タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

THAI DINING SOI 7@代々木八幡  

$タイ料理ライターBLOG

久々に東京のタイランチ(●˘ᴗ˘●)
近くに用事があったので、
前に『GINZA』のムック「東京おいしいごはん」
見かけて気になっていた富ヶ谷の
『THAI DINING SOI 7』へ行ってみましたー。

GINZA特別編集 東京おいしいごはん (マガジンハウスムック)/著者不明

¥880
Amazon.co.jp

中目にある『ソイ7』の2号店だそう。

$タイ料理ライターBLOG
$タイ料理ライターBLOG

シンプルなアジアンカフェ風のかわいい店内。
気取りすぎず、かわいすぎずの程よさ加減がいい感じ。

入り口付近の席はオープンエア風になっていて
入りやすい雰囲気です♪

$タイ料理ライターBLOG

大山地鶏のバジル炒めと
グリーンカレーのコンビネーション 950円
をいただきました。

ランチはメインのほかトムヤムスープ、
キャベツの千切りサラダ、アイスティが付きます。

素材にこだわりがあるらしく、
鶏肉は大山地鶏、豚肉は沖縄産アグーを
使っているよう。
確かにお肉が柔らか。

全体的にマイルドめで味のバランスもいいので
誰でも食べやすそうです。
バジルの香りがなかったのが個人的には残念……。

お持ち帰りもやっていて、お弁当を
買っていく人もけっこういましたよー。

$タイ料理ライターBLOG

タイダイニング ソイ7
東京都渋谷区上原1-3-7
03 5454 1028
http://r.gnavi.co.jp/gabd600/
※富ヶ谷の交差点のすぐそば

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
↑バンコク情報満載です♪

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ
にほんブログ村
↑タイ料理情報満載です♪

Posted on 12:07 [edit]

category: 東京 タイ料理

tb: 0   cm: 6

カイルーククーイ@タイ料理教室  

photo:01


タイ料理教室で習った
揚げ玉子のタマリンドソースかけ。

これもすでに4つの教室で習ったけど、
玉子の揚げ方のコツもソースの味も
全部違ってて面白い!

自分で作る時は、
もちろんいいとこ取りっ☆彡

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
↑バンコク情報満載です♪

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ
にほんブログ村
↑タイ料理情報満載です♪

Posted on 16:25 [edit]

category: タイ料理教室

tb: 0   cm: 6

Minimarket Foodmodel by Mike Foodmodel  

$タイ料理ライターBLOG

タイ人の友人がフードモデルのサンプルを
見に行くというので、一緒に河向こうまで。

$タイ料理ライターBLOG

「工場」と言っていたので作るところが
見られるのかと思ったら、展示場でしたー。

工場で物を作っている過程を見るのが
大好きなので、ちょっとがっかり。。

$タイ料理ライターBLOG

大量のルークチン。さすがタイ!
↓こんな感じに変身します。
$タイ料理ライターBLOG

バミーも♪
$タイ料理ライターBLOG

合羽橋などにある日本のサンプルやさんに
比べるとかなり粗が目立ちますが笑、
その分(?)お値段はかなり控えめです。

$タイ料理ライターBLOG

週末はチャトゥチャックでお店を開いてますよー。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
↑バンコク情報満載です♪

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ
にほんブログ村
↑タイ料理情報満載です♪

Posted on 10:20 [edit]

category: タイ雑記

tb: 0   cm: 0

府皇@K Village  

$タイ料理ライターBLOG

ソンクラーン中、行きたいお店が
軒並みお休み……。
友人と流れ流れてたどり着いたのが、
K Village内にある香港から来た
お粥とワンタン麺のお店『府皇』でした。

香港麺、大好きなのでかなり期待したのですが
残念ながらこの日は茹ですぎ……。

コシが魅力の香港麺が、完全にバミーに><

$タイ料理ライターBLOG

カナーのスープ。

$タイ料理ライターBLOG

エビはプリっとしてましたよー。

スープも麺も器には「熱いから注意!」って
あったのですが、どちらもぬるめ笑。

もしかして、ソンクラーン中で
シェフがお休みだったのかも!?

$タイ料理ライターBLOG

椅子とテーブルの高さが合っていなかったのも
地味ーーに気になった……。


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
↑バンコク情報満載です♪

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ
にほんブログ村
↑タイ料理情報満載です♪

Posted on 08:44 [edit]

category: バンコク その他料理

tb: 0   cm: 0

パノラマ@Crowne Plaza bangkok  

$タイ料理ライターBLOG

ブーンポチャナーで食べた後、
Aさんと向かったのは
フリーペーパーで一時期めちゃめちゃ
取り上げられていた『Panorama』。

以前はパンパシフィックホテルだった
Crowne Plaza bangkokの23階にある
レストランです。

お腹いっぱいだったのに、デザートをオーダー。

$タイ料理ライターBLOG

私はホットチョコレートケーキ。

$タイ料理ライターBLOG

Aさんのはちょっと変わってますが、
確かこれはティラミスだったような記憶……。

$タイ料理ライターBLOG

しゃべり倒してたらあっという間にディナータイムに。
日本人のゴルフ帰りっぽい男性グループが多かったのですが、
CAらしききれいなお姉さんグループも。
とりあえず、私が見たお客さんは全部日本人でしたー。

ディナーブッフェはおいしそう&楽しそうだったな。

$タイ料理ライターBLOG

Panorama
952 Rama4Rd., Bangkok
02 632 9000
http://www.panoramabangkok.com/

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
↑バンコク情報満載です♪

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ
にほんブログ村
↑タイ料理情報満載です♪

Posted on 20:25 [edit]

category: バンコク その他料理

tb: 0   cm: 0

ブーン ポチャナー@シーロム通り  

$タイ料理ライターBLOG

こんにちはー!
このブログ、いつもはなるべく行った順にお店を
紹介しているのですが、3ヶ月くらい前から
段々と遅れだし、今ではもうメチャメチャ笑。

記憶が薄れてしまったお店は飛ばしつつ、
目に付いたものから更新してますっ!

ということで、こちらは先月の初めくらいに行った
シーロムの『ブーン ポチャナー(食得福)』

エルメスのマーケティングマネージャーだという
セレビューなタイ美女が雑誌でよくおすすめしているので
気になっていたのです。
※彼女の美女度とは反比例するかのごとく、質素な店構えですが……。

$タイ料理ライターBLOG

その美女さんのイチオシがコレッ↑
その名も、「クン マッギー」です。

エビのマギーソース炒めなんて、正直なところ
全然おいしそうな響きではないのですが、これが絶品!

エビは頭からバリバリいけて、
濃厚なソースの味が後を引きます。
さすがエルメス美女、やっぱり下手なものは
紹介しないですねー。

$タイ料理ライターBLOG

こちらは、メニューには載っていないのにも
かかわらず、すべてのテーブルでオーダーされていた鶏料理、
「ガイトムシーク」。

これも名前のままだけど、茹でた鶏肉をさいたもの。
甘酸っぱいのと辛いの、2種類のタレでいただきます。

$タイ料理ライターBLOG

あとはこのイカフライみたいなやつと、

$タイ料理ライターBLOG

香港焼きそばみたいなのもいただきましたー。

$タイ料理ライターBLOG

「クンマッギー」、また食べたいなぁハート

この日はいつもお世話になっている編集のAさんと、
Aさんのお友達のNちゃんとお出かけでした。
最近、新しい人と会う機会が増えていて、
いろんなお話が聞けるので楽しいです♪

BOON RESTAURANT(食得福)
152/18-19 Silom Rd., Bangkok
02 237 2764
11:00-05:00
※ソンブーンのそば。日本人におなじみの
『遼寧餃子館』の向かい側です。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
↑バンコク情報満載です♪

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ
にほんブログ村
↑タイ料理情報満載です♪

Posted on 15:46 [edit]

category: バンコク その他料理

tb: 0   cm: 4

『madam FIGARO』のタイ特集  

$タイ料理ライターBLOG

『madam FIGARO』のタイ特集、久々!

載っているお店も雑貨もいつも素敵なので
タイ特集の号は永久保存版!
もちろん、バックナンバーもちゃんと保存してます(●˘ᴗ˘●)♫

個人的にはアピチャポン監督が案内する
チェンマイの内容が気になるー!

最近、バンコクでは学校と仕事を両立している
こともあってなかなか地方に行けないけど、
来年はまた忙しくなりそうなので
今年中にどこかに行けると嬉しいなぁ。

写真にもお店のセレクトにも、
ほかのガイドブックとは一線を画す
センスとこだわりが詰まっているので、
読むのが本当に楽しみ!

時間がある時に、ゆっくーり楽しもうと思います♪
みなさんも、ぜひぜひニコちゃん

madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2011年 06月号 [雑誌]/著者不明

¥670
Amazon.co.jp


にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
↑バンコク情報満載です♪

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ
にほんブログ村
↑タイ料理情報満載です♪

Posted on 23:17 [edit]

category: 東京 雑記

tb: 0   cm: 2

ジアンハーイ@タイの台所新聞Vol.19  

$タイ料理ライターBLOG
こんにちは♪
現在発行中の「タイの台所新聞」最新号にて、
ラプラオにある北部料理レストラン、
『ジアンハーイ』をご紹介しています。

日本人のタイポップファンにも人気のバンド、
BIG ASSのメンバーがオーナーということもあり
日本人のお客様も多いというこちらのお店。

$タイ料理ライターBLOG

日本人にはカオソーイが圧倒的に人気、
とのことですが記事では敢えて、
下の写真の『カノムチーン・ナムギョウ』を
ご紹介しています。
なぜなら、めちゃめちゃおいしいから!

$タイ料理ライターBLOG

北部出身の奥様が味を徹底的に管理している
というだけあり本場ばりの辛さですが、
タイ料理マニアなら絶対ハマる、奥深ーい味わいです。

詳細は『タイの台所新聞19号』でご確認を~↓

$タイ料理ライターBLOG


前にもご紹介しましたが、
ブアローイも忘れられないおいしさ!

$タイ料理ライターBLOG

フレッシュココナッツミルクで作っているだけあって
香りがよく、濃厚でトロットロ。
やっぱり缶とは香りも味も違います!

$タイ料理ライターBLOG
$タイ料理ライターBLOG

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
↑バンコク情報満載です♪

にほんブログ村 グルメブログ タイ料理(グルメ)へ
にほんブログ村
↑タイ料理情報満載です♪

Posted on 17:37 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

tb: 0   cm: 2

LUK Kaithong@トンローソイ13  

$Thai Food Writer Blog

もう先月ですが、以前から気になっていたお店
『ルーク ガイトーン』へ行ってみました。

前を通るたびに気にしつつも、ずっとデリバリー専門店
だと思ってスルーしていました。
が、ちょっと前に雑誌の「2代目レストラン特集」(だったかな)に
掲載されているのを発見。
ちゃんと座って食べる席があることも発見。

ムアトンタニーで『ガイトーン』というお店をやっている方の
息子さんのお店。
店名からガイヤーンのお店だとずっと思っていたのですが、
香港料理がメインです。

$Thai Food Writer Blog

とにかく気になったのが、↑このメニュー。
Steamed Streaky Pork and Vegetable 300B。

豚の三枚肉を高菜と煮込んだもの。
お肉がかなり柔らかくなり、豚の脂と甘みがしっかり出るまで
煮込むのがポイントらしいです。

これ、日本人的にはかなーり味が濃いので好き嫌いが
分かれそうですが、私は好き♪

私は試しませんでしたが、饅頭と一緒に食べるのが
おすすめみたいです。

$Thai Food Writer Blog

ごはんとのセットは155Bです。

$Thai Food Writer Blog

カナーのオイスターソースがけは250B。
おぼっちゃんのお店だからか、少々値段設定は強気。

$Thai Food Writer Blog

エビのワンタンスープ 155B。
エビがプリッとしていて、野菜も下にたくさん
入っていて美味。

香港バミーなどもあるので、この辺りでサクッと
それらしきごはんを食べたい時にはいいかも。

個人的には「ムーサップヌンプラーケム」という
料理がとても気になっているので、
近々また行っちゃうかも。

$Thai Food Writer Blog

外から見るとファーストフードのような雰囲気ですが、
中はビミョーに豪華なのも、ちょっと不思議。

$Thai Food Writer Blog

ルーク ガイトーン
251/2 soi Thonglor13, Sukhumvit soi 55
02 185 2698
10:30-22:00
※トンローからソイ13を入って直進、
徒歩3分ほどで左手に鶏マークの看板が見えます。



Posted on 08:51 [edit]

category: バンコク その他料理

tb: 0   cm: 2

White Cafe@トンロー  

$Thai Food Writer Blog

こんにちは!
なんだかんだで、けっこういろんなお店に行っている
今月のバンコク滞在。

なかでも気に入ったお店のひとつが、
ここ『White cafe』です♪

一緒に行ったtakacoさんのリクエストで行ったこちら、
ほんとにかわいくて感動&takacoさんに感謝ニコちゃん

メニューはタイ料理からパスタなどまでとっても豊富。

ですが、よく読んでいるブログに
「タイ料理をオーダーすれば、がっかりすることは絶対にない」と
書いてあったので、迷わずタイ料理をオーダー。

$Thai Food Writer Blog

ラープオークペットヤーン 280B。
ダックの胸肉のラープ。柔らかく甘みのあるダックに
マナオの酸味とカオクアの香ばしい香りが合う!
パクチーファランをはじめ、ハーブもたっぷりでおいしー♪


$Thai Food Writer Blog

値段とメニュー名を忘れちゃったのですが、ネームクルック。
こちらも揚げたごはんの香ばしさと、豚の食感のバランスが絶妙。
おしゃれカフェにはあるまじき辛さだったけど、
添えられたハーブや野菜と一緒に食べるとちょっと中和されて美味。

$Thai Food Writer Blog

カーオクルックカピ ムーワーン クンヘーントート 220B。
これも味と食材の割合のバランスがよくて、
おいしいカーオクルックカピでしたー。

ソイ49にあった『White Cafe』を閉めた後も、ケータリングで
大成功していたBenya Nandhakwang さんのお店だけあって、
やっぱり味は確か!

$Thai Food Writer Blog

料理の盛りつけも素敵だし、店内に置いてある小物も
かわいいし、ツボだらけのお店です!

$Thai Food Writer Blog
$Thai Food Writer Blog


しかも、大好きなオープンキッチン♪

$Thai Food Writer Blog

かわいいお皿がズラーッと並んでいて、調味料の並べ方
ひとつとってもセンスがよくて。
料理が完成していく過程を眺めているだけで楽しい。

$Thai Food Writer Blog

ハイソなタイ人に大人気なのも納得のセンスと味。
またすぐ行きたいお店のひとつですハート

$Thai Food Writer Blog

White Cafe
988/5 Noble Solo Condominium
Sukhumvit Soi55, Bangkok
02 714 7623-4
08 6023 8881
11:00-24:00


Posted on 08:42 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

tb: 0   cm: 4

Odean@ジャルンクルン通り  

$Thai Food Writer Blog

今日はサンペンに行く前によく行っている
お気軽点心やさんをご紹介♪

ここは気軽にサクッと寄れるけど、どの料理もおいしいので
布を大量購入する前の腹ごしらえにピッタリなのです。
この日も、友人の仕入れにつき合う前に立寄りましたー!

いつも食べるメニューのなかでも、気に入っているのが
上の写真のキアウクングローブ。

サクサクに揚げたワンタンの中に、
エビがぎゅーっと詰まってます。

エビの食感はもちろんのこと、お気に入りの最大ポイントは
揚げたてワンタンのサックサク具合。
軽くて、油っこくなくて、
気づけば何個もパクパク食べちゃう♪

$Thai Food Writer Blog

そして、大好きメニューのホーイジョー。
かに肉を湯葉で包んで揚げたこのメニューは、好物のひとつ。

いろんなところでよく食べるのですが、ここのはカニが
もっさもっさと詰まっててちょっと贅沢。
表面のパリパリっぷりも完璧ですよー。

$Thai Food Writer Blog

お店のおすすめ、カノムジープ クンソットもおいしー。
エビシュウマイですが、これでもかっ!と
エビがプリプリしてます。

$Thai Food Writer Blog

レタスのオイスターソースかけ。

$Thai Food Writer Blog

バミーヌアプーは50B。
薄味&細麺で、ザ・バンコク中華街な味わいです。

$Thai Food Writer Blog

カオパットはわりと普通かな。

ちゃんとしたレストランでフカヒレを食べる気分じゃないけど、
その辺の屋台で食べて失敗するのもいや、って時に
ぜひおすすめしたいお店です♪

$Thai Food Writer Blog
$Thai Food Writer Blog

『Odean』
08 6888 2341, 08 4703 4042
9:00-21:00
※フアランポーン駅方面からジャルンクルン通りに入り、
ワットトライミットをを過ぎて少し進んだ
左手(ワットトライミットと反対側)側。

Posted on 08:22 [edit]

category: バンコク その他料理

tb: 0   cm: 2

ソンクラーンのお寺祭り@ワットタートン<レジャー編>  

$Thai Food Writer Blog

写真が多いので、2回にわけてみました♪
こちらは、レジャー(?)編。

大人も真剣に遊ぶタイの寺祭り、いろいろ屋台もありますが
やっぱり目立つのは観覧車。

$Thai Food Writer Blog

でっかい滑り台も。
子供たちは、めちゃめちゃ楽しそうに遊んでましたよー。

$Thai Food Writer Blog
$Thai Food Writer Blog

そして、大人たちもめちゃめちゃ真剣&楽しそう。
まぁ、もらえる景品はこんな↓感じですが……。

$Thai Food Writer Blog
$Thai Food Writer Blog

ちょっとやってみたくなって私もいくつか挑戦したけど、
何にも取れなかった><
思ったより、難しいのねー。

$Thai Food Writer Blog

タイのお寺祭り、とくに見所はないけど
日本にはないものがたくさんあって、たまーに
ちょっとだけ見る分には楽しいかも。

$Thai Food Writer Blog

Posted on 17:58 [edit]

category: タイ雑記

tb: 0   cm: 2

ソンクラーンのお寺祭り@ワットタートン<食べ物編>  

$Thai Food Writer Blog

ソンクラーン期間中、エカマイ駅前のワットタートンで
開催されていたソンクラーン祭り。

毎日たくさんの人で賑わっていて、屋台の数もほかのお祭りの
時より、少し多めだった気がします♪

私も、仕事帰りに友人と寄り道。
上の写真はカノンパンピン。
炭火であぶった食パンに、バターとお砂糖をかけたもの。
バタートーストですね。

$Thai Food Writer Blog

そして、ちょっと豪華な屋台も発見!
ヤムやさんなのですが、なんとシャコが並んでましたー。

$Thai Food Writer Blog

何人もお持ち帰りの人が並んでいた、大人気のホイトート屋台。

$Thai Food Writer Blog

出てくるまでに、20分くらい待ちました><

$Thai Food Writer Blog

隣の屋台でオーダーしたクイッティアオ・ルアは
2分くらいで登場^^

$Thai Food Writer Blog

お砂糖をかけるので、甘いバターコーン。
コーンがめちゃめちゃプリッとしててびっくり!

もともと屋台が豊富なタイだけに、お祭りの屋台も種類豊富。
プラプラと眺めているだけでも、楽しいです♪

Posted on 15:24 [edit]

category: バンコク タイ料理

tb: 0   cm: 0

Cafe&Etcetera by kloset@トンローソイ10  

$Thai Food Writer Blog

ソンクラーンの中日、行きたいお店が全部閉まってる~><
いろいろ移動して、流れ着いたのがここ
トンローソイ10(かなりエカマイ寄り)のカフェ、
『Cafe&Etcetera by kloset』。

$Thai Food Writer Blog

ちょっと前にオープンしたようで、
前を通るたびに気になっていたお店のひとつ。
水色と白を基調にした店内は、すっきりかわいい♪

メニューはタイ料理のほかに、洋風の軽食も。
ケーキもちょっとだけありましたが、
見た目がイマイチだったので
とりあえずタイ料理系をオーダー。

$Thai Food Writer Blog

ヤムヘッド。
きのこのヤムです。
辛くしないで、とお願いしたらノープリック!
なので、ちょっと物足りなかったかなー。

$Thai Food Writer Blog

サイウア入りパスタ。
北部名物のカレー風味のソーセージ、
サイウア入りのパスタです。
こちらはわりと辛め。タイの味でした。

$Thai Food Writer Blog

パッタイもオーダー。

まだオープンしたてのせいか、
ないメニューもけっこうあって
オーダーがちょっと難しかったです><

$Thai Food Writer Blog

お店はかわいくてゆったりできる雰囲気だったので、
オープンのバタバタが落ち着いた頃に
また行ってみたいなぁ。

Posted on 08:07 [edit]

category: バンコク タイ料理

tb: 0   cm: 0

mad about juice@アーリー  

photo:01


アーリー駅前のLa Villa。
gray houndとかafter youとか
カフェがたくさんあるけど、
1番空いていたこちらへー。

パッションフルーツとマンゴーという
大好きな組み合わせ♫

最初から最後まで自分以外にお客さんが
いなかったので、ゆったりのんびり
過ごせましたー。

Posted on 19:05 [edit]

category: バンコク カフェ

tb: 0   cm: 0

Chico@スクムビットソイ53  

photo:01


先日、日本人にはおなじみの猫カフェ、
Chicoに初めて行きましたー♫

photo:02


私はオムライス、

photo:03


友人はハニートーストをオーダー。

photo:04


photo:05


子猫がかわいすぎた囧

photo:06


ナチュラルかわいい系の雑貨も
いくつか購入して帰りました♫

Posted on 15:08 [edit]

category: ブログ

tb: 0   cm: 4

ティップサマイ@マハチャイ通り  

$Thai Food Writer Blog

ちょっと遠出をした帰り、パッタイ好きの友人が
「ティップサマイ食べたい!」と言うので寄ってきました。

タイ人なら知らない人はいないほどのパッタイの超人気店。
在住外国人や観光客にもファンが多く、
いつもたくさんの人で賑わっていますよねー♪

$Thai Food Writer Blog

とりあえず、これも定番のオレンジジュースを注文。
果肉たっぷりのオレンジジュースも人気が高く、
店頭ではジュースだけ買って帰るタイ人の姿も多く見かけます。

$Thai Food Writer Blog

そしてパッタイ登場ー!
こちらはマンクン(えびみそ)をソースにたっぷり
使っているそうで、味わいにコクがあり濃厚まったり。

麺もパッタイに最適だというコシがあってもちもち食感の
センチャンを使用。
また、白砂糖より深い甘みの出るパームシュガーを使うなど、
いろんなところにこだわってます。

$Thai Food Writer Blog

店頭にあるいくつかのコンロでは、店員さんがずーーーっと
パッタイ炒めてますよー。

$Thai Food Writer Blog

チャイヨーブランドのパッタイソースも売ってました。

プーカオトーンがある、ワットサケットのすぐそば。
ここは住んでいる時に、よく行っていたお寺のひとつです。
閉塞感と開放感が混在しているところが好きー。

『ティップサマイ』
313 Mahachai Rd., Samranrat, Pranakorn, Bangkok
02 221 6280
17:00-03:00



Posted on 08:46 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

tb: 0   cm: 0

BTS新車両  

photo:01


今さらだけど、長くなったBTSの新車両。

ずいぶん前に写真を撮ったのに、
そのまま忘れてました^^;

photo:02


車内のポールもちょっとおしゃれ☆彡

夕方のシーロム線は本当に混むので、
ちょっと長い新車両は嬉しいですねー。

Posted on 18:55 [edit]

category: ブログ

tb: 0   cm: 0

STREAMER COFFEE COMPANY@渋谷  

photo:01


最近、渋谷で1番気に入ってるカフェがここ。

ラテアートワールドチャンピオンに
なった方のお店なので、
アートがめちゃくちゃ繊細なんです♫

もちろん、香りも味もいいし。

photo:02


渋谷で1番好きなエリアにあるのも、
気に入ってる理由のひとつかも。

近くにあるブリティッシュスクールの
保護者の人たちが集まってる時間帯だと、
外国にいるみたいな気分に
なれちゃいますよー。

STREAMER COFFEE COMPANY
東京都渋谷区渋谷1-20-28
営業時間
8:00~18:00
日曜定休
http://streamercoffee.com/



Posted on 15:42 [edit]

category: 東京 その他料理

tb: 0   cm: 2

DOSA KING@スクムビットソイ11/1  

先日、友人と話していた時にすごーーく
食べたくなったもの、それはドーサ。

ですが、バンコクの南インド料理店を一軒も知らず。。
ネットで発見したところは遠かったので
あっさりと諦め、「インド料理ならどこでもいーや」と
とりあえず向かったソイ11/1でこんな看板を発見!

$Thai Food Writer Blog

『DOSA KING』って!
こんなお店があったんですねー。ほんと、ラッキー☆

$Thai Food Writer Blog

ひとりで来ている常連っぽいインド系の人が多かったこちら。
隣の席のインド人男性を真似て、料理が来る前にこちらをつついていたら
念願のドーサ登場!

$Thai Food Writer Blog

巨大!
思っていた以上に、かなり大きいドーサが登場しましたー。
こちらはプレーンドーサ。
プレーンの中にもいくつか種類があり、私たちはポテトフィリングが
ついているタイプを選びました。

ほかに、パクチーとココナッツのディップもセットになっているので、
いろんな味を楽しみつつ、飽きずに食べられます。

$Thai Food Writer Blog

そして、せっかくのDOSA KINGなので、
バタードーサもオーダー。
こちらはプレーンより少しだけしっとりしていて、
バターの香りがほのかに漂います。

$Thai Food Writer Blog

タンドールメニューからはカリフラワーを。
ホクホクでおいしー。

$Thai Food Writer Blog

おくらとトマトと玉ねぎの煮込み。
トマトの酸味と玉ねぎの甘みのバランスがよくて
これも好きな味。

$Thai Food Writer Blog

ほうれん草とカッテージチーズのカレーも美味。

どれもおいしくて、友人とおしゃべりしながらたっくさん
食べました!
が、どうやら頼み過ぎだったみたいで、隣の常連客らしき
おじさんは笑いながら私たちのテーブルを見てましたよー。

$Thai Food Writer Blog

おいしくて楽しくて、店員さんも感じが良くて親切。
いいディナータイムを過ごせましたー。

『DOSA KING』
153/7 Sukhumvit Soi11/1, Bangkok
02 651 1700, 02 651 1651
11:00-23:00
※スクムビットソイ11/1を入って、少し進んだ左手側です。



Posted on 08:05 [edit]

category: バンコク その他料理

tb: 0   cm: 6

ソンクラーン@シーロム  

photo:01


今年は去年とは比べ物にならない
くらいの人出だったシーロム。

タイのみんなが心から楽しそうで、
本当によかったー。

もともと超絶インドア派の私は、
人混みと水浸しのWパンチで
あっという間にダウン。。

シーロム滞在時間は全部で7分くらい。
速攻で帰ってきちゃいました(´・_・`)

Posted on 19:45 [edit]

category: タイ雑記

tb: 0   cm: 2

トムヤムクン@タイ料理教室  

photo:01



タイ料理教室で作ったトムヤムクン。
もう、何種類のトムヤムを習っただろう……。

今回は私がマナオを、パートナーが
バイマックルーをそれぞれ勝手に
増量したため、
酸味と香りが強めの仕上がりでした(・・;)

でも、私は酸っぱいのが好きだからマイペンライ♫

Posted on 16:23 [edit]

category: タイ料理教室

tb: 0   cm: 2

チョムスアン@スクムビットソイ16  

$Thai Food Writer Blog

先日、久々に会った友人たちとソイ16の「チョムスワン」へ。
ここはタイ人の間では有名な歌手の人がオーナーのレストランで、
私も雑誌に載っていた「有名人がオーナーのお店特集」で
見かけて以来、ずっと気になっていたんです。

お店の一番人気は、上の写真のカリーパフ。
けっこうボリュームがあるのに3つで30Bという安さ!

安いし、そもそもカリーパフだし……と、正直食べる前は
あまり期待していなかったのですが、食べたら意外とおいしい(✪‿✪)
外側はサックサクに揚がっていているし、なかのカレー味も
しつこくなくて、ほどよい味付け。

看板メニューだけあり、クセになるおいしさ!
大きめなので1個以上は無理だけど、時々思い出しては
やけに恋しくなる味わいでした。

$Thai Food Writer Blog

これはトムカーガイパットヘーン。
普通はスープとして食べる、トムカーガイ味の炒め物です。
ココナッツミルクベースで、とってもマイルド。

$Thai Food Writer Blog

ソムタム カオポートとカオニャオトートのセット。
カオポート カオニャオという、白くてもちもちしたコーンを
ソムタムにしたものと、カオニャオを春巻きの皮で包んで揚げたものです。

ソムタムの酸っぱ辛い味付けだと、カオポートカオニャオの
もちもちした食感の魅力がより引き立つ気がしましたー。
あっさりしてて、おいしい♪


$Thai Food Writer Blog

ヤムパックブン トート。
揚げた空芯菜のサラダです。
行ったのがけっこう前なのでこれはあまり印象になく……。
たぶん、可もなく、不可もなくだと思います。。


$Thai Food Writer Blog
$Thai Food Writer Blog

食堂とレストランの間くらいの、かなりカジュアルな雰囲気。
値段はかなり安くて、確かこれで300B前後だったと思います。

味付けはマイルドで、全体的にかなり食べやすい印象でした。
ほかにも食べてみたいメニューがいくつかあったので、
また機会があったら行きたいな。

『Chomsuan』
02 663 2169
10:00-15:30
日曜定休
※スクムビットソイ16を入って直進、サマーセットを過ぎて
メイフェアガーデンの少し先。上の写真に看板が写っている
焼き肉やさんと同じ敷地内にあります。

Posted on 08:13 [edit]

category: バンコク タイ料理

tb: 0   cm: 0

やっとお気に入り発見@iPhoneカバー  

photo:01


MBKでやっとかわいいiPhoneカバーを
見つけましたー♫
嬉しい(*^^*)

photo:02


日本で買ったkate spadeとキャスの
カバーと交代で使用中です☆彡

Posted on 20:11 [edit]

category: タイ国内ショッピング

tb: 0   cm: 0

Pathe@ラチャウィティ通り  

$Thai Food Writer Blog

先日、友人と行ったタイ料理店『Pathe』。
前に読んだタイ人向けのバンコクガイドのような本に
“アンティークとタイ料理の店”として紹介されていたのが
気になって行ってみましたー。

$Thai Food Writer Blog

行ってみて気づいたのですが、アンティークとはいっても
ステキ系ではなく、おじさん好みのオールドアメリカン風!?

とりあえず、料理をオーダー。

$Thai Food Writer Blog

ヤムパックブン クンソット 98B。
空芯菜とえびのヤムです。
ほどよい辛さで、空芯菜もシャッキシャキの茹で具合。
おいしー♪

$Thai Food Writer Blog

ゲーンソム チャオームカイ 102B。
これはきっちり辛め。
アカシア入りの卵焼きがかなり厚めのタイプで、
スープをたっぷり含んでおいしかったです。

$Thai Food Writer Blog

ホイラーイ オップヌーイ ガタローン 160B。
あさりの鉄板バター炒め。
これはオップヌーイというより、普通に炒めた感じでした。
バジルと生コショウの香りが効いていて美味。
ただバターがけっこうしつこかったので、オップヌーイじゃなく
ナムプリックパオ炒めにしたほうがよかったかも!?

$Thai Food Writer Blog
$Thai Food Writer Blog

アンティーク面ではあんまり見るところはなかったけど、
料理は普通においしかったです。
ステーキなど、洋食っぽいメニューもありましたよー。

早朝から開いているので、朝ご飯を食べに寄る人も多いそうです。

『Pathe』
501 ラチャウィティ通り
02 641 4321
7:00-24:00
※戦勝記念塔からラチャテウィ通りをディンデン方面へ。
ラチャプラロップ通りとディンデン通りの三叉路の角。

Posted on 15:31 [edit]

category: バンコク タイ料理

tb: 0   cm: 0

サワディピーマイカァ♪  

$Thai Food Writer Blog-未設定

今日からタイはソンクラーン。
西暦の新年、春節に続き、タイに来る3度目の新年です♪

私は去年に引き続き、バンコクで迎えるソンクラーン。
日本は通常通り動いているので基本的には家で仕事ですが、
後でランチを食べに行くついでにタイ人たちのはしゃぎぶりを
のぞいてこようかな。

それにしても、赤シャツ騒動で大混乱だった去年に比べると
バンコクは本当に平和で静か。
なのに日本が大変なことになってしまっていて……。

バンコクに来る前に、今年もちゃんと楽しめた桜の花。
本当にきれいで、今の日本の状況を一瞬だけど忘れられました。
(※写真は友人が送ってくれた神田川の桜ですが)

来年も再来年も、10年先も東京でこんな桜を見ることはできるのかなぁ。
まさか、そんな心配をする日が来るなんて思ってもいなかったけど。

毎月バンコクに来ていて、こちらにも部屋があるとはいえ
自分の中での拠点はやっぱり東京。
今はバンコクにいても心が落ち着くことはありません……。

去年も書いたけど、来年こそは穏やかな気持ちで
ソンクラーンを迎えられると嬉しいなぁ。



Posted on 08:38 [edit]

category: ブログ

tb: 0   cm: 4

BKK BAGEL BAKERY@チットロム  

$Thai Food Writer Blog

バンコクで本当のベーグルが食べたい!
そんな思いからアメリカ人とタイ人の2人の女性が
オープンさせたベーグルの専門店がチットロムにあると聞いて、
さっそく行ってみましたー。

$Thai Food Writer Blog

3月1日にオープンしたというこちら。

「NYと同じ、本物のベーグル」が売りだけあって、
カウンターの雰囲気もNYのベーグル店っぽい。
奥には大きなオーブンもでーんと構えています!

$Thai Food Writer Blog

とりあえず、野菜たっぷりのベーグルサンド
The Veggie Monger 150Bをオーダー。

確かに、NYで食べたのとかなり似ている、
ギュッとつまった弾力のあるベーグルでした。

ただ、行く前にチェックしたファランのブログで
大絶賛されていたので期待が高まりすぎたのか、
感動するほどではなかったかなー。

純粋に味だけでいうと、日本でよく食べている
いくつかのお気に入りのお店のベーグルのほうが
個人的には好みかも。

$Thai Food Writer Blog

ですが、ここはバンコク!

ここのはちゃんと1個で満足できるボリュームがあるのに、
35Bというお手頃価格。
それにバンコクで買えるほかのベーグルよりはたぶん本場の味に近いと
思うので、バンコク在住のベーグル好きの方にはいいお店じゃないかと。

私も家仕事の日のランチ用に、いろいろ買って帰ってきました♪
今のところ、シナモンレーズンがお気に入りです^^

BKK Bagel Bakery
518/3 Maneeya Center North
Ploenchit Rd., Pathumwan, Bangkok
02 254 8157
MAP


Posted on 08:35 [edit]

category: バンコク その他料理

tb: 0   cm: 4

roast coffee&eatery@トンロー13  

photo:01



次の取材まで時間があったので、
オープンしたばかりのこちらのカフェへ。

天井が高くて、なんだかアメリカの
カフェみたい。

もちろん、wifiフリーです(*^^*)

広いし、店員さんの感じもいいので
居心地いい

そういえば、最近いろんなカフェや
レストランでちょくちょく見かける
タイ人男性がいるのですが、
さっきこちらのお店にもいてビックリ!

タイのフード雑誌にも時々載ってるのを見るので、
レストラン業を手広くやってる人なのかもー。

Posted on 18:22 [edit]

category: バンコク カフェ

tb: 0   cm: 0

若山曜子先生のお菓子教室  

photo:01



先日、若山曜子先生のお菓子教室に
初参加してきましたー。

今まで先生の本を何冊も買って
お菓子を作っていたので、
まさに憧れの存在!

パウンド型ひとつで作るたくさんのケーク -しっとりパウンドケーキ、ふわふわウィークエンド、ごち.../若山 曜子

¥1,365
Amazon.co.jp
↑レシピはもちろん、写真もいい!

思っていた通り内容はわかりやすく、
できたお菓子もとてもおいしかったです。

まずは上の写真のタルトフランベを試食♫
生地は香ばしく軽くて、チーズの香りが
絶妙!
とても簡単だったので、ランチなどに
ちょくちょく作ろっと。

photo:02


タルトフランベを試食している間に、
こちらのプレートも登場。

余ったクリームチーズで作れる
絞り出しクッキーはサックサック。

奥はなんと、イチゴと手作り甘酒のデザート!
甘酒の甘みが優しくて、おいしー♫
毎日手作りの甘酒を飲んでいるせいか、
先生はツルツル真っ白の超美肌でした!

photo:03


そして、今回のメインはこちら!

ベイクドとレアの2層チーズケーキです。
しかも、1番下と周りにはスポンジケーキも。
ちょっと手の込んだ1品ですが、それだけに美味!

ひと口食べて「うわっ!」って声が
でちゃうくらいのおいしさキラキラ
濃厚&まろやかーで、かなり好みの
チーズケーキでしたー。

お土産に、このチーズケーキを1ホール
お持ち帰りして、次の日もホックホク。

お菓子作りのコツをわかりやすく教えてくれるので
とてもためになるし、おいしいし。
タイミングが合えば、またぜひ参加したいなぁー。

先生の本は、どれもわかりやすくておすすめです♪

小さいからかんたん ココット型で作るスイーツ/若山曜子

¥1,260
Amazon.co.jp

シリコン型付き! かわいいお菓子ブック/荻田 尚子

¥1,995
Amazon.co.jp

Posted on 16:21 [edit]

category: 東京おやつ

tb: 0   cm: 0

Bake for Kids@トンローソイ13  

photo:01


卵も乳製品も使わないお菓子の専門店、
Bake for Kids。

家でもよく卵、バター抜きのお菓子を
作るので、気になって行ってみました♫

photo:02


手前のバニラクッキー、バターが入ってないとは
思えないくらいサクサクでしたよー。

photo:03


お持ち帰りしたバナナとチョコのケーキは、
すごくしっとり。

photo:04


ちょとだけど、イートインスペースも
ありました。

Posted on 14:55 [edit]

category: タイおやつ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示