タイ料理ライターブログ

1年の半分をバンコクで過ごすフードライター、白石路以(Rui Shiraishi)のタイ料理と日常。 バンコクのグルメ情報が中心です♪

ERR Urban Rustik Thai【バンコク/旧市街/王宮周辺/タイ料理】  



ERR_タイ料理_バンコク01


こんにちは。
今回は、王宮そばの
お気に入りタイ料理レストラン、
ERR Urban Rustik Thai
をご紹介します!


ERR_タイ料理_バンコク03


前にもご紹介したことがありますが、
こちらはスクンビットにある高級タイ料理店、
Bo.lanのオーナーが営むカジュアルな
レストランです。


ERR_タイ料理_バンコク02


今どきのバンコクらしい、
レトロな雰囲気がこのエリアにぴったり。


ERR_タイ料理_バンコク04


ここの地味にすごいところが、
マプラオパオがあるところ。
自立できないパオを出している
レストランは少ないのだけど、
かわいい器に載せることで問題をクリア。

緑で大きいマプラオンに比べて、
香りが良くて飲みやすいマプラオパオ。
(ちなみに、ココナッツジュースの種類の話です)

わたしはパオのほうが好きなので、
お店で飲めるのは嬉しい!


ERR_タイ料理_バンコク07


もう3、4回来ていると思うのですが、
いくつかのメニューが大好きで
そればかり頼んでしまう……。

その1つがこのパックブンのガピ炒め。
空芯菜のシャキシャキ食感が生きてるのはもちろん、
ガピの旨味と香りのおかげで、
奥深くコクのある味わいに。
普通のパックブン炒めとはひと味違う
おいしさですよー!


ERR_タイ料理_バンコク06


ヤムカイダーオ。
ハーブたっぷりでサクサク、
じゅわーっの目玉焼きのヤム。


ERR_タイ料理_バンコク10


そして、単品での写真を撮るのを
忘れてしまったのですが、
大好きなのが左上にあるトムヤムカームー。

豚足入りのトムヤムスープは、
酸味が効いていてすっきり美味。
他店ではなかなか食べられない
味わいのトムヤムです。

右側に写ってるグリルはお店の方の
イチオシだったのだけど、普通でした…笑


ERR_タイ料理_バンコク09



ワットポーやワットアルンなどに
近いので、観光やアテンドがてらに
立ち寄るのにぴったり。

あの辺りでちょっと個性的な
おいしいタイ料理をたべたくなったら、ぜひにー!


ERR_タイ料理_バンコク08



▽最新情報はこちらで公開中▽
タイ料理ライター インスタグラム
Instagram



ERR Urban Rustik Thai
394/35 Maharaj Rd., Tatien, Bangkok
11:00am〜Late Night
月曜休み
02 622 2291
Facebook





Posted on 00:00 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: Bangkok  ERR  Urban  Rustik  Thai  バンコク  タイ料理  王宮  旧市街 
tb: 0   cm: 0

Supanniga Cruiseがスタート!【スパンニガーのチャオプラヤークルーズ】  



Supanniga Cruise_スパンニガークルーズ_バンコク_ディナークルーズ04


今日はとーーっても素敵なニュースをお知らせ!
なんと、みんな大好きバンコクの人気タイ料理店、
Supanniga Eating Room
【スパンニガー イーティングルーム】
のチームが、チャオプラヤー川を走るクルーズ船を
スタートさせるそうなんです!!!


Supanniga Cruise_スパンニガークルーズ_バンコク_ディナークルーズ05


Supanniga Cruise
【スパンニガー クルーズ】
では、ディナークルーズのほかに
夕焼けを楽しめるカクテルクルーズも提供。

ライトアップされた寺院などの風景もいいけど、
夕焼けのラマ8世橋などを眺めつつ、1杯飲むのも捨て難い!

Supanniga Cruise_スパンニガークルーズ_バンコク_ディナークルーズ07

カクテルクルーズは1ドリンク&おつまみが付く1時間のコース、
ディナークルーズは6品のタイ料理コースが楽しめる2時間15分のコースだそう。
ほかに、土日限定のシャンパンクルーズもあるみたいですよー。

Supanniga Cruise_スパンニガークルーズ_バンコク_ディナークルーズ01

バンコクで1番好きな場所は?と聞かれたら
間違いなく「チャオプラヤー川!」と答えるわたしには
本当に嬉しいこのクルーズのスタート。

いつも友人が日本から来ると
「チャオプラヤークルーズ行こうかな。でもごはんがなーーー!」と
食事内容がネックになって結局行っていなかったので、
スパンニガーの料理をクルーズで味わえるなんて嬉し過ぎます!

本当においしいタイ料理をいただきながら、
川沿いの夜景を眺められるなんて、まさに至福。
バンコクの夜の過ごし方で、これ以上に素敵なプランは
なかなかないと思う!


Supanniga Cruise_スパンニガークルーズ_バンコク_ディナークルーズ03


今後、日本から友人が遊びに来たら
もれなく案内すると思います笑。

そんなSupanniga Cruiseは2016年12月15日からスタート!
予約もスタートしているので、気になる方はぜひサイトで詳細を
チェックしてみてくださいね。

もちろん、わたしもすでに予約済み!!!
実際に乗ったら、また詳細をお知らせしますねー。


map_201611272026018c7.jpg

クルーズのコースはこちら↑


料金は
Evening Cocktail Cruiseが1250B
Evening Champagne Taittinger Cruiseが1550B
Dinner Champagne Taittinger Cruiseが3250Bだそうです。


詳細、予約はこちらのサイトで!
http://www.supannigacruise.com/index.html



Posted on 20:31 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: Supanniga  Cruise  スパンニガークルーズ  バンコク  ディナークルーズ  チャオプラヤークルーズ 
tb: 0   cm: 2

旧市街のBangkok BoldでChef's Table【シェフズテーブル/タイ料理/バンコク】  



Bangkok Bold_バンコクボールド_シェフズテーブル_タイ料理09


お久しぶりです、こんばんばーん!
すっかりブログを書く習慣を見失いそうな今日この頃ですが、
とっても素敵なお店に行ったのでご報告します♡

Bangkok Bold_バンコクボールド_シェフズテーブル_タイ料理03


それがこちら、旧市街プラスメン通りにある
Bangkok Bold Cooking School
【バンコク ボールド クッキング スクール】
です。

その名の通りふだんはタイ料理学校。
タイ料理の名店、nahmなどで腕を磨いたオーナーシェフを筆頭に
経験豊かなシェフたちが揃っている注目の学校なのですが、
夜は1日1組限定のタイ料理レストランに変身するんです!

メニューは完全にお任せのタイ料理コースのみ。
イサーンや北部から取り寄せた新鮮な食材も取り入れて
普通のタイ料理レストランではなかなか食べられないような
北部や南部の料理、家庭料理などを交えた
さまざまなメニューを食べさせてくれるとあり、
タイ人の食通の間では大人気!
わたしのタイの友人たちも、すでに何回かリピートしている
人もたくさんいるくらい、話題のお店なんです。


Bangkok Bold_バンコクボールド_シェフズテーブル_タイ料理02


この日のコースはこちらから。
まず前菜は南部料理と北部料理の2品。
手前はSmoked Chicken Paneang on rice crisps。
南部料理のチキンのカレー煮、ガイコレーをサクサクの
お米揚げ、カオタンにのせたもの。
柔らかなチキンとサックサクなカオタンの
組み合わせが秀逸! ハーブの香りも効いてて
感動のおいしさでしたー!!!

そして、奥はCrispy Pork with Chili jam。
こちらは北部料理。豚の皮を揚げたケープムーに
青唐辛子ベースの辛いディップ、
ナムプリックヌムをのせたものです。


Bangkok Bold_バンコクボールド_シェフズテーブル_タイ料理04


サラダはTai yai watercress salad with shredded chicken。
バイブアボック(ツボクサの葉)とチキンのヤムです。
こちらも酸味と辛さ、甘さのバランス、
そしてそれぞれの食材の食感のバランスが絶妙で
今までに食べたヤムバイボックの中でダントツのおいしさでした!

しかも、前菜とこちらのサラダは目の前でシェフが仕上げてくれたので、
臨場感がある上に作り方のコツもわかって一石二鳥。
タイ料理を作るほうにも興味のある方には、
とっても嬉しい演出だと思います。

Bangkok Bold_バンコクボールド_シェフズテーブル_タイ料理11

この後はメイン料理が何品もザザザーッとテーブルに並んで、
パーティ状態に!
添えられているハーブや野菜はイサーンなどから
取り寄せているそうで、しっかりと味の濃いものばかり。
バンコクの市場では売られていないものも多いみたいで、
タイ野菜の奥深さを感じられるのも嬉しいです。

どれもおいしかったので、メインの料理もどんどん紹介していきますね。

Bangkok Bold_バンコクボールド_シェフズテーブル_タイ料理05

Bangkok Bold_バンコクボールド_シェフズテーブル_タイ料理07

こちらはFish flakes with chili and limes。
サクサクに揚げたナマズと青マンゴーのサラダを混ぜていただく
ヤムプラドゥーックフーです。
今までに何十回と食べたヤムプラドゥーックフーですが、
ここまで柔らかくてサクサクな食感のものは初めて。


Bangkok Bold_バンコクボールド_シェフズテーブル_タイ料理06


そして、これはCandied Pork。ムーワーンです。
カオクルックガピなどにも入っているムーワーンですが、
これはヤムプラドゥーックフーと混ぜて食べることをおすすめされました。
たしかに、酸味と辛さの中に甘さが加わって
新鮮なおいしさに! これ、すごく好きです!!


Bangkok Bold_バンコクボールド_シェフズテーブル_タイ料理08


次はFish dumplings in coconut milk and son flowers。
プラーグライ(ナギナタナマズ)のつみれとサノーの花が入った
グリーンカレー。プラーグライは練ると弾力が出ることで
知られる魚で、ルークチンにするとプリッとした食感になって
とっても美味。サノーの花をグリーンカレーに入れるのも
いいアイディアだな、と思いました!

Bangkok Bold_バンコクボールド_シェフズテーブル_タイ料理10

こちらはFermented pork stuffed squids。
イカの豚肉詰め。プリプリでしたー。


Bangkok Bold_バンコクボールド_シェフズテーブル_タイ料理12


Braised beef stir fried with sat or beans。
牛肉煮込みとサトー豆の炒めもの。
サトーは南部名産の独特の香りのある豆。
エビと一緒に炒めることが多いんですが、
お肉と合わせてもとっても美味。
わたしは牛肉や豚肉と合わせるのも好きです。
濃厚な味わいで、ごはんとよく合う一品ですよー。


Bangkok Bold_バンコクボールド_シェフズテーブル_タイ料理13


メインの最後はStir fried lotus stems with mushrooms 。
大好きな蓮の茎ときのこの炒めもの!
シャクシャクの食感が本当にたまらない蓮の茎。
見かけると必ずオーダーする食材なので、
最後に登場してとっても嬉しかったー。

本当に食べきれないくらいたくさんの料理が登場して、
どれもこれもおいしくて、お腹がはちきれそうになったのですが、
さらにこの後、フルーツに続いてデザートも!


Bangkok Bold_バンコクボールド_シェフズテーブル_タイ料理14


Caramelised coconut dumplings in coconut cream。
サクサクのココナッツが入ったおだんご。
これも美味。
さらにサービスでこちらのデザートまで!


Bangkok Bold_バンコクボールド_シェフズテーブル_タイ料理15


最後においしいお茶もいただいて、
本当に大満足のタイ料理ディナーでした!

こちらのお店は1日1組限定なので、もちろん要予約。
コースは人数によらず12000Bで、最大8名までです。
先に口座に6000Bを振り込んだら予約が確定する仕組みで
日本に暮らしている方には少しハードルが高いかもしれませんが、
ちょっと無理してでも行く価値大!だと思います。
バンコク在住の方は、日本から来たお友達を招待すれば
喜ばれること間違いなしです。

6名でも8名でも12000B、しかも料理のボリュームもすごいので、
8名で行くのがおすすめですよー。


Bangkok Bold_バンコクボールド_シェフズテーブル_タイ料理01


旧市街にある、とっても雰囲気のあるこちらの空間。
バンコクでちょっと特別なディナーを楽しみたい、
という方にはぜひ訪れてほしい場所です。



▽最新情報はこちらで公開中▽
タイ料理ライター インスタグラム
Instagram
△▲バンコクの最新情報をリアルタイムでお届け中△▲
よければフォロー&ブックマークしてくださいね!


Bangkok Bold Cooking School
【バンコク ボールド クッキング スクール】
503 Phra Sumeru Road, Phra Nakorn, Bangkok 10200
081.733.7244
△予約はメールがスムーズだと思います
Nhoi@Bangkokbold.com
https://bangkokbold.com
※詳しい場所は予約をするとマップを送ってくれます。




Posted on 19:08 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: Bangkokbold  bangkok  thaifood  chef'stable  バンコクボールド  タイ料理  バンコク  シェフズテーブル 
tb: 0   cm: 0

Buay Pochana【ブアイポチャナー/トンロー/タイ料理/麺食堂】  



Buay Pochana_ブアイポチャナー_トンロー_バンコク_タイ料理02


こちらもすでに半年くらい前の話ですが、
トンローで前を通るたびに気になっていた
アヒル煮込み系の食堂、
Buay Pochana
【ブアイポチャナー】
にやっと行ってきましたー!


Buay Pochana_ブアイポチャナー_トンロー_バンコク_タイ料理01


土鍋でグツグツ煮込まれつつ登場する
アヒル麺おいしい!

麺はちょっと香港寄りのコシのあるタイプで、
アヒルも重過ぎる甘さも臭みもなく
ホロホロ柔らかで美味。
トッピングのワンタンもボリュームがあって、
どこにも手抜き感がないのが好印象でした。

何より、グツグツの状態でくるので
タイの麺料理なのにアツアツなのが嬉しいところ!


Buay Pochana_ブアイポチャナー_トンロー_バンコク_タイ料理03


トンローでサクッと1人ごはん、の時には
とってもおすすめですよー。


Buay Pochana_ブアイポチャナー_トンロー_バンコク_タイ料理04



▽最新情報はこちらで公開中▽
タイ料理ライター インスタグラム

Instagram

△▲バンコクの最新情報をリアルタイムでお届け中△▲
よければフォロー&ブックマークしてくださいね!




Buay Pochana
【ブアイポチャナー】
318/1-320 Sukhumvit Soi 55, Bangkok
02 392 7320
9:30-20:00
※トンローソイ10と12の間





Posted on 08:00 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: Buay  Pochana  ブアイポチャナー  トンロー  タイ料理  麺食堂   
tb: 0   cm: 0

Saneh Jaan【サネージャン/バンコク/タイ料理/ウィッタユ通り/プルンチット】  



Saneh Jaan_bangkok_バンコク_タイ料理_サネージャン_ウィッタユ_ワイヤレス09


こんにちはー。
今日は数ヶ月前に行った新しめのタイ料理レストラン、
Saneh Jaan
【サネージャン/เสน่ห์จันทน์】
をご紹介します。


Saneh Jaan_bangkok_バンコク_タイ料理_サネージャン_ウィッタユ_ワイヤレス11


インフレ放題、バブル放題なバンコクを象徴するような
めっちゃゴージャスな内装。


Saneh Jaan_bangkok_バンコク_タイ料理_サネージャン_ウィッタユ_ワイヤレス07


バンコクのタイ料理店というよりは、
シンガポールの最新レストランみたいな雰囲気ですが、
広くてとっても席数も多いのに全体的にシックで
落ち着いた印象なので、大人っぽいムードです。


Saneh Jaan_bangkok_バンコク_タイ料理_サネージャン_ウィッタユ_ワイヤレス01


スイカのアミューズ。


Saneh Jaan_bangkok_バンコク_タイ料理_サネージャン_ウィッタユ_ワイヤレス02

チョーマリサイプラー 320B
甘辛い魚の餡が詰まったお花の形のタイ風ひと口シュウマイ。
定番の前菜のひとつです。

日本人の口にはもしかしたら合わないかも!?という気もしますが、
甘くてちょっと辛くて小さくてチマチマしてて
わたしは大好きです。


Saneh Jaan_bangkok_バンコク_タイ料理_サネージャン_ウィッタユ_ワイヤレス03


右はヤムソムオーガップクンシアップ 420B
ザボンのピリ辛サラダ。

左はガークムーパットプリッキン 450B
豚の皮のサクサク揚げと長ささげの唐辛子炒め。
辛さだけじゃなく、爽やかな酸味、塩卵の濃厚な旨味も
加わり、なんとも味わい深い仕上がりに。

どこにでもあるメニューではないけど、
見かけると必ずオーダーする大好きなメニューのひとつ。
一見シンプルなのに、食べるほどに味と香りが複雑に
絡み合って広がる、タイ料理らしい奥深さを感じられる一品ですよ。


Saneh Jaan_bangkok_バンコク_タイ料理_サネージャン_ウィッタユ_ワイヤレス04


カイパロームータオチアオ 320B
中華スパイスで煮込んだ卵入りの角煮。
スパイスの香りと甘味のバランスが程よい。


Saneh Jaan_bangkok_バンコク_タイ料理_サネージャン_ウィッタユ_ワイヤレス06


マッサマンガイ 490B
スパイスの香りがしっかりと立っていて、
上品な味わいのマッサマン。おいしかったー。


この日は3人だったのでかなりお腹がいっぱいだったのですが、
どうしても食べたいデザートがあったので、甘いものも。


Saneh Jaan_bangkok_バンコク_タイ料理_サネージャン_ウィッタユ_ワイヤレス08


サネージャン 250B
店名と同じ名前の伝統的なタイスイーツ。

粉に卵やココナッツ、ナツメグなどを加えて作る
シンプルなデザートですが、
しっとり、ほっこり、スムースな舌触りで素朴な甘さ。
ふわっと香るナツメグの香りがポイントでおいしい。

和菓子みたいな優しい甘さで、わたしはとっても好きな味です。


Saneh Jaan_bangkok_バンコク_タイ料理_サネージャン_ウィッタユ_ワイヤレス10


全体的に上品な味わいながら、
高級店にありがちな外国人向けの柔らかい味ではなく
鮮やかなバランスのいい味わいで、
タイ人に人気が高いのも納得。


Saneh Jaan_bangkok_バンコク_タイ料理_サネージャン_ウィッタユ_ワイヤレス12


雰囲気もお料理もいい感じなので、
日本から来たお客さまも安心して案内できると思いますよー。




▽最新情報はこちらで公開中▽
タイ料理ライター インスタグラム

Instagram

△▲バンコクの最新情報をリアルタイムでお届け中△▲
よければフォロー&ブックマークしてくださいね!





Saneh Jaan
【サネージャン/เสน่ห์จันทน์】
Glasshouse at Sindhorn, 130-132 Wireless Rd., Bangkok
02-650-9880
18:00-22:00
※BTSプルンチット駅よりタクシーで約5分
HP








Posted on 08:00 [edit]

category: バンコク おすすめタイ料理

thread: タイ・バンコク - janre: 海外情報

tag: Saneh  Jaan  bangkok  サネージャン  バンコク  タイ料理  ウィッタユ通り  プルンチット 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示