じお店がありますが、
ゆっくり、静かに食事をするなら1階にある
こちらがおすすめデス。

とりあえず、お腹がペコペコだったので
打ち合わせの前にいろいろ食べて、近況報告を♫

まずはこちらの人気メニュー、グリーンカレーとロティのセット。
日本でも有名らしく、以前日本から遊びに来た友人は
わざわざシーロムの本店まで
ここのグリーンカレーを食べに出かけてましたよー。

$タイ料理ライターブログ

手羽揚げ。

$タイ料理ライターブログ

ゲーンリアンをオーダーしたけどなかったので、
ゲーンソムを。
ソンクラーン中のせいか、ほかにもないメニューがいくつかありました。

$タイ料理ライターブログ

ほうれん草グラタンも♫

タイ料理のほかにパスタなどの洋食もあるので、
いろいろ食べられて楽しいです^^

お腹いっぱい、打ち合わせも無事に終わって
楽しい夜が更けていきました~。

外でどんなに水掛けやってても、屋内で普通に仕事してると
よくある普通の一日にしか感じられないのが不思議な感じ。。

Kalpapruek on first@The Emporium
1st Floor, Emporium Shopping Complex
622 Sukhumvit Road Bangkok
+66 2 664 8410
月~木: 11:00~22:00
金~日: 10:00~21:00
※BTSプロンポン駅直結、Emporiumの1階
(GFの上の階です)



にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 08:45 [edit]

category: バンコク タイ料理

tb: 0   cm: 4

トリュフ塩のケークサレ  

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg
日本に帰ってきて、
久々にケークサレを焼いてみましたー。

自分で言うのもなんですが、
ふんわり&しっとりのバランスが良く、
おいしく焼き上がって大満足(o'v'o)

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

おいしさの隠し味は、ヨーロッパのお土産で
いただいたトリュフ入りのお塩。

カットした瞬間に広がる香りがたまりません!

ちなみにアスパラ、ドライトマト、クリームチーズ、
じゃがいも、にんじんと具だくさん♫

ケークサレのベースは、憧れの若山曜子先生
レシピを参考にしています。

パウンド型ひとつで作るたくさんのケーク -しっとりパウンドケーキ、ふわふわウィークエンド、ごち.../若山 曜子

¥1,365
Amazon.co.jp

↑型ひとつでいろいろ作れるこのシリーズ、大好き!

そしてそして、カッティングボードは
お世話になっている編集の方にもらったもの。
ケークサレにぴったりのサイズです(●˘ᴗ˘●)♫

皆さん、ステキな贈り物をありがとうございます‼‼‼


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ


Posted on 16:30 [edit]

category: 東京おやつ

tb: 0   cm: 0

オリエンタルのシェフを独占した夜!の続き。  

$タイ料理ライターブログ

週に2日、1日1組限定で
マンダリン オリエンタル バンコク
タイ料理レストラン、サラリムナームの
シェフを独占できる「Chef's Table」。

シェフ、Vichit Mukura氏の案内でたどり着いたのは
厨房の中にある小さなお部屋。

$タイ料理ライターブログ

手書きのメニューボードが迎えてくれました(●˘ᴗ˘●)♫

ちなみにこの「シェフズテーブル」で出される料理は、
このコースだけのオリジナルだそう。
シェフ自らが市場に出向き選んできた最高の食材で、
素晴らしいタイキュイジーヌの世界を見せてくれますよーー!


$タイ料理ライターブログ  $タイ料理ライターブログ

ずらりと並んだ食材を見るだけで、高まる期待!
ちなみに手前にあるのはかぼちゃのスプラウト。
いつもはあまり見かけないそうですが、この日は
市場にたまたま出ていたそうでラッキー♫

シェフが準備に取りかかる中、私たちは
とりあえずワインでカンパーイ。

$タイ料理ライターブログ

みんなの期待やワクワクが最高潮に高まったところで
いよいよ一品めが登場!

Tiger Prawn with Red Curry Sauce。
レッドカレーのスパイシーな香りと
まろやかさのバランスが絶妙!
ぷりっと弾力のあるエビによく合います!
添えられたパックワーンという野菜の歯応えがアクセントに。

$タイ料理ライターブログ

Chicken Coconut Soup。
いわゆるトムカーガイです。
フレッシュココナッツの濃厚な甘みと、
ふわりと広がるチリインオイルの香ばしさがたまらない!
今まで食べたなかで、一番香りのいいチリインオイルだったかも。

$タイ料理ライターブログ  $タイ料理ライターブログ

Blue River Prawn with Red Chilli Sauce。
えび味噌がたっぷり入った奥深い味わいのピリ辛ソースが、
えびの甘みを引き立て絶品。
添えられたかぼちゃの新芽のシャキッとした食感もいい!

$タイ料理ライターブログ

Lamb Chop with Neem Flower。
この日の私の一押しはコレ!
柔らかラムに甘めのソース、そしてカリッと揚がったレモングラス。
そこに粘りのあるツルムラサキの花とニーム(サダオ)を添えて
いただきます。

一見タイ料理っぽくはないけれど、さまざまな香りと食感、
そして甘みや苦みなど、複雑に重なった味わいを楽しむ
この感覚はすごくタイ料理っぽい。

ひと口ごとに違う発見が口の中で広がる感じが
とても新鮮なひと皿でしたよー。

$タイ料理ライターブログ

真剣な表情で、次から次へと料理を仕上げていくシェフ。
できあがった料理は、シェフがテーブルに運んで
お料理の説明をしてくれます。

$タイ料理ライターブログ

Snow Fish with Rice Milk。
タラに白米と緑米をじっくり煮込んだミルキーなソースを添えたもの。
これも変わってるー。けど、まろやかで本当においしい!
タオチオ(タイの味噌)ベースのソースが添えてあります。

そのままも十分おいしいけど、ソースを入れると
コクと香りが加わって濃厚なタイの味に! 
タラとタオチオって合うなー。

$タイ料理ライターブログ

そして、最後にタイデザートの盛り合わせ。
どれも伝統的なものだけど、ココナッツミルクが違う!

品のいい香りと甘み、コクがあって
お腹がいっぱいなのにするすると
いただいてしまいましたー。

今回いただいたのは、6品で1名2900B++のコース。
8品で3900B++のコースもありますが、
正直これ以上食べるのは無理!
ということで、女性は6品のコースがおすすめですよ。

いやー、ほんと全部のお料理がおいしくて大満足!
「行ってよかった!」と舌でも心でも感じられる夜でした。

部外者なのに、お仲間に入れてくださった皆さんに
本当に感謝です!!!!!


MANDARIN ORIENTAL BANGKOK
Sala Rim Naam Chef’s Table
48 Oriental Avenue, Bangkok
02-659-9000
http://www.mandarinoriental.com/bangkok/images/chef_table.pdf
※要予約。4名以上、7名まで。
内容は変更になるかもしれないので、事前に必ず確認してから
予約してくださいね。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 08:22 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

tb: 0   cm: 6

マンゴーとイチゴのスムージー  

photo:01



タイ産マンゴーをいただいたので、
毎朝の習慣、スムージーに入れてみましたー♫

photo:02


マンゴー、イチゴ、ライムでこんなに
かわいい色合いに(o'v'o)
マンゴーとイチゴの甘みにライムの程よい酸味が
加わって、味もめちゃめちゃおいしいっ!

photo:03


普段は野菜も入れてグリーンスムージーを。
ちなみにこの日の野菜はパクチー(●˘ᴗ˘●)♫

もちろん、バンコクでも毎朝飲んでます!

始めて3ヶ月以上経ちますが、
胃もたれや便秘など、時々悩まされていた
胃腸系の不調がほとんどなくなって
体調がとってもイイ!

気になっている方は、始めてみることを
おすすめしますよー。



にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 16:10 [edit]

category: タイ フルーツ

tb: 0   cm: 0

オリエンタルホテルのシェフを独占した夜!  

$タイ料理ライターブログ

いつも素敵な場所に連れ出してくれるマダムたちに
お誘いをいただいて、オリエンタルホテルのタイ料理店
サラリムナームの「Chef's Kitchen」を体験してきました!

今年に入って始まったというこのサービス。
週に2回だけ、オリエンタルの厨房内に設けられた
テーブルで、シェフの調理を間近に拝見しつつディナーコースを
いただけるとあり、とっても楽しみにしていたんです!!!!!

$タイ料理ライターブログ

相変わらず美し過ぎる、オリエンタルホテル。
この日はココ・シャネルを彷彿とさせる
とってもおしゃれな銀髪の老婦人がいて、
しばし見とれてしまった私。。
オリエンタルの雰囲気にあまりにはまっていて、
ご主人とソファに座る様子はまるで絵はがきみたいでしたよ-♫

$タイ料理ライターブログ

夕暮れ時、チャオプラヤーをのぞむ
サラリムナームのテラス席。

$タイ料理ライターブログ

まずはこちらの席で、シェフの登場を待ちます。
ドキドキ、ワクワク……。

$タイ料理ライターブログ

ウエルカムドリンクは、なんとトムヤムジュース!
冷たい、爽やかな香りのジュースなんだけど、
その味わいはまさにトムヤム。
レモングラスやこぶみかんの葉などのハーブのほかに
唐辛子もしっかり入っていて、時間が経つとどんどん
辛くなってくるんですー。面白い。

$タイ料理ライターブログ

シェフ、なかなか来ないなー。
やっぱりタイだなー。なんて思っていたら、こんな前菜セットも。

そして日も暮れかけた頃、ついにシェフが登場!
テレビや雑誌で何度も目にした、憧れのシェフが目の前にーーー。
Vichit Mukura氏です。

渋いんだけど、笑顔が柔らかくて実物はなんとも優しそう。
「おいしいお料理を作る人の顔だー」というのが私の第一印象でした。

今までに少なくとも1000軒以上は飲食店の取材に行っているせいか、
シェフの顔つきや声のトーンから、その人が作る料理の味の方向を
感覚的に想像できるようになってきてる気がする、今日この頃。

$タイ料理ライターブログ

そして、シェフの案内でいざ厨房へ!

$タイ料理ライターブログ

バンコク一の憧れホテル、マンダリン オリエンタル バンコクの
タイ料理店だけに、厨房も「何人働いているの!?」というくらい広~い。
スイーツ専門ブースなどもあって、さっそく興味津々になっちゃいました。

個人的には、サラリムナームのキッチンに入れただけでも
訪れた価値は十分!

日本ではキッチン撮影ってけっこうやっていたけど、
タイでは「汚いから」と言って
見せてくれないお店が意外と多くて><
今までに見せてくれたのって、メトロポリタンホテルの
大好きなレストラン、『ナーム』くらいだったかも。。


ということで、オリエンタルの厨房に入れただけで
すでにちょっぴり興奮状態!

そしてそして、いよいよテーブルへ。

$タイ料理ライターブログ

厨房の中にあるガラスで仕切られた小さなお部屋の中に
素敵なテーブルがセッティングされていましたー。

いよいよ、一組だけのためにシェフ自らがすべてのメニューを
目の前で作ってくれる、特別な夜の始まりです!

長くなってきたので、お料理は次でご紹介しますね(●'ᴗ'σ)σணღ*


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 08:11 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

tb: 0   cm: 4

ソンクラーン@シーロムの写真  

$タイ料理ライターブログ

ソンクラーンの日のシーロム通りの写真をいくつか。
来年は行ってみようかなー、という人の参考になれば。。

とにかく、メインのシーロムは毎年すごい人!
水掛け祭りを楽しむ、というより
「前に進むため」だけに歩いている感じになります、正直。

$タイ料理ライターブログ

ギューギュー! ギャーギャー!って感じ。
通りすがりに白い粉をべったりと顔に塗られるのもイヤだけど、
時々どこからともなく突き刺さって来る氷水はさらにキツい!
あと20年くらい経ったら命に関わりそうなので、
その頃には十分気をつけようと思います。

$タイ料理ライターブログ

↑これが白い粉。水で溶いて使用。
ちなみに、目に入ると激痛が。ハードコンタクト使用の方は
要注意ですよーーーー!

ちなみにピンクとか黄色もあるみたい♡

$タイ料理ライターブログ

パッポンを青空シャワークラブにして
楽しんでいる人々。
懐かしのタイポップスがガンガンにかかってます。

$タイ料理ライターブログ

みんな楽しそうでなによりです♡


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ


Posted on 16:06 [edit]

category: タイ雑記

tb: 0   cm: 2

チャトゥチャックでイサーンランチ  

$タイ料理ライターブログ

どうしても仕事で必要なものがあり、
帰国するその日に行ったチャトゥチャック。

朝から出かけて16時くらいまで歩き回り、
さすがに「もうダメだ……」という心境になったので
目に入ったイサーン料理食堂でランチを。

$タイ料理ライターブログ

ソムタム(青パパイヤのサラダ)。
ちなみに一番上のドリンクは
ナームガチアップ(ローゼルジュース)です。

$タイ料理ライターブログ

ラープムー(豚ひき肉のイサーン風サラダ)。

$タイ料理ライターブログ

ガイトート(フライドチキン)。

チャトゥチャックで適当に入ったお店の味をどうこう言うのは
観光ツアーに組み込まれていたレストランの味に文句をつけるくらい
意味のないことだと思うので、敢えて何も言わない!
(デモネ、デモネーーーー!←心の声)

とりあえず、チャトゥチャックのなかにも
おいしいお店はいくつかあるので、ショッピングついでに
ランチも♫という計画なら、ちゃんと下調べしてから
行くことを激しく推奨しときます!
(まぁ、私はまた適当なところに入っちゃうと思うケド。。)


そして、不完全燃焼感いっぱいのところで
見かけたおやつ↓
$タイ料理ライターブログ

以前、渋谷などで見かけたバクダン焼きのような(今もあるのかな!?)

$タイ料理ライターブログ

なんかチーズ味とかシーフードとか、3種類くらいありました。
とりあえず、何も言いませんが……。
(デモネ、デモネーーーー!←心の声)

暑さと空腹に完敗した一日の記録……。
食事運のない日って、たまにあるよねーーーƪ(•̃͡ε•̃͡)∫ʃ


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 08:43 [edit]

category: バンコク タイ料理

フットマッサージ@スワンナプーム空港  

$タイ料理ライターブログ

今月の帰国で一番驚いたのは、
スワンナプームの出国手続きの早さ!

出国から荷物検査を終えるまでに、5分かかったか
どうか、というくらいのスムーズっぷりでした。

あまりに時間が余ったので
初めてスワンナプーム空港内のマッサージ店へ。

あんまり期待していなかったけど、上手な人に当たってラッキー!
フライト前の45分間、至福のうたた寝どきを過ごせましたよー(●˘ᴗ˘●)♫

45分で400か500Bくらいだったと思います、確か。

$タイ料理ライターブログ

街中よりは割高だけど、日本よりは安いので
今後も空港で時間が余ったら行っちゃいそうです^^


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 16:30 [edit]

category: タイ スパ&スパプロダクト

tb: 0   cm: 4

ソンクラーンの定番ごはん♫  

$タイ料理ライターブログ

ソンクラーンの日、シーロムで食べた
カーオカイチアオ(玉子焼きのせごはん)。

人も道も車も、なにもかもビショビショの道路で
サクッと食べるソンクラーンごはんの定番メニュー。
ごはんとカイチアオで20Bです。

バランスを無視しまくった組み合わせだけど
遠足で食べるおむすびと同じで、ソンクラーンの日に
道端で食べるからこそ、味がある一品!
か、どうかはアナタ次第w

$タイ料理ライターブログ

急用ができて予定を繰り上げたため、
今までで最短!?というくらい、短かった今月のバンコク滞在。

日本に戻って来た日、数日前にお別れしたばかりの東京タワーが
美しく迎えてくれて、早朝から意味もなく感動したり。

やっぱり私はスカイツリーより
断然東京タワーが好き!

日本がこんなにきれいな季節に、ほぼ1ヶ月こちらに
ゆっくり滞在できることが本当に嬉しいです(●˘ᴗ˘●)♫

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 08:10 [edit]

category: バンコク タイ料理

tb: 0   cm: 6

絶品テンモーパン@Naj  

$タイ料理ライターブログ

超小ネタですが、先日取材で訪れた
コンベント通りにあるタイ料理レストラン「Naj」で
いただいたテンモーパン(スイカシェイク)。

これが、びっくりするくらいおいしかったんですー。
フルーツがいいのか、味の配合がいいのかわからないのですが
甘すぎず、もちろんしょっぱすぎず、スイカ自体の甘さと
おいしさをまっすぐに伝えてくれる、絶妙な仕上がり。

一緒に行ったタイ人スタッフ&カメラマンも
「これこそ、本当のスイカジュース!」と言って
グビグビ飲んでました。

ジュースなんてどこで飲んでも同じだと思ってたけど、
やっぱりお店によってこんなに味が違うんですねー。

中学生の時には1人で半玉食べていたくらいの
スイカ好きなので、このおいしさに地味に感動しました(●˘ᴗ˘●)♫



にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 16:56 [edit]

category: タイ フルーツ

tb: 0   cm: 0

気になるカフェ@スクムビットソイ67  

$タイ料理ライターブログ

お久しぶりです!
今月はいろいろあって、ブログの更新までまったく手が回らず……。
お伝えしたいことがたくさんあるのに、
なかなか書けなくてもどかしい感じです><

ということで、今回はスクムビットソイ67のパックソイに
2~3ヶ月前にできていた「Cafe Journey」を
サクッとご紹介します(●˘ᴗ˘●)♫
(もしかしたら、店名ちょっと違うかもー。うろ覚えデス。。)

$タイ料理ライターブログ

けっこう広くてきれいなお店で、カフェ仕事にもよさそうだなー、
と思っていたのだけど、開店直後に行った友人の
「ごはんがかなりマ●イ」という感想を聞いて
尻込みしていたのです……。

$タイ料理ライターブログ

ですが、勇気を出して行ってみたら
意外と普通でしたよー♫
すっごいおいしい、というわけではないけど
仕事ついでに食べる分には、別に問題ないかと。

ちなみに、私は「パッタイスパゲッティ」を。
想像以上でも以下でもない、パッタイ味のスパゲッティでしたw

友人が食べていた「トムヤムチャーハン」も、
具は少ないけど味は普通だったそうです。

$タイ料理ライターブログ

旅がテーマのこちらのカフェ。
あちこちにNYやパリを連想させる小物がチラチラしてます。

$タイ料理ライターブログ

店員さんがみんな一所懸命で感じがよかったし、
PC持って行ってゆっくりしていても特に問題なさそうな
雰囲気だったので、今度は仕事しに行ってみよー。

あ、WiFi使えるかどうか、確認するのは忘れちゃいました。。
すみませんーーー(´⌓`)

場所はスクムビットソイ67の入り口、
ファミリーマートの向かい側。
19時くらいには閉まっちゃうので、早めの時間に
お出かけを~。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 08:36 [edit]

category: バンコク カフェ

tb: 0   cm: 0

ハッピー ソンクラーン♫  

photo:01


ソンクラーンで盛り上がるパッポンをパチリ(o'v'o)

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 08:34 [edit]

category: タイ雑記

tb: 0   cm: 2

サイウア@タイ料理学校  

photo:01


先日、タイ料理学校でサイウアを作りました。
ちなみに、サイウアはタイ北部の辛いソーセージ。

先生曰く、タイには処理された腸は売っていない、
とかで30分くらいひたすら腸の下処理を……。

脂取り、かなり上手くなったと思います( ¯ํε¯ํ )


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 08:44 [edit]

category: タイ料理教室

tb: 0   cm: 0

大衆音楽@Grande Centre Point  

photo:01


ガチャガチャとした日常から離れて
集中して聴きたいCDがあったので、
気になっていたアソークのホテル、
Grande Centre Point SUKHUMVIT-TERMINAL21に
チェックインしてみました。

photo:02


アソークの交差点はすごい渋滞!

聴き終わったらいつものように部屋で原稿書きなので、
日常から離れられたのはほんの2、3時間。

だけど、何もない部屋に反響した音が
体のいろんなところに響いて広がっていくような、
かなり心地よい体験ができて満足♫

ホテルの詳細は、また改めて
ご報告しますねー(●'ᴗ'σ)σணღ*


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ



Posted on 08:11 [edit]

category: バンコク ホテル

tb: 0   cm: 6

TOM N TOM'S COFFEE@K VILLAGE  

photo:01


韓国系カフェで雨宿り。
友人たちがオーダーしたハニートーストは、
120Bとは思えないボリューム!

photo:02


そういえばこのロゴ、
ソウルでも見かけた気がするなー。



にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 16:53 [edit]

category: バンコク カフェ

tb: 0   cm: 4

Spring has come...  

photo:01


いよいよソンクラーン!
タイは1番暑い季節だけど、ソンクラーンになると
「春が来たなー」って気がします。

photo:02


関係ないけど、こないだいただいたチャーンの水。
バード氏、イラストでも若い!



にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 08:41 [edit]

category: タイ雑記

tb: 0   cm: 0

大衆食堂の絶品パッタイ@タイの台所新聞  

$タイ料理ライターブログ

先日取材したシーロムの食堂、「クルア・ヌンソン」 で
店主の方が撮影の後に出してくださったパッタイがまさに絶品!でした。

麺はセンジャンではなくセンレック、エビ味噌などが入っている
わけでもなく、ごくごく普通のシンプルなパッタイ。

中華の影響を受けた油と調味料多めのバンコクスタイルではなく、
昔ながらの素材の味を大切に生かすタイ料理、をすべてにおいて
基本にしているお店なので、パッタイも油っぽさが全然なくて。

この前におかず4品+ごはん1人1皿を完食していたのにもかかわらず、
カメラマンとタイ人スタッフ、私の3人で
2人前はありそうな大盛りパッタイをきれいに食べてしまったほど。

いろいろ加えて濃厚にしなくても、干しえびの香りや
タマリンドの甘みと酸味、ピーナッツの香ばしさなど、
さまざまな食材の味わいをバランスよく重ねれば、こんなに
おいしいタイ料理が完成するんだな、と再認識できました。

一緒に行ったタイ人曰く、
「子供の頃、田舎で食べていたパッタイの味そのもの!
これはバンコクではなかなか食べられないよ」とのことです^^

$タイ料理ライターブログ

オフィス街にほど近いところにある、
本当に普通の大衆食堂。

一緒に取材に行ったタイ人スタッフは、
「食べる前は、るいさんはなんでこんな地味なお店を取材するんだろう、と
思ったけど、ひと口食べてその理由がわかった」
と言ってくれました(o'v'o)

パッタイ以外のメニューはコチラの記事で以前紹介しています。

「食べに来てくれる人には、体に優しくておいしいものを
食べてほしい。タイ人が昔から食べていたようなね」
と語っていたオーナーの気持ちをストレートに感じられる
料理が並ぶおすすめのお店。

パンチのあるタイ料理が好きな人には物足りないかもしれないけど、
個人的にはこういう素朴でおいしくて真剣なお店が一番好きです(●˘ᴗ˘●)♫

こちらのパッタイは現在発行中の
「タイの台所新聞 30号」で紹介しているので、
場所等の詳細はそちらでご確認を~!


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ


Posted on 09:18 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

tb: 0   cm: 8

週末は渋谷西武でNY三昧!?  

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

今月は見たい展覧会がたくさんあるのに
仕事も盛りだくさんで、どれもギリギリ駆け込み気味。
そのひとつがコレ↑ですw

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

興味のない人にとっては本当にどうでもいいであろう
「GOSSIP GIRL MUSEUM」@渋谷西武。

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

無料なので内容はそんなに期待していなかったのですが、
ドラマ内で実際に着用されたドレスの展示があるというので、
どうしても行ってみたくてーーー。

当たり前だけど、場内は女性でいっぱい。
平日の昼間なのに、けっこう混雑しているあたり、
GOSSIP GIRLの根強い人気を感じます。
しかも年齢層が10~50代くらいと広い!

個人的にはドレスの展示と番組のスタイリストの
インタビューが興味深かったです。

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

「GOSSIP GIRL MUSEUM」は今週の日曜日まで!
渋谷西武の7階でやってます(●˘ᴗ˘●)♫

そして、西武で今だけ感じられるもうひとつのNYがこちら↓
$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

NYの人気ベーグルショップ、Ess-a-Bagleが期間限定で出店中。
かなり人気らしく、品数がちょっと少なめ。
私は人気No.2のシナモンレーズンと、いろいろ入ってる
エブリシングを購入。明日のランチに試してみようと思います!

エッサベーグルの出店は4月11日まで。
地下1階の食品売り場にブースが出ています。

渋谷西武でNY気分を満喫するなら、今週末が狙いめですよー。



にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 19:56 [edit]

category: 東京 雑記

tb: 0   cm: 0

甘さ控えめパールミルクティ♪  

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

タイではあちこちで飲めるパールミルクティ。
あのもちもち食感が好きなんだけど、タイのはミルクティが
どうにも甘過ぎるので、最近はかなーーりご無沙汰でした。

が!
こないだたまたま通りかかったJ Avenueのパールミルクティやさんで
素敵なシステムを発見!

なんと甘さを4段階から選べるのです。

私はお砂糖1/4を選んでみたのだけど、確かにその辺の
お店のに比べるとかなり甘さ控えめに!
それでもちょっと甘かったので、次からは砂糖ゼロにしよーっと。

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

Cha Cha Cha
トンロー ソイ15の入り口、
J Avenue内、マクドナルドのすぐそばです。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 16:20 [edit]

category: タイおやつ

tb: 0   cm: 0

One Dish Thai 恵比寿店で桜祭り♫  

$タイ料理ライターブログ

桜が満開になるのを待って、お久しぶりの
ワンディッシュタイ恵比寿店へ。

$タイ料理ライターブログ

恵比寿駅から桜並木を眺めつつ。。
もうこれ以上は咲けないくらい、満開もこもこの桜が
お出迎えしてくれます(o'v'o)

$タイ料理ライターブログ

スープはトムカーガイとトムヤムクン(各280円)を。
1人前ずつ注文できるので、自分の好きなのを選べるのが嬉しい。

$タイ料理ライターブログ

ミントたっぷりのラープガイ 780円。

$タイ料理ライターブログ

タレーオップウンセン 1180円。
おなじみのエビと春雨の蒸し物ですが、
こちらはいろんなシーフードが入ってるバージョン。
エビ、イカ、ホタテと豪華です!

$タイ料理ライターブログ

早めの時間に予約をしておいたので、
ラッキーなことに窓際の席をゲット。

満開の桜×タイ料理でなんとも幸せなひと時でした~。

One Dish Thai 恵比寿店
東京都渋谷区広尾1-3-12 ハイネス恵比寿1F
03-5422-7128
※恵比寿駅から徒歩5分ほど。明治通り沿い、
ラーメン店の一風堂の隣です。
http://one-dish-thai.com/index.html


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 08:16 [edit]

category: 東京 タイ料理

tb: 0   cm: 2

夜桜タイ料理(o'v'o)  

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

今日は気温もぐんぐん上がって、桜はまさに満開!
そんな素晴らしいタイミングで
桜並木の目の前にあるタイ料理店へ。

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

窓際の席を用意していただき、
こぼれんばかりの桜をゆったり眺めつつ
おいしいタイ料理をいただきましたー。

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

恵比寿駅方面へ続く、長い桜並木。
桜が本当にきれいなのっていつも4~5日だけだから
満開の桜を見られるだけで「今年もラッキーだなー」
って、毎年思います。

自分が外国人だったら、絶対桜が満開の時に日本に来たい!


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 22:38 [edit]

category: バンコク タイ料理

tb: 0   cm: 0

バンコク一のメキシカン!?  

$タイ料理ライターブログ

「歩くバンコク」に“バンコク一のメキシカン”と紹介されていた
プルンチットのメキシカンレストラン、「La Monita」に
友人と行ってみましたー。

お昼時だったのですが、店内は白人ビジネスマンでいっぱい。

とりあえず、上のアボカドサラダと

$タイ料理ライターブログ

チキンのブリトーを。

1ヶ月以上前なので詳しいことは覚えていないのですが、
なかなかおいしかったと思います。
ただ、ほかにあまり行ったことがないので、
バンコク一かはわからないけど……><

$タイ料理ライターブログ

デザートに懐かしのチュロスも食べて、お腹いっぱい。

ビジネス街のせいか、13:00を過ぎたらけっこう空いていたので
時間をずらして行くことをおすすめしますよー♪

La Monita
888/26 Mahatun Plaza Ploenchit Road,Bangkok
02-650-9581
http://www.lamonita.com/La_Monita_Taqueria/Welcome.html
※BTSプルンチット駅から徒歩3分。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 08:42 [edit]

category: バンコク その他料理

tb: 0   cm: 0

龍天門@ウェスティンホテル東京  

$タイ料理ライターブログ

先日、友人のお誕生日を祝いに
恵比寿のウェスティンにある中華料理店、
龍天門に行ってきましたー。

本当は日本橋のマンダリンオリエンタルにある中華、
センスの飲茶を久々に!と思っていたのに、
なんと満席!!!!
人気は衰えていないようで、週末の飲茶は
2ヶ月前に予約するのが確実、とのことです。

その後、なんと7軒ほど満席で断られ
やっと辿り着いた龍天門。
席は取れたものの、こちらも驚くほどの超満員でしたー。

大根餅、絶品!
もっちり、カリカリ。食感も香りもよくて、
夢中でいただきました。

$タイ料理ライターブログ
  
  $タイ料理ライターブログ  $タイ料理ライターブログ

季節野菜の蟹あんかけや各種点心、隠れメニューの
坦々麺は冷・温2種を。

そういえば、ここの坦々麺もすごーーく久しぶり。
甘みのあるスープの旨みがダイレクトに伝わってくる
冷やし坦々麺は、やっぱり絶品!

$タイ料理ライターブログ

食後、友人に運ばれたマンゴープリンの
バースデープレート。
魚の形のマンゴープリン、かわいい!

$タイ料理ライターブログ

ちなみにこちらが普通のバージョン↑

休日のせいか、かなーーりガチャガチャとしていた店内。
ですが、私たちも気兼ねなくおしゃべりを楽しめたので、
逆によかったかな、と思います♪

中国料理 龍天門
http://www.westin-tokyo.co.jp/restaurant/ryutenmon/index.html


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 16:27 [edit]

category: 東京 その他料理

tb: 0   cm: 0

ペンシー先生のタイ料理店@アトレ四谷  

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

公私ともにお世話になっている
味澤ペンシー先生のお店が四ツ谷にオープンした、
ということで、お邪魔してきましたー。

アトレの1階にある、かわいくて小さなお店。
駅直結なので、アクセス便利です^^

↑はハーブと野菜のお米のサラダ 800円(スープ付き)。
ペンシー先生の故郷である、タイ南部の名物料理、
カオヤムを食べやすくアレンジしたもの。

生のレモングラスやこぶみかんの葉など、
フレッシュハーブがたっぷり摂れるので女性におすすめ!

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

グリーンカレー 800円(ライス付き)。
柔らかな鶏肉とナスがたっぷり!
しっかりスパイシーなグリーンカレー。
具だくさん&まろやかで、おいしくいただきましたー。

$タイ料理ライターブログ-ipodfile.jpg

個人的に気になったのは、バインミーのようなパンに
ガイヤーンなどをはさんだオリジナルの「バンコクサンド」!
この日はパンが売り切れで食べられなかったので、
また今度ためしてみようと思います。

お弁当もやっているので、
お花見前に寄って買っていくのもよさそうですよ♪

ペンシーズ キッチン アトレ四谷
JR四ッ谷駅直結
03-5312-9733(予約不可)
http://spiceroad.co.jp/tinun/t35.html


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 10:15 [edit]

category: 東京 タイ料理

tb: 0   cm: 2

植松良枝先生の「とれたて野菜レシピ」!  

$タイ料理ライターブログ

お仕事でお世話になっている料理研究家、
植松良枝先生の新刊『とれたて野菜レシピ-菜園発おいしい120品』
出版記念パーティにご招待していただき、行ってきましたー。

植松先生は、『ELLE a table』や『レタスクラブ』など
数々の雑誌などで活躍されている、超人気料理研究家。
ちなみに今回の本は『NHK趣味の園芸 やさいの時間』の
連載をまとめたものだそう。

ご自分で各国の料理を食べ歩き研究されるほどの
エスニック好きとしても知られていて、
タイ料理とも深~いご縁がある方なんです!

※植松先生とタイ料理の深い関係については、コチラ
インタビューで^^

$タイ料理ライターブログ

当日は先生お手製の野菜料理のほか、

$タイ料理ライターブログ

植松先生のご友人であるスパイス番長の皆さんの
手作りカレーなども登場して盛りだくさん!

どれもこれもおいしくて、贅沢な夜を過ごさせていただきました♪

植松先生はご自身の菜園でたくさんの野菜を作っているほどの野菜好き。

それだけに、どのお料理も野菜自体が持つ味わいや香りを
存分に引き出しているのはもちろん、
野菜の色合いや食感なども生かされたメニューばかり。

野菜好きの女性なら、味・ビジュアルともに心ときめくはずなので
ぜひチェックしてみてくださいねー!


とれたて野菜レシピ―菜園発、おいしい120品 (生活実用シリーズ)/著者不明

¥1,365
Amazon.co.jp


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 17:00 [edit]

category: 東京 雑記

tb: 0   cm: 0

注目若手シェフ@Mazzaro Boutique & Restaurantの絶品レシピ公開♪  

$タイ料理ライターブログ

現在発行中のmoca4月号
タイの注目若手シェフ、ロンポー・ポティスントーン氏に
習ったタイ料理レシピをご紹介しています♪

$タイ料理ライターブログ

タイのフード雑誌が発表したバンコクのホットなシェフ
ベスト10人にも選ばれたポティスントーン氏は、
テレビ番組や雑誌など、メディアでも引っ張りだこ。

今、タイでもっとも注目すべき料理人の1人なんです。

しかも、大伯母さまは元宮廷料理人。
その大伯母さまから引き継いだ宮廷仕込みの料理に
現代風のアレンジを加えた独創的なメニューが
タイ人、外国人を問わず多くのファンの支持を集めています。

  $タイ料理ライターブログ  $タイ料理ライターブログ

教えてもらったのはシェフのスペシャリテでもある
スモークダックのレッドカレーや
初心者でも簡単に作れるトムヤムクンなど、全6品。

私が個人的に気に入ったのは、

$タイ料理ライターブログ

プラーケム(塩漬け魚)のチャーハンと、

$タイ料理ライターブログ

ナムプリック・クンシィアップ(干しえびのディップ)の
スパゲッティ。

プラーケムやナムプリック・クンシィアップはなじみの
ない方も多いかもしれませんが、どちらも旨みがギュッと
詰まった、日本人にもおすすめしたいタイ食材。

moca読者の皆さんには、タイに住んでいるうちに
日本ではなかなか手に入らない食材もどんどん積極的に
試してほしいなぁ、と思いあえて入れてみました!

どちらも材料さえ揃えれば簡単にできるので、
1人ランチの時などにこっそり挑戦してみてくださね♪

ちなみに、今回ご紹介した料理は
ロンポー・ポティスントーン氏のお店、
Mazzaro Boutique & Restaurantでもいただけます。

$タイ料理ライターブログ

アメリカでデザインと料理を学んだシェフが
自ら内装も手がけたというだけあり、
店内はまるでモダンアートのギャラリーみたい!

$タイ料理ライターブログ

あちこちに飾られている絵画もシェフと友人の
手によるものだそうです^^

$タイ料理ライターブログ

場所はチャルンクルン通り。
有名ホテルや観光地が集まっているエリアなので
日本からお客様が来た時に案内するのにも
おすすめですよー。

実はこの号の撮影が行われた時、
バンコクは洪水騒動の真っ只中でした。

「今日こそチャオプラヤーから
水が市内に流れ込むかも」という報道もあり、
レストランの周りにはぐるりと土嚢が。

お店はチャオプラヤー川のすぐそば……。
今にも大粒の雨が降り出しそうな天気で
みんなが不安に包まれるなか、ずっと笑顔で
撮影に協力してくれたシェフには本当に感謝です!

Mazzaro Boutique & Restaurant

$タイ料理ライターブログ
↑クリックすると拡大できます。



にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ

Posted on 10:18 [edit]

category: 仕事について

tag: Mazzaro  Boutique  &  Restaurant  バンコク  タイ料理 
tb: 0   cm: 4

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示